あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

そーしゃるぱーくが繋がりにくい件について

最近、夜になるとつながりにくくなる「そーしゃるぱーく」のSNSなのですが、オフィシャルSNSの中で以下のようなやりとりがありました。

一ユーザさん
もしかしてso-netからの引っ越し組が増えてキャパシティオーバーしているとかいう状況ですか?
そーしゃるぱーくサポートさん
正直申し上げるとその通りです。
サーバーのハード面の問題はなく単純にアクセスでの負荷だということはわかっております。

本来なら新しいサーバーを来月初め頃に設置予定で負荷の高そうなSNSから移動措置を取るつもりでしたが、ここに来てアクセスの負荷が高まるのが予想以上に早かったというのが現状です。

どのSNSがどれだけ増えるのかやアクセスがあるのかなどは予想を立てるのが難しく、実際にアクセスがあり負荷を見ての対応となりますので皆さまには大変ご迷惑をおかけする結果となり申し訳なく思っております。

新しいサーバーが設置できる前に現在稼動しているサーバーにSNSを移動しても移動先のサーバーで同じ現象が起こっても移動した意味がなくなりますので慎重に進めている状態です。

現在ログを解析しつつ適切な移動をとがんばっておりますので大変恐縮ですが、今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。

サポートさんがすぐにこのように説明してくださるあたりは、So-net SNSとは大違いで、こちらも文句をいうのではなく、「がんばって!」と声をかけたくなります。

ところで、この「アクセスの負荷が高まるのが予想以上に早かった」というのは、アクセス率を見誤ったためではないのかな、と想像しています。
ここでいうアクセス率とは、登録ユーザ数に対するアクセスする人の率です。
SNSのアクセス率は50%もあればいい方ではないでしょうか。
たとえば、50%とした場合、100人のSNSでは50人、500人のSNSでは250人くらいのアクセスがあると想定します。
ここで、「そーしゃるぱーく」のSNSにくらべて「So-net SNS」のSNSのアクセス率が高いということはないと思います。
しかしながら、「So-net SNS」から「そーしゃるぱーく」に引越しを行った時点で、ほとんどアクセスをしない人は引越しをしていないと思われます。したがって、So-net SNSからの引越し組は、これまでのSNSに比べて、アクセス率が比較的高くなっているのではないでしょうか。
So-net SNSで500人のSNSがそーしゃるぱーくに引っ越した時点で300人に減っているんだけど、アクセス率50%で150人くらいと思ったら、250人くらいがアクセスしているというような感じかな。

とにかく、6月にはサーバも増設されるようだし、安定して動いてくれることを祈っております。
  comments (0) | trackbacks (0)

jig twiを試してみた

Twitterの携帯クライアントはいろいろありますが、iアプリ版のTwitterクライアント「jig twi」を試してみました。

アクセスするとこんな感じでタイムラインが表示されます。

(アイコン、Tweetにはぼかしを入れてます)

Tweetをクリックするとこんな感じで、Re(Reply)、QT(非公式RT)、RT(公式RT)、DM(ダイレクトメッセージ)、★(お気に入り)をすることができます。

(アイコン、Tweetにはぼかしを入れてます)

登録済みのリストを以下のように選択して見ることができます。


投稿は携帯のメニューボタンから「新規ツィート」を選択して行います。

(アイコン、Tweetにはぼかしを入れてます)

以下のような感じで投稿します。

(アイコン、Tweetにはぼかしを入れてます)

とても使いやすい。
なによりも、サクサク感がたまりません。

そのうち有料になっちゃうのかもしれないけど、無料でつかえるうちはコレを使い続けようかな。
でも、このサクサク感になれちゃったら、他のは使えないかも?

ただし、、、
「jigブラウザ」の技術をベースにしたフルブラウザ機能も用意されており、ツイート内のURLにそのままアクセスできるようになっている
ということで、フルブラウザでアクセスしてしまうので、料金設定によっては注意が必要。

そんなjig twi なのでした。

関連ニュース
jig.jp、iアプリのTwitterクライアント「jigtwi」
by ケータイWatch at 2010.05.26
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1