あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

生命保険の「罠」


生命保険の仕組み、国内大手、外資系それぞれの保険会社、保険の営業員のやり口がとってもよくわかる本。
自分がこれまでいかに多すぎるお金を保険会社に払ってきたのかってことがわかり、自分にとって、本当に必要な保険はどんな保険かってことを考えさせられます。
保険の見直しを考えている人、これから保険に入ろうかと考えている人は必読の本と思います。

〜 目次 〜
まえがき
序章  「社長歓迎!」ポスター
第1章 「一生涯」とは106歳!?
第2章 「おまけ」で釣る
第3章 「極論」に振る
第4章 お客様を「信者」にする外資系
第5章 進学は「万が一」起こることなのか?
第6章 「○○コープですか・・・・・・!?」
第7章 プロが入っている保険
終章  保険会社への期待
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本   68冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 15864ページ (1日平均23ページ)+215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)

2009年4月の読書のまとめ

2009年4月の読書のまとめです。
6冊、1346ページ、1日平均45ページでした。

4月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1346ページ

精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書 か 7-1)精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書 か 7-1)
読了日:04月28日 著者:春日 武彦
地団駄は島根で踏め (光文社新書)地団駄は島根で踏め (光文社新書)
読了日:04月22日 著者:わぐりたかし
「名医」のウソ―病院で損をしないために (新潮新書 282)「名医」のウソ―病院で損をしないために (新潮新書 282)
読了日:04月14日 著者:児玉 知之
暴走するセキュリティ (新書y)暴走するセキュリティ (新書y)
読了日:04月10日 著者:芹沢 一也
なぜグリーン車にはハゲが多いのか (幻冬舎新書)なぜグリーン車にはハゲが多いのか (幻冬舎新書)
読了日:04月07日 著者:佐藤 明男
ネコ型社員の時代―自己実現幻想を超えて (新潮新書)ネコ型社員の時代―自己実現幻想を超えて (新潮新書)
読了日:04月03日 著者:山本 直人

読書メーター

  comments (0) | trackbacks (0)

How Much Suger?

Tumblr経由。

How Much Suger in Sodas and Beverages? by SugarStacks

これを見ちゃうと、コーラを飲めなくなっちゃうなぁ。。。
  comments (0) | trackbacks (0)

手書きできなきゃダメ?

中国では今や文字の手書き入力ができるケータイはあたりまえになっているそうです。
そんな中国向けのNokiaの携帯電話、スタイラスペンもその装着方法もカッコいい!
こういうのを見ると、Nokiaは世界一の携帯メーカですが、単にグローバル製品を売りつけているのではなく、各国の事情にきちんと対応しているというのがわかります。

スタイラスペンとか手書きとかっていうと、なんとなくParmのPDAを思い出しちゃった私はやっぱり古い?
ニンテンドーDSだってあるのにね。

関連ニュース
世界No.1メーカーが作った中国トンデモケータイとは?
by CNET at 2009.05.04


  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1