あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

J1第18節 川崎引き分け



とうふです。
サッカーJ1リーグ第18節、川崎フロンターレはヴィッセル神戸とホームで対戦、2−2の引き分けやったとです。
前半、ケンゴのゴールと菊池の初ゴールで2−1とリードしとたっとに、
後半、神戸の宮本にオーバーヘッドシュートを決められて同点になってしもうたとです。
くやしか〜!
リーグ戦で3試合、引き分けが続いとるとです。
でも前節の、アウェイで追いついての引き分けと
今回の、ホームで追いつかれての引き分けは、
全然違うとです。
今日は、首位の鹿島が引き分けたから、勝って勝点差を縮めるチャンスやったとに。。。

でも、リーグ戦はまだ後半戦が始まったばかり。
次の京都戦はぜったい勝つとです。

Go! Go! フロンターレ!

Trackbackもしたとです。
TrackbackPeople「川崎フロンターレ」
  comments (0) | trackbacks (0)

巨大カブトムシロボット、福岡へ?

茨城のおじいさんが一人で作ったという、あの巨大カブトムシロボットが福岡に遠征したそうです。

横浜にも来てほしいなぁ、
そして、あの巨大蜘蛛と対決して欲しいなぁ・・・

関連ニュース
カブトムシロボット:全長11m…リモコンで移動も 福岡
by 毎日jp at 2009.07.18 (cache by ウェブ魚拓)

My関連ニュース
巨大カブト虫ロボット? at 2004.04.17
横浜に巨大蜘蛛 at 2004.04.18
  comments (0) | trackbacks (0)

子どもにスポーツをさせるな


商業主義に走り、勝つこと、勝ち上がって有名になってプロになって大金を得ることが目的になっていて、そのために子どもの頃から勝つためには手段を選ばないようなことを平気で行うようになってしまっていること、そんな、心身を鍛えるという本来のスポーツの意義、本来のスポーツの目的を忘れてしまった、そんなスポーツクラブに子どもを通わせると、心身を鍛えるどころか、心身を病んでしまうことになる、そう警告する本。
一方で本来のスポーツの目的に向かって子どもを育てている立派なスポーツクラブの紹介もあり。
この本を読んでいて、スポーツに限らず、勉強についても、本来の目的を忘れてしまって、ただテストでいい点をとればいいということになっていないか、などと思いました。
親として、子どもに対する接し方を考えさせられる本でした。

〜 もくじ 〜
はじめに
序 章 それでもわが子にスポーツをさせますか?
第一章 スポーツの現実
第二章 誰もが石川遼になれるわけはない
第三章 子どもがサッカーをする現実
第四章 生死が背中合わせにあるスポーツ
第五章 「あたらしいオリンピック」の実像
第六章 青少年スポーツは何をもたらしているのか
第七章 子どものスポーツと生活習慣
終 章 大好きな気持ちを育てる
おわりに

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本 82冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 19037ページ (1日平均25ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

横浜散歩

先日、仕事で桜木町まで行った際、帰りにふらっと散歩してきました。
またまた同じような写真ばっかりですが、そのときの写真(といっても携帯電話で撮った写真ですが)を以下のアルバムに追加しました。

各写真またはその下のアルバム名をクリックすると、アルバムを表示します。
暇があったら覗いてみてね。









Yokohama  本日50枚アップ  (Zorg利用)

なお、「あたしンちのおとうさんのフォト - Zorg」にすべての写真があります。
  comments (0) | trackbacks (0)

AKB48の人間失格?

なぜまた「人間失格」なのかよくわかりませんが、「DEATH NOTE」で有名な小畑健さんのイラストの表紙の「人間失格」に続いて、今度は、AKB48のメンバーの写真の表紙の「人間失格」だそうです。
AKB48の表紙の「人間失格」を買った人が「人間失格」を読んでいるかというと、買っても読んでいない可能性が高いのではないでしょうか。。。
出版社は本が売れさえすれば、別に読まれなくても構わない、そんな気がして、なんだか悲しい。。。

関連ニュース
AKB48表紙の「人間失格」好調 名作文庫「ジャケ買い」の夏
by ITmedia at 2009.07.17

My関連エントリー
「人間失格」が異例の売れ行き? at 2007.08.17
  comments (0) | trackbacks (0)

クールジェルマット



あらかじめ冷蔵庫で冷やしたりする必要はなく、ただ、布団の上に敷くだけのクールジェルマット。
おかあさんが試しに買って来て、コレはいいということになり、家族全員分をそろえました。

ホントに、ひんやりして、とってもいい気持ち。
でも、なんでこんなにひんやりするのか、おとうさんにはよくわかりません。
なんだか不思議な感じです。
うつぶせになって寝ることが多いおとうさんは、おなかが冷えすぎないか心配なくらいです。

ちなみに、30度以上の部屋では効果はないそうです。
また、じーっと寝ていると30分くらいで効果はなくなるそうです。
実際、朝、目が覚めたときには、自分の寝ていたところは、逆にほんのりあったかい感じ(普通の布団と同じ感じ)になっちゃってます。
でも、ちょっと横にずれると、そこは、ひんやり〜。
ということで、寝返りをよくする人ほど、効果が長続きするのかも。

ところで、コレ、思ったよりも重たいです。
シングル用が3.5kg、ダブル用が5.5kgもありました。

なお、うちで購入したのはエフェクト社のものです。

関連サイト
睡眠時の冷却効果をうたったジェル入りマット
‐その効果と持続性を調べる‐

by 独立行政法人 国民生活センター at 2009.07.09

  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1