あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

ストリートビューの高さは問題?



Googleマップのストリートビューについて先日「これはすごい」という内容のエントリーを書きましたが、一部では、プライバシーの侵害だ、いや違う、ということでちょっとした議論になっているようです。

個人的には、車の通る道路から見える範囲の撮影だし、普段見えているものを撮影しているだけであり、問題ないだろうと思いますが、このストリートビューのカメラの高さが普通の人が歩いていて覗けないような高い位置からの撮影になっており、コレは覗きに該当するのではないかという意見もあるようです。
下記の高木浩光さんのブログの写真を見ると、確かに覗きととられても仕方のない高さからの撮影のようです。
でも何cm以下ならOKで何cm以上はNGとかって、感覚的なところがあって、明確に線引きできなさそうです。

これに対してGoogleはどんな対応をとるのかなぁ。
多分、消してと言われたら消すくらいかな。
今後、撮影する場所については、すこーし低くから撮るなどの改善を図るかなぁ?

そういえば、最近、消されて真っ黒になったストリートビューを貼り付けたブログ(貼り付けた時点ではなにかしら面白いものが写っていたのでしょうけれど)をよく見かけます。

関連ブログ
Google の中の人への手紙 [日本のストリートビューが気持ち悪いと思うワケ]
by higuchi.com at 2008.08.07
日本のストリートビューが気持ち悪いと思わないワケと個人情報保護法との関係
by へぼへぼプログラマ日記 at 2008.08.08
日本の家屋の塀はグーグル社に適応して70センチ伸びるのか
by 高木浩光@自宅の日記 at 2008.08.12
Google Street View反応まとめ
by へぼへぼプログラマ日記 at 2008.08.12
グーグル・ストリートビューは、やっぱり気持ち悪くないと思う
by 絵文録ことのは at 2008.08.13
ストリートビューを巡るうだうだ
by la_causette at 2008.08.13

関連はてなブックマーク
はてなブックマーク > 高木浩光@自宅の日記 - 日本の家屋の塀はグーグル社に適応して70センチ伸びるのか

My関連エントリー
Googleマップのストリートビュー at 2008.08.06
  comments (0) | trackbacks (0)

街場の現代思想

本を読むのが遅いおとうさんですが、久しぶりに2日間で読破した本がコレです。

街場の現代思想 (文春文庫 (う19-3))
文芸春秋
発売日:2008-04-10
おすすめ度:4.0


前半は、「文化資本主義」についてと「負け犬」について、後半は日常のちょっとした質問に対する答えについて書いた本ですが、ドレも今の日本が抱えている問題の本質をするどく突いており、またそれをとてもわかりやすく書いてあるので、とても面白く一気に読むことが出来ました。
テレビや新聞がいかに問題の表層しか現していないのかがとてもよくわかりました。

〜目次〜
第1章 文化資本主義の時代
 「越すに越されぬ、バカの壁」
 文化資本とは何か
 「一億総プチ文化資本家」戦略
 文化資本の逆説
第二章 勝った負けたと騒ぐじゃないよ
 「負け犬の遠吠え」のクールなあり方
 「負け犬」は二一世紀のランティエ
 「女子大回帰」志向と勝ち犬シフト
第三章 街場の常識
 第1回 敬語について
 第2回 お金について
 第3回 給与について
 第4回 ワーク・モチベーションについて
 第5回 転職について
 第6回 社内改革について
 第7回 フリーターについて
 第8回 結婚という終わりなき不快について
 第9回 他者としての配偶者について
 第10回 離婚について
 第11回 離婚について(承前)
 第12回 贈与について
 第13回 大学について
 第14回 学歴について
 第15回 想像力と倫理について
「あとがき」、あるいは「生きることの愉しさ」について
解題
文庫本のためのあとがき


これで2007年7月13日以降、読んだ本は15冊,4159ページ。
少ないなぁ・・・
atasinti - 読書メーター
  comments (0) | trackbacks (0)

続・So-net SNSの18禁広告

結局、So-net SNSさんは、18禁出会い系広告をはずす気はないらしい。
以下はSo-net SNS オーナーズSNS上のSo-net SNS開発室さんのご回答。
この度は、広告の掲載につきまして多くのご意見を頂戴し、まことにありがとうございます。
また、お客様に不快な思いをさせてしまいました事につきまして、お詫び申し上げます。

So-net SNSは、広告掲載による広告収入により弊社が運営しているサービスでございます。
つきましては優良なサービスを無料で継続的に提供をさせていただくためにも、今後も各種広告掲載をさせていただく事をご理解いただければ幸いです。

広告掲載にあたりましては、お客様に不利益が無きよう、弊社の広告掲載規定に基づき、掲載前に慎重な確認の上掲載をさせていただいております。
また、お客様からいただいたご意見・ご指摘につきましては、運営スタッフ一同目を通し、検討の上、バナーのデザイン変更など、可能な限りの対応をさせていただいております。


My関連エントリー
So-net SNSの18禁広告 at 2008.08.09
  comments (0) | trackbacks (0)

爆発だぁ!




  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1