あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

ほんじょの眼鏡日和。


ほんじょの眼鏡日和。

ほんじょ(本上まなみさん)のほんわかした雰囲気が好きな人は、
ますます、ほんじょが好きになってしまう
そんな本です。
読むと心がほっこりになります。
「ほっこり」なんて言葉、ないのかもしれないけれど、
そんな言葉がぴったりのキモチになれます。

ただ、実は私はまだこの本を半分もよんでいません。
なぜなら、この本は、一気に読んでしまうと
「勿体無い」気がするからです。
毎日少しずつ読んで、
毎日ほっこり、
そんな本です。
  comments (0) | trackbacks (0)

萌えろ営業マン?


萌えろ営業マン―悩める営業マンへの営業指南書

営業という仕事は、話が上手でないと勤まらない?
いや、そんなことはない、
では、話ベタの営業マンはどうすればいいのか、
そもそも、「営業」とはどんな仕事なのか、
それをとってもわかりやすく解説してくれています。
そして、「燃えろ」じゃなくて「萌えろ」にも
ちゃんと意味がありました。
また、読んでいて面白いです。

ただ、ダメ営業マンを2人の営業天使が指導するという設定なので、
「萌えキャラ」はだーいきらいっていう人には向かない本かも。
などと書かなくても、タイトルに「萌えろ・・」とある時点で
そのような人はこの本を手に取ることはないでしょうけれど。
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1