あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< orz.. パソコンはもう直らない | main | [訂正]未熟な政治主導より優秀な官僚主導? >>

2025年 あなたの欲望が地球を滅ぼす


この本の最初に書かれていることは、数年前にマスコミがしきりに報道していた「地球温暖化」とほとんど同じ内容。なんじゃぁ、こりゃぁ、この本はそんな本だったのかぁ、、、と読むのをやめようかと思いましたが、我慢して読み続けていくと、マスコミのインチキ報道とは違う内容であることがわかりました。
エコの名のもとに行われていることが、実は地球の裏側で地球にやさしくないことをして作られたものであったり、ということを実例をもとに説明しており、とてもよくわかります。ハイブリッドカーや電気自動車も、走っているときだけをみればエコであるけれど、原料の採掘まで遡った場合、本当にエコなのか、原生林を切り開いて作ったやし畑をもとに作られたパームオイルをエコ製品と呼べるのか、いろいろ考えさせてくれます。
そう、一人一人が考えることが、そして実行することが大事なのです。

〜 もくじ 〜
はじめに
序 章 2025年、最悪のシナリオ
第1章 2015年、地球の現実
第2章 私たちの消費活動がもたらす危機
第3章 動き始めている世界
第4章 "気づき"から"行動"へ、幸せな2025年を迎えるために
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
このように考えていくと、エコカーに対するエコカー減税・エコカー補助金も、グリーン家電に対するエコポイントも、本気で気候変動の防止に取り組もうとしているというより、結局は消費の拡大のため=景気をよくするためのもののような気がしてなりません。(P147)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   131冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 29704ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (1) | trackbacks (0)




Comments

あだなお。 | 2010/03/03 07:01 PM
はじめまして、この本の著者です。

途中で投げ出さず、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

気候変動(本書にも書いたように、私は「温暖化」よりこちらの表現の方がいいと思いますが)の部分もやはり書かないわけにはいかないのですが、ダブり感を感じられたようでスミマセンでした。

それでも、お役に立てる部分もあったようで、大変嬉しく思います。

この本が、皆さんの行動を喚起することを期待しています。

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------