あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

「ブロガーが選ぶブログ大賞」 の投票

bnr_blogtaisho.gif
あぁー、調子こいて「ブロガーが選ぶブログ大賞」なるものに参加しなければよかった、、、
だって、参加した以上は投票しなくちゃ、、、
そして、投票するためには、参加ブログ全部見てまわらないといけないじゃん、、、
なんてつぶやいても今更遅い、、、
でも、そんな時間は今日くらいしかないぞ、、、、
って、今日もう締め切りジャン、、、
というわけで、以下に各賞の投票結果を示しますです。
続きを読む>>
  comments (1) | trackbacks (4)

お年玉は何歳まで?

今日、混んだ電車の中で聞こえてきた、恐らくは大学1年生だろう女性数人の会話。
「お年玉って、大学生でも、もらえるよねぇ?」
「えーっ、20歳まではもらえるんじゃない?」
「えーーっ、就職するまではもらえるんじゃないのぉ?」
「お年玉もらえなかったら、ちょっとピンチだよぉ。」

これが大学生の会話か、という話は置いといて、、、

うちはまだまだ先の話だけど、どうしようかなぁ。。
  comments (0) | trackbacks (0)

街はもうクリスマス23

これも前に撮ってたもの。どこだっけ?

  comments (0) | trackbacks (0)

街はもうクリスマス22

前に撮ってたのを送るの忘れてた。どこだっけ?

  comments (0) | trackbacks (0)

街はもうクリスマス21

車屋さん

  comments (0) | trackbacks (0)

モー娘。が楽天公式応援歌

モー娘。が楽天公式応援歌を歌うそうな。
盛り上がってますなぁ、一部で(?)

でも、"モー娘は「イーグルスの成り立ちと非常によく似た成り立ちで誕生した」"というのはぜんぜん違うぞぉ。。。

モー娘。が楽天公式応援歌 スポーツ報知 2004/12/16
気ユニット「モーニング娘。」が、パ・リーグの新球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の公式応援歌「THE マンパワー!!!」を歌うことが16日、発表された。三木谷浩史オーナー(39)にとって、モー娘は「イーグルスの成り立ちと非常によく似た成り立ちで誕生した」と親近感を覚える存在で、プロデューサー・つんく♂(36)に楽曲制作を依頼。つんく♂も快諾して実現したもの。モー娘の所属事務所ではこれを機に楽天を全面バックアップ。プロ野球とのコラボレーションで、新しいエンターテインメントが立ち上がることになる。
  comments (0) | trackbacks (0)

飛行機の中でも携帯電話使用可能に?

「携帯電話の電源は航空機の機器に影響を及ぼす可能性があるため電源をお切りください。」のアナウンスがなくなるかもしれない。
でも、通話はご遠慮ねがいたいなぁ。。。

FCC、航空機内での携帯電話使用許可を検討へ CNN 2004/12/16
米連邦通信委員会(FCC)が米国時間15日に行ったこの提案が計画通りに進めば、旅行者は2006年にも飛行機の中でインターネットを利用することが可能になるほか、機内での携帯電話利用禁止が解除されることになる。 (中略)
FCCと米連邦航空局(FAA)は、飛行機の中での携帯電話の利用を禁止している。当初FCCは、(飛行中の携帯電話の利用は)地上での携帯電話通信に混乱をきたす可能性があると懸念していた。一方でFAAは、携帯電話が飛行機の航行システムや電子機器に悪影響を与えるのではないかと心配していた。
 FCCの担当官らは、最小の電力設定で利用され、地上の携帯電話通信に悪影響を及ぼす不必要な周波数帯域の電波を出さないことを条件に、従来の無線機器やそのほかの機器の使用を認める提案を15日の会合で行っている。FCCでは現在、これら問題に関するパブリックコメントを募集中だ。FCCでは、FAAの規定を満たすルールやポリシーを策定するため、FAAと共同で作業を進めていく予定だ。
 NASAのエンジニアらは少なくとも3年前に、携帯電話はノイズ電波の発生をかなり押さえ込むように作られるようになったと述べている。同エンジニアは2000年のインタビューの中で、初期世代の携帯電話がなくなり、廃棄またはリサイクルされるようになれば、飛行機での携帯電話禁止を解除されることになるだろうとコメントしている。
  comments (0) | trackbacks (0)

学力低下の原因は・・

世界の中学2年生と小学4年生を対象に国際教育到達度評価学会(IEA、本部アムステルダム)が昨年実施した学力調査の結果、日本は、中学生も小学生も低下していたそうです。
それはある意味、当たり前でしょう。
続きは、こちらで。。
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1