あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

Jimdoに登録してみた

ブログ、SNS、写真共有、動画共有を統合したWeb3.0のホームページを簡単に作れますという「Jimdo」に登録してみました。

あたしンちのおとうさんのJimdo


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

あれこれいじってみたけれど、ホームのタイトルの文字の色を設定しても変わってくれなかったところで、今日はここまでに。
ということで、About meも含めて、まだほとんどサンプルページのままです。

Web2.0という言葉を使うこと自体がすでに恥ずかしく感じる今日この頃に、Web3.0などと言ってる時点で、ろくなサービスじゃないなって予感がしていたのですが、、、、

ひとつの機能のみのサービス=簡単な設定のみですぐ使える
なんでもできるサービス=簡単なことだけをやろうとしてもいろんな設定をしないと始まらない

というのがこれまでのWebサービスだったので、せめて、

なんでもできるサービス=簡単なことだけやるのであれば簡単な設定のみですぐ使える

という感じであってほしかったのですが、ホームページの赤いでっかな矢印の消し方さえよくわからないという始末。

今度の週末にでも、もうすこし触ってみようとは思ってますが、とりあえず、今日はここまで。

このまま終わったりして・・・


関連ニュース
Web3.0世代のホームページ作成サービス「Jimdo」、日本語版公開
by CNET at 2009.03.25
ドイツ発の無料ホームページ作成サービス「Jimdo」日本語版公開
by Internet Watch at 2009.03.25
ドイツ生まれの無料ホームページ作成サービス「Jimdo」日本語版オープン
by Marke Zine at 2009.03.25
  comments (0) | trackbacks (0)

日韓戦5回はWBC組織委の目論見通り?

日本の2連覇で終わったWBCは、今回1次リーグから数えて、5回も日韓戦があり、なんだか日韓戦の合間に他の国と練習試合をやってたような、国際大会って感じがしない大会だったのですが、どうも、もっともお客の入りのいい日韓戦が多く見られるようにWBC組織委が仕組み、その目論見通りの展開となったということのようです。
なんだかなぁ・・・

でも、日本と韓国だけで盛り上がっても、他の国で盛り上がらなかったら、一時的な収益が大きかったとしても、野球の世界的な裾野は広がらず、長期的に見るとよくないんじゃないのかなぁ・・・
これでは、野球がオリンピックの正式種目に復帰することなど、当分ない気がしますねぇ。。。


関連ニュース
WBC:韓日戦で組織委はホクホク顔
by 朝鮮日報 at 2009.03.24 (cache by ウェブ魚拓)
このように、史上まれに見る5回目の対戦で、最も喜んでいるのはWBC組織委だ。韓日戦は2006年の第1回WBC当時から興行的に確実なカードだった。当時、第1・第2ラウンドで計3回行われた韓日戦の平均座席占有率は約95%と高く、平均観衆は4万人を超えた。ほかの国との対戦とは比べものにならないほどの活況だ。3年ぶりに開催された今回のWBCも同じだ。第1ラウンドの韓日戦2試合(東京ドーム)の平均観客数は4万4260人。WBC組織委によると、今大会の準決勝までで計38試合行われ、合計観客動員数は74万6562人、1試合平均1万9646人だったという。韓日戦がどれだけ観客動員力に優れているか、一目瞭然(りょうぜん)だ。ロサンゼルスが韓国人も日本人も多い街であることを考えると、24日の決勝戦には少なくとも4万5000人が入るとみられている。韓日両国のおかげで、WBCは観客集めにも関心集めにも成功しているのだ。
  comments (0) | trackbacks (0)

バーチャル広告?

WBC日本優勝おめでとうございます!

ところで、アメリカの球場なのに、なんで日本語の広告の看板があるんだろうなんて思って見ておりましたが、なんとあれは画面上ではめ込まれた「バーチャル広告」だったんですね。
こうなってくると、テレビで放映されている画面のどこまでが真実なのか、さっぱりわからなくなってしまいますね。
テレビも終わった感じ、、、

関連ニュース
インパクトの強い「バーチャル広告」WBC中継の日本企業広告に登場
by J-CASTニュース at 2009.03.23
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1