あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

セルフレジ?

イオングループでセルフレジの導入を進めているそうです。
お客さんが自分で買う商品のバーコードを機械にかざし、最後にカードか現金で支払いを行うというものです。

セルフレジでCS(カスタマーサティスファクション)推進
by 麻木久仁子の富士通導入事例レポート:対談 イオン株式会社 at 2008.11.25

その昔、駅の改札には駅員さんが居て、切符にカチカチはさみを入れておりました。
都会の利用者が多い駅などで、すごいスピードで切符のはさみ入れを行う駅員さんは、特殊技能を持ったプロフェッショナルといえたと思います。
そんな改札の駅員さんの姿は、自動改札の導入によって見なくなりました。
機械の技術の進歩に伴い、鉄道会社で重宝されたプロフェッショナルな改札の駅員さんは不要になってしまいました。

今度はそれと同じことが、スーパーなどのレジで起ころうとしているのでしょうか?
近い将来、レジのおばさんという職業はなくなちゃうんでしょうか。

たしかに、セルフレジにすることで、レジの台数を増やせれば、待ち時間短縮というお客さんのメリットはあるし、また店側にとっては、従業員の削減という大きなメリットがあります。

でも・・・

これって、本当に人々の生活を豊かにする進歩でしょうか?

うちの娘がおかあさんと買い物に行ったときに、娘にいろいろと話しかけてくれるレジのおねえさんがいて、娘がいっしょの時には、多少並んでいても、そのおねえさんのレジに並んだりするってことがあります。
セルフレジになると、そんな人と人との触れ合いもなくなり、なんだか味気ないものになってしまいそうです。

なんだか、技術の進歩の方向を間違っているんじゃないか、そんな気がする今日この頃です。
  comments (0) | trackbacks (0)

理工系度チェック

私は工学部出身の理工系人間ですが、「カソウケンの科学どき技術どき」で紹介されていた、
理工系度チェック
とやらを一応やってみました。

結果は「あたしンちのおとうさんの占いなんて」の方に。
  comments (0) | trackbacks (0)

今日のフォト 12/7

またまた同じような写真ばっかりですが、以下のアルバムに写真を追加しました。

各写真またはその下のアルバム名をクリックすると、それぞれのアルバムを表示します。
暇があったら覗いてみてね。



River Side 本日20枚アップ (Zorg利用)



鉄塔のある風景  本日13枚アップ (Zorg利用)




  本日18枚アップ (Zorg利用)



  本日2枚アップ (Zorg利用)



おとうさんの散歩道3  本日14枚アップ (Zorg利用)

なお、「あたしンちのおとうさんのフォト - Zorg」にすべての写真があります。
  comments (2) | trackbacks (0)

2つの@Niftyクリップ

2つの@Niftyクリップ、
(1) http://clip.nifty.com/

(2) http://clip.labs.coocan.jp/
について、@Niftyに質問を投げていたのですが、質問の仕方がまずかったようで、(2)について、「@Niftyクリップというサービスです。」というトンチンカンな回答が返ってきました。

そこで、再度、「同じサービスで(1)と(2)という異なるURLが存在するのはよろしくないんじゃないですか?」と質問してみましたが、1週間待っても返事はありません。
  comments (0) | trackbacks (0)

世界でいちばんやる気がないのは日本人



アメリカのコンサルティング会社の調査結果によると、世界でもっともやる気がないのは日本だというショキングな結果が得られた。
その原因は、本来の目的を理解しないで形だけ導入した成果主義と目標管理制度および管理者の能力不足にあり、今後の日本は欧米型ではなく、北欧型の方式を取り込むのがよいと進言する本。
中々説得力のある内容です。
やる気のある社会にするには、会社、管理者が変わるだけではなく、各個人も甘えの体質を見直し、自らのキャリアプランをたて、それに向かって努力しなければならない。

〜 目次 〜
はじめに
序章 世界でいちばんやる気がないのは日本人?
第1章 やる気を失った日本人と成果主義
第2章 日本人上司とスウェーデン人上司の違い
第3章 「やる気」のメカニズムを解剖する
第4章 日本人管理職は、なぜ部下のやる気を失わせるのか
第5章 甘えたいから、ワガママを言わない日本人
第6章 私の「マネジメント・バイアウト」
第7章 ヴァイキングの教え

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  34冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 8664ページ (1日平均16ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

Twitterの価値?

Twitterの価値を算出するサービス「TweetValue」を試してみました。

私のTwitterの価値は・・・


まぁ、そんなもんか・・・

そういえば、まったく同じようなサービスを前にも試したような、、、
と思って検索してみたらこれでした。
つぶやきの値段? at 2008.10.04

こっちは、$2.89/月。
うーん、$235と$2.89/月、どっちの評価が高いのやら、よくわからないなぁ、、、
  comments (0) | trackbacks (0)

麻生報道

最近の麻生首相関係の報道といえば、漢字の読み間違いのような、どうでもいいような内容ばかりがやたらと目立ち、本当に報道しなくてはいけないはずの政策の内容などの報道の影が薄い気がします。
マスコミ不信のおとうさんとしては、なーんとなく意図的な、マスコミによる情報操作ではないかなんて、穿った考えが持ち上がってきてしまう。
下記の池田信夫さんのblogでは、麻生首相がマスコミになめられているためだとのこと。
う〜ん、、、そうなのかなぁ・・・

関連ブログ
麻生政権の「学級崩壊」
by 池田信夫blog at 2008.12.06
政治家にしても記者にしても、普段は漢字の読み間違いなんか取り上げない。そんなつまらない問題で首相の機嫌をそこねると損するからだ。特に番記者は、首相を批判しないと「甘い」といわれるが、批判しすぎると首相にきらわれるという微妙なバランスの中で仕事をしている。それがみんな悪口を言い出すと、自分だけいうコストが低くなるので、一斉に悪口が始まる。それは「首相はなめられている」というシグナリングなのだ。
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1