あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 2009年4月の読書のまとめ | main | 雨の横浜 >>

生命保険の「罠」


生命保険の仕組み、国内大手、外資系それぞれの保険会社、保険の営業員のやり口がとってもよくわかる本。
自分がこれまでいかに多すぎるお金を保険会社に払ってきたのかってことがわかり、自分にとって、本当に必要な保険はどんな保険かってことを考えさせられます。
保険の見直しを考えている人、これから保険に入ろうかと考えている人は必読の本と思います。

〜 目次 〜
まえがき
序章  「社長歓迎!」ポスター
第1章 「一生涯」とは106歳!?
第2章 「おまけ」で釣る
第3章 「極論」に振る
第4章 お客様を「信者」にする外資系
第5章 進学は「万が一」起こることなのか?
第6章 「○○コープですか・・・・・・!?」
第7章 プロが入っている保険
終章  保険会社への期待
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本   68冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 15864ページ (1日平均23ページ)+215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------