あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

J1第30節\(^O^)/川崎勝利!



とうふです。
サッカーJ1リーグ第30節、川崎フロンターレはコンサドーレ札幌とホームで対戦、3−1で勝利したとです。
前半、レナチーニョ→ジュニと渡ったボールをケンゴが豪快なシュートで決めてまず1点!
勇介→テセと渡ったボール、テセが反転して中央へ送り、タニが決めて2点目!
でも後半、1点とられてしもうたとですが、最後はジュニが決めて3点目!
1点失点してしもうたとは残念やったとですが、とにかく初優勝めざして勝点3を積み重ねていくとです。

次の大分戦も、もちろん勝つとです。
残り4試合、ぜんぶ勝つとです。

Go! Go! フロンターレ!

Trackbackもしたとです。
TrackbackPeople「川崎フロンターレ」

うーーー、今日は用事があって、等々力に応援に行けんかたっとが残念、、、
  comments (0) | trackbacks (0)

今日のフォト 10/26

またまた同じような写真ばっかりですが、以下のアルバムに写真を追加しました。

各写真またはその下のアルバム名をクリックすると、それぞれのアルバムを表示します。
暇があったら覗いてみてね。


River Side 本日8枚アップ(Zorg利用)


鉄塔のある風景  本日8枚アップ (Zorg利用)



  本日4枚アップ (Zorg利用)


  本日3枚アップ (Zorg利用)


おとうさんの散歩道3  本日5枚アップ (Zorg利用)

なお、「あたしンちのおとうさんのフォト - Zorg」にすべての写真があります。
  comments (0) | trackbacks (0)

"全身漫画"家



漫画家江川達也が自身のこと、自身の作品のことを語った本。
「BE FREE!」「まじかる☆タルるートくん」「東京大学物語」「GOLDEN BOY」「ラストマン」「日露戦争物語」、どれも読んだけど、個人的には最初の「BE FREE!」が一番好きだ。
まだ読んでない江川達也の「源氏物語」を読んでみたくなりました。

ところで、この本は、本文は一人称で書かれているし、本の著者名も江川達也になっているけれど、実はこの本は江川達也本人が書いたわけではなく、ジャーナリストの鈴木隆祐が江川達也にインタビューして聞いた内容をまとめたもの。
ということはですよ、なにしろあの江川達也のことなので、どこまでホントのことを語ったやら、、、、
てなわけで、生身の江川達也かどうかはちょっと怪しいかも?
そう、ほとんどは江川達也が得意とするところの"妄想"なのかも?

しかし、本を読む速度が遅い私が、コミック本以外の本を買ったその日に読了したのは始めてではなかろうか。。。

〜 目次 〜
はじめに/なぜ"全身漫画"家か?
1章 漫画家を志すまで
2章 原点としての漫画体験
3章 本宮プロ時代
4章 デビュー作「BE FREE!」
5章 「ジャンプ」連載で得たもの−「まじかる☆タルるートくん」
6章 読者を「裏切り」つづけた作品−「東京大学物語」
7章 はじめての「打ち切り」体験−「GOLDEN BOY」
8章 戦争とセックスと−「日露戦争物語」「源氏物語」
おわりに

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数 23冊 (1日平均0冊)
読んだページ数 6220ページ (1日平均13ページ)

読書メーター - atasinti

BE FREE  【コミックセット】
東京大学物語 (1) (ビッグコミックス)
まじかる☆タルるートくん (1) (集英社文庫―コミック版)
GOLDEN BOY 1 (1)
ラストマン 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
日露戦争物語―天気晴朗ナレドモ浪高シ (第22巻) (ビッグコミックス)
Amazy


My関連エントリー
東京大学物語 at 2005.10.12
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1