あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< お盆も | main | 今日のぼくの町(MyMiniCity) >>

北京オリンピックあれこれ(前編)

北京オリンピック開幕から1週間。

やっぱり一番は、北島の100m世界新での金メダルと、世界新はならなかったものの200mでの金メダルで2冠達成でしょうか。
スマートだよね、カッコいいよね、、、
100m決勝後、ハンセン、北島、ダーレオーエンが笑顔で電光掲示板の方を見ていて、ダーレオーエンが「キタジマァ、やりやがったな」ってな感じで北島の肩をたたいている読売新聞の写真はいい感じの写真だと思ったけど、YOMIURI ONLINEには残念ながらその写真はなかったです。
200m決勝後は北島が観客席の岩崎恭子さんに花束を投げるというおまけつき。
でも燃え尽きちゃったのか「もういいや」って北島が言っているとの話ですが、それもわかる気がします。いや、偉大なスポーツ選手の気持ちがわたしのようなへっぽこにわかるはずはないか。。

サッカー、アレが日本の実力、、、
女子はがんばってるね。

柔道、なんかテレビをつけたら、たまたまかもしれないけど、いつも柔道やっていて、あくまでも個人的な感情ですが、、、柔道、もういいよって感じになってしまう。がんばっている柔道選手や柔道ファンの方々にはこんなこと言って誠に申し訳ございません。。。

今回のオリンピックの新聞報道で特に感じたのは、事前に人気の高かった選手とそうでない選手の扱いの差がひどいってことですか。
まずはバドミントン。私も期待していたオグシオはあっさり予選落ちでしたが、美人じゃない方のペア、なんてこと書いたらいけませんね、前田・末綱ペアの方は準々決勝進出を決めた。にもかかわらず、翌朝の新聞の写真は負けたオグシオの方がでかく、勝った方はちっこい写真。そりゃぁ、美人をでっかく掲載したい気持ちはわからんでもないが、新聞はソレじゃダメでしょう。
そして昨日の陸上。100mで準決勝進出を決めた塚原は写真もなくて、400mハードルで予選敗退の為末はでっかな写真。
塚原については、YOMIURI ONLINEでもasahi.comでも写真がなくて、毎日jpにやっとゼッケン2222の塚原の写真を見ることができました。
まぁ、しょせん、日本の新聞なんて、こんなもんか、、、

そのほか、開幕式で歌を歌った女の子が実は口パクで歌っていたのは別の子だったとかいうことがニュースになっていましたが、どっちの女の子もかわいそうだよなぁ、なんて思うのは日本的感情で、あれだけ人口の多い中国において、歌を歌えるだけで幸せ、みんなの前に立てるだけで幸せ、そんな教育を受けているにちがいないでしょう。ここはいかにも中国的でよろしいと言っておきます。
歌声No1の女の子も容姿No1の女の子も、今后也加油!

おまけ
オリンピックにWindowsのBlue Screen
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------