あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  old>>   / 10

続・TomblooでのReBlogのキャプション問題

TumblrのDashboardにて、Firefoxのアドオン「Tombloo」でReBlogすると、キャプションが除去されてしまうというエントリーを書きましたが、Tomblooの設定の中の
「reblog情報を除去する」
というところにチェックが入っていたためということがわかりました。

上記チェックをはずした後でのTomblooでのReBlog例

おばかでした。。。

My関連エントリー
TomblooでのReBlogのキャプション問題 at 2008.08.14
  comments (0) | trackbacks (0)

アルバムに写真をアップ

また同じような写真ばっかりですが、以下のアルバムに写真を追加しました。
各写真またはその下のアルバム名をクリックすると、それぞれのアルバムを表示します。
暇があったら覗いてみてね。




 (Zorg利用)




おとうさんの散歩道3 (Zorg利用)

なお、「あたしンちのおとうさんのフォト - Zorg」にすべての写真があります。
  comments (0) | trackbacks (0)

今日のぼくの町(MyMiniCity)



おぉ!でかいビルが建ってる!!

ご訪問していただいているみなさまのおかげで、MyMiniCityのぼくの町「atasinti」もゆっくりゆ〜っくりと進化しております。
ありがとうございます。

現在のステータス


なお、上の絵は画像なのでぐりぐりできませんが、元のサイトの青い丸をグリグリするともっと広い範囲を見ることが出来ます。

以前はなーんにもなかったお山の近くまで住居がたってきました。


暇があったら覗いてみてね、
MyminiCityのぼくの町「atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

北京オリンピックあれこれ(前編)

北京オリンピック開幕から1週間。

やっぱり一番は、北島の100m世界新での金メダルと、世界新はならなかったものの200mでの金メダルで2冠達成でしょうか。
スマートだよね、カッコいいよね、、、
100m決勝後、ハンセン、北島、ダーレオーエンが笑顔で電光掲示板の方を見ていて、ダーレオーエンが「キタジマァ、やりやがったな」ってな感じで北島の肩をたたいている読売新聞の写真はいい感じの写真だと思ったけど、YOMIURI ONLINEには残念ながらその写真はなかったです。
200m決勝後は北島が観客席の岩崎恭子さんに花束を投げるというおまけつき。
でも燃え尽きちゃったのか「もういいや」って北島が言っているとの話ですが、それもわかる気がします。いや、偉大なスポーツ選手の気持ちがわたしのようなへっぽこにわかるはずはないか。。

サッカー、アレが日本の実力、、、
女子はがんばってるね。

柔道、なんかテレビをつけたら、たまたまかもしれないけど、いつも柔道やっていて、あくまでも個人的な感情ですが、、、柔道、もういいよって感じになってしまう。がんばっている柔道選手や柔道ファンの方々にはこんなこと言って誠に申し訳ございません。。。

今回のオリンピックの新聞報道で特に感じたのは、事前に人気の高かった選手とそうでない選手の扱いの差がひどいってことですか。
まずはバドミントン。私も期待していたオグシオはあっさり予選落ちでしたが、美人じゃない方のペア、なんてこと書いたらいけませんね、前田・末綱ペアの方は準々決勝進出を決めた。にもかかわらず、翌朝の新聞の写真は負けたオグシオの方がでかく、勝った方はちっこい写真。そりゃぁ、美人をでっかく掲載したい気持ちはわからんでもないが、新聞はソレじゃダメでしょう。
そして昨日の陸上。100mで準決勝進出を決めた塚原は写真もなくて、400mハードルで予選敗退の為末はでっかな写真。
塚原については、YOMIURI ONLINEでもasahi.comでも写真がなくて、毎日jpにやっとゼッケン2222の塚原の写真を見ることができました。
まぁ、しょせん、日本の新聞なんて、こんなもんか、、、

そのほか、開幕式で歌を歌った女の子が実は口パクで歌っていたのは別の子だったとかいうことがニュースになっていましたが、どっちの女の子もかわいそうだよなぁ、なんて思うのは日本的感情で、あれだけ人口の多い中国において、歌を歌えるだけで幸せ、みんなの前に立てるだけで幸せ、そんな教育を受けているにちがいないでしょう。ここはいかにも中国的でよろしいと言っておきます。
歌声No1の女の子も容姿No1の女の子も、今后也加油!

おまけ
オリンピックにWindowsのBlue Screen
  comments (0) | trackbacks (0)

お盆も

お盆も仕事のみなさま、お疲れ様です。
私も昨日と今日は仕事でしたが、私の場合はその前に3日お休みをいただいてましたので。

  comments (0) | trackbacks (0)

アナログ表示

これが噂のアナログ表示。
NHK教育テレビだけだったんですね。

  comments (0) | trackbacks (0)

TomblooでのReBlogのキャプション問題

TumblrのDashboardで「キャプションは残しましょう」というエントリーをReBlogしたら、消したつもりはないのにキャプションが消えていて、ハタと気がついた。
Firefoxのアドオン「Tombloo」を使って、右クリックで簡単ReBlogっていうのをやると、キャプションが消えてしまうんですね。

TomblooでのReBlog例1
TumblrのReBlogボタンでのReBlog例1

TomblooでのReBlog例2
TumblrのReBlogボタンでのReBlog例2

ということで、futashikaさんが言われているような、字がないほうが美しい、という美意識からわざわざキャプションを消している人はほとんどいなくて、私のようにTomblooを使うことで無意識に消してしまっていた人の方が多いんじゃないかと思います。

ニュース記事の引用のTumblrへの投稿や画像のキャプチャのTumblrへの投稿にはとても便利なTomblooですが、TumblrのDashboardでのReBlogについては、Tomblooではなくて、ちゃんとReBlogボタンから行わないとダメってことですね。

Tomblooでの画面遷移のないReBlogはとっても便利だったんだけどなぁ。。。

=> 8/16に続編を書きました。

My関連エントリー
tombloo at 2008.08.02
  comments (0) | trackbacks (0)

アマゾンアフィリエイトの画像が消えてた

アマゾンアフィリエイトのリンクの作成には、Amazyというサイトを利用していますが、昨日ふと見ると、2007年6月頃〜2008年4月頃のアマゾンアフィリエイトのリンク上の画像が表示されなくなっていた。
とりあえず、もう一回、Amazyでリンクのコードを作り直したら表示されたけれど、アマゾン側のなんかの変更にAmazyが対応できていなかったとかそういうことなのかなぁ。。。
でも、2007年6月より前のやつはOKだったんだよなぁ。。。
  comments (0) | trackbacks (0)

ストリートビューの高さは問題?



Googleマップのストリートビューについて先日「これはすごい」という内容のエントリーを書きましたが、一部では、プライバシーの侵害だ、いや違う、ということでちょっとした議論になっているようです。

個人的には、車の通る道路から見える範囲の撮影だし、普段見えているものを撮影しているだけであり、問題ないだろうと思いますが、このストリートビューのカメラの高さが普通の人が歩いていて覗けないような高い位置からの撮影になっており、コレは覗きに該当するのではないかという意見もあるようです。
下記の高木浩光さんのブログの写真を見ると、確かに覗きととられても仕方のない高さからの撮影のようです。
でも何cm以下ならOKで何cm以上はNGとかって、感覚的なところがあって、明確に線引きできなさそうです。

これに対してGoogleはどんな対応をとるのかなぁ。
多分、消してと言われたら消すくらいかな。
今後、撮影する場所については、すこーし低くから撮るなどの改善を図るかなぁ?

そういえば、最近、消されて真っ黒になったストリートビューを貼り付けたブログ(貼り付けた時点ではなにかしら面白いものが写っていたのでしょうけれど)をよく見かけます。

関連ブログ
Google の中の人への手紙 [日本のストリートビューが気持ち悪いと思うワケ]
by higuchi.com at 2008.08.07
日本のストリートビューが気持ち悪いと思わないワケと個人情報保護法との関係
by へぼへぼプログラマ日記 at 2008.08.08
日本の家屋の塀はグーグル社に適応して70センチ伸びるのか
by 高木浩光@自宅の日記 at 2008.08.12
Google Street View反応まとめ
by へぼへぼプログラマ日記 at 2008.08.12
グーグル・ストリートビューは、やっぱり気持ち悪くないと思う
by 絵文録ことのは at 2008.08.13
ストリートビューを巡るうだうだ
by la_causette at 2008.08.13

関連はてなブックマーク
はてなブックマーク > 高木浩光@自宅の日記 - 日本の家屋の塀はグーグル社に適応して70センチ伸びるのか

My関連エントリー
Googleマップのストリートビュー at 2008.08.06
  comments (0) | trackbacks (0)

街場の現代思想

本を読むのが遅いおとうさんですが、久しぶりに2日間で読破した本がコレです。

街場の現代思想 (文春文庫 (う19-3))
文芸春秋
発売日:2008-04-10
おすすめ度:4.0


前半は、「文化資本主義」についてと「負け犬」について、後半は日常のちょっとした質問に対する答えについて書いた本ですが、ドレも今の日本が抱えている問題の本質をするどく突いており、またそれをとてもわかりやすく書いてあるので、とても面白く一気に読むことが出来ました。
テレビや新聞がいかに問題の表層しか現していないのかがとてもよくわかりました。

〜目次〜
第1章 文化資本主義の時代
 「越すに越されぬ、バカの壁」
 文化資本とは何か
 「一億総プチ文化資本家」戦略
 文化資本の逆説
第二章 勝った負けたと騒ぐじゃないよ
 「負け犬の遠吠え」のクールなあり方
 「負け犬」は二一世紀のランティエ
 「女子大回帰」志向と勝ち犬シフト
第三章 街場の常識
 第1回 敬語について
 第2回 お金について
 第3回 給与について
 第4回 ワーク・モチベーションについて
 第5回 転職について
 第6回 社内改革について
 第7回 フリーターについて
 第8回 結婚という終わりなき不快について
 第9回 他者としての配偶者について
 第10回 離婚について
 第11回 離婚について(承前)
 第12回 贈与について
 第13回 大学について
 第14回 学歴について
 第15回 想像力と倫理について
「あとがき」、あるいは「生きることの愉しさ」について
解題
文庫本のためのあとがき


これで2007年7月13日以降、読んだ本は15冊,4159ページ。
少ないなぁ・・・
atasinti - 読書メーター
  comments (0) | trackbacks (0)
<<new  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  old>>   / 10