あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 横浜散歩 | main | 巨大カブトムシロボット、福岡へ? >>

子どもにスポーツをさせるな


商業主義に走り、勝つこと、勝ち上がって有名になってプロになって大金を得ることが目的になっていて、そのために子どもの頃から勝つためには手段を選ばないようなことを平気で行うようになってしまっていること、そんな、心身を鍛えるという本来のスポーツの意義、本来のスポーツの目的を忘れてしまった、そんなスポーツクラブに子どもを通わせると、心身を鍛えるどころか、心身を病んでしまうことになる、そう警告する本。
一方で本来のスポーツの目的に向かって子どもを育てている立派なスポーツクラブの紹介もあり。
この本を読んでいて、スポーツに限らず、勉強についても、本来の目的を忘れてしまって、ただテストでいい点をとればいいということになっていないか、などと思いました。
親として、子どもに対する接し方を考えさせられる本でした。

〜 もくじ 〜
はじめに
序 章 それでもわが子にスポーツをさせますか?
第一章 スポーツの現実
第二章 誰もが石川遼になれるわけはない
第三章 子どもがサッカーをする現実
第四章 生死が背中合わせにあるスポーツ
第五章 「あたらしいオリンピック」の実像
第六章 青少年スポーツは何をもたらしているのか
第七章 子どものスポーツと生活習慣
終 章 大好きな気持ちを育てる
おわりに

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本 82冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 19037ページ (1日平均25ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------