あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

ナース主義!

ベテランナースの作者が看護専門誌に連載していたエッセイです。
特に買いたい本があるわけでなく、なんか面白い本ないかなぁなんて感じで本屋を歩いていて、この手の本をふと手にとってしまうのは、私の妻が看護関係の仕事をしているからにほかなりません。
そして多くの場合は、若かった頃や看護学校時代の失敗談や困った医師や患者さんの話を面白おかしくしたもので、ほとんどが妻から聞いた話と似たりよったりの話だったりします。
しかし、この本はちょっと違いました。
もちろん、看護専門誌に連載されていたので、看護関係の話が多かったのは確かですが、そのときそのとき、作者が考えたり感じたことを素直に書かれています。そしてそれは看護の話だけではなく、パソコンの話だったり、おまわりさんの話だったり、万年筆の話だったりするのですが、どれもとても面白かったり、あるいはかんがえさせられたりするのです。
また、やさしく語りかけてくるような文体が、読んでいてとても心地よい気がしました。

ナース主義! (集英社文庫 み 23-6)
集英社
宮子 あずさ(著)
発売日:2007-09-20
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1