あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

任天堂がmixiアプリを作ったら?

Twitterでの @yukatan さんの「日本のゲームメーカーはソーシャルゲームでヒットをつくりだすことはできるのでしょうか。」という問いかけを発端にしたTweetをまとめてみました。
ゲーム業界の奥の深さ(?)を垣間見ることができて面白いです。

Togetter(トゥギャッター) - まとめ「日本のゲームメーカーはソーシャルゲームでヒットをつくりだすことはできるか」
  comments (0) | trackbacks (0)

読んだ4!で違う本が表示された例

Twitterを利用した読書記録「読んだ4!」ですが、ときどき異なる本が表示されることがあります。

やっぱり1個目の間違いが最高(笑





  comments (0) | trackbacks (0)

2010年1月の読書のまとめ

2010年1月の読書のまとめです。
ちょこっとだけ(1冊程度)平均より多かった感じかな。

1月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1467ページ

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書 440)デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書 440)
読了日:01月28日 著者:上念司
著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」 (集英社新書 527A)著作権の世紀―変わる「情報の独占制度」 (集英社新書 527A)
読了日:01月22日 著者:福井 健策
感じない子どもこころを扱えない大人 (集英社新書)感じない子どもこころを扱えない大人 (集英社新書)
読了日:01月20日 著者:袰岩 奈々
女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21) (角川oneテーマ21)女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21) (角川oneテーマ21)
読了日:01月17日 著者:姫野 友美
「天下り」とは何か (講談社現代新書)「天下り」とは何か (講談社現代新書)
読了日:01月14日 著者:中野 雅至
ドラえもん学 (PHP新書)ドラえもん学 (PHP新書)
読了日:01月08日 著者:横山 泰行
ネットとリアルのあいだ―生きるための情報学 (ちくまプリマー新書)ネットとリアルのあいだ―生きるための情報学 (ちくまプリマー新書)
読了日:01月05日 著者:西垣 通

読書メーター

  comments (0) | trackbacks (0)

らくちんFLVメーカーサービス終了とフリップ・クリップへの移行

「らくちんFLVメーカー」という動画共有サービスは2009年8月21日に「フリップ・クリップ」というサービスと統合していたんですね。
ただ、これまでは「らくちんFLVメーカー」も表示はしていたのですが、2010年1月31日に全サービスの提供が終了したとのこと。
「らくちんFLVメーカー」を3ステップで「フリップ・クリップ」に簡単に移行できますということなので、ちょっと試してみました。

atasintiのホームページ / 動画・写真アルバム FlipClip

もともと動画1個アップしていただけだったんだ、、、
1個じゃさびしいのでもうひとつアップしてみました。

この「フリップ・クリップ」は、無料プランの場合、
容量:100MByte/月
1ファイルの容量制限:100MByte
対応フォーマット:wmv, asf, avi, mov, mp4, mpg, mpeg, jpg, jpeg, gif, png, bmp, 3gp, 3g2, amc, mod, m1v, m4v, vob, mts, m2ts, divx
携帯からのアップロード:可能
広告:あり
というようなサービスです。

ブログに貼るとこんな感じ。


ちっこい、、、

My関連エントリー
らくちんFLVメーカー容量アップ at 2006.01.31
らくちんFLVメーカー at 2006.01.08
  comments (0) | trackbacks (0)

わたしを象徴する4文字?

@haseshin さんのTwitter」経由。

Twitter IDを入力すると、その人を象徴する4文字を表示してくれる
あなたの4文字をツイートします
を試してみました。

結果は・・・


おっ、結構カッコいいじゃん!
と思ったけど、、、
もしかして「落ちた星」ってこと?
  comments (0) | trackbacks (0)

自衛隊はどこまで強いのか

自衛隊はどこまで強いのか (講談社プラスアルファ新書)
潮 匡人 田母神 俊雄
講談社
売り上げランキング: 5124

元自衛隊の2人が「日本の軍拡」について熱く語ってます。
ちょっと怖いです。

〜 もくじ 〜
第一章 自衛隊は北朝鮮と戦えるか
第二章 攻撃こそ最大の防御
第三章 最新兵器から考える防衛論
第四章 オバマのアメリカと日本の自立
第五章 イラクの教訓
第六章 自衛隊の敵「文民」政治家

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当せりふのページ)
最新兵器はソフトウェアを組み込んでいます。そのソフトにウイルスが混入すれば、武器として使えなくなったり、間違って友軍を誤射したりと様々な問題が発生します。うがった見方かもしれませんが、アメリカが世界に売っている兵器も、そうなっている可能性があります。米軍の腹一つで、使えなくできるような「隠しプログラム」を混入させている可能性を誰も否定できません。(P95)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   126冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 28643ページ (1日平均30ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1