あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Twitterの価値? | main | 2つの@Niftyクリップ >>

世界でいちばんやる気がないのは日本人



アメリカのコンサルティング会社の調査結果によると、世界でもっともやる気がないのは日本だというショキングな結果が得られた。
その原因は、本来の目的を理解しないで形だけ導入した成果主義と目標管理制度および管理者の能力不足にあり、今後の日本は欧米型ではなく、北欧型の方式を取り込むのがよいと進言する本。
中々説得力のある内容です。
やる気のある社会にするには、会社、管理者が変わるだけではなく、各個人も甘えの体質を見直し、自らのキャリアプランをたて、それに向かって努力しなければならない。

〜 目次 〜
はじめに
序章 世界でいちばんやる気がないのは日本人?
第1章 やる気を失った日本人と成果主義
第2章 日本人上司とスウェーデン人上司の違い
第3章 「やる気」のメカニズムを解剖する
第4章 日本人管理職は、なぜ部下のやる気を失わせるのか
第5章 甘えたいから、ワガママを言わない日本人
第6章 私の「マネジメント・バイアウト」
第7章 ヴァイキングの教え

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  34冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 8664ページ (1日平均16ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------