あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  1 2 3 4 5 6 7 8   / 8

なぜ「日本書紀」は古代史を偽装したのか



日本書紀は持統天皇と藤原不比等が自分たちに都合の悪い部分を書き直したものだったという説について、詳しく説明した本。
面白いです!
もちろん、この本の内容もひとつの仮説にすぎないわけではありますが。
でも、面白いです。

〜 目次 〜
はじめに
序章  「日本書紀」は偽書なのか
第一章 正史「日本書紀」にあるこれだけの謎
第二章 「日本書紀」は誰のために書かれたか
第三章 「日本書紀」はヤマト建国も改竄した
第四章 不比等が企てた「日本書紀」のカラクリ
おわりに


これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  48冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 11497ページ (1日平均20ページ)+215ページ(*)

読書メータ - atasinti

(*)1冊,ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)

人間計算WEB

GIGAZINE」で紹介されていた、
人間計算WEB
をやってみました。

結果は「あたしンちのおとうさんの占いなんて」の方に。
  comments (0) | trackbacks (0)

Femoでの公開方法

ミニブログサービス「Femo」に登録していたのですが書き込んだ書き込みを公開する方法がよくわかりませんでした。
本日、「埼玉のドルジ」さんのエントリーを読んで、やっとその方法がわかりました。
タグに「public」と書いて投稿すると公開URLに表示されるのでした。
「埼玉のドルジ」さん、ありがとうございます。

私のFemo公開URL
atasinti - Femo

また、TomblooがFemoに対応していましたので、早速登録してみました。
ただし、デフォルトではタグにpublicと入らないんで、Tomblooからの投稿は公開URLに表示されません。
コレもなにか方法がありそうだけど・・・
まぁ、いいか・・・

My関連エントリー
Twitterとその仲間たち? at 2007.05.11
  comments (0) | trackbacks (0)

続・危険なサイト?

Googleで検索した際に「コンピュータに損害を与える可能性があります」と表示されてしまう問題は、問題サイトリストに人為的ミスで"/"が入ってしまったためだったようです。
私が調べたときに、このサイトの検索はOKなのにこっちはNGだったという感じでしたが、それはたまたま復旧時間に近いところで調べていたために、よくわかんない結果になってしまっていたようです。
でも、Googleでも、こんなミスを犯すんですね。
しかも、原因について、いったん、他のサービスに原因があるような発表をして訂正するようなことまでしちゃってるし。。。

関連ニュース
グーグル検索結果すべて「コンピュータに損害を与える可能性あり」、原因は人為的ミス
by CNET at 2009.02.01

My関連エントリー
危険なサイト? at 2009.02.01
  comments (0) | trackbacks (0)

27 人のすごい議論

27人のすごい議論 (文春新書)
文藝春秋
『日本の論点』編集部(編集)
発売日:2008-06
おすすめ度:4.5


日本の論点という年刊誌のベスト集。
ふとっちょパパの気ままな日記」で紹介されていたのを見て読んでみようと購入した本。
内容は多岐に渡っており、ベスト集だけあって、どれもよくまとまっています。
また意見の異なる双方の論文をまとめて読めるのは面白い。
ただ、議論されていた当時とはすでに世の中が大きく変わってしまっているものもあり、昔はそんなことを議論してたなぁで終わってしまうものもある。
タイトルの「すごい議論」というのはちょっと大袈裟。
そもそも、議論について「すごい」とか「すごくない」とか言うのはおかしい。
有効な議論か無駄な議論かと言えば、掲載されていた議論はいずれも有効な議論である(またはあった)ことは確か。

〜 目次 〜
第一章 常識をくつがえす
第二章 本質を見抜く
第三章 変化を読む
第四章 日本を見直す

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  47冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 11265ページ (1日平均19ページ)+215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)

危険なサイト?

Googleで私のTumblrのサイト名「あたしンちのおとうさんのtumblr」を検索したところ、


えぇー?
コンピュータに損害を与える可能性がありますって、なんだよ。。。

ちなみに上記「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」のリンク先を見ると
Google では、安心してウェブ検索を行えるよう、危険なサイトの識別とユーザー保護の強化に取り組んでいます。この警告メッセージは、コンピュータに不正なソフトウェアがインストールされる可能性があると Google が判断した検索結果のサイトに表示されます。
とのこと。

もしかしたらTumblrのサイトはみんなこうなっちゃうのかなぁ、ということで、GoogleでもうひとつのTumblrのサイト名「おとうさんのねころぐ」を検索してみたところ、

ということで、例のコンピュータに損害を与える可能性の記載は出てきませんでしたので、Tumblrのサイトがすべてというわけでもないようです。

ところがGoogleで「わたしンちのおとうさん」を検索したときは、

ということで、「あたしンちのおとうさんのTumblr」についても例のコンピュータに損害を与える可能性の記載はありません。

うーん、よくわかんない。。。

〜 追記 2009.02.01 0:48 〜
今Googleで「あたしンちのおとうさんのTumblr」を検索しても、「コンピュータに損害を与える可能性があります」は出てきませんでした。この短い時間の間にGoogle検索のなんらかのアルゴリズムの変更があったのかなぁ。。。

ところで、今晩はこのGoogleの検索結果に表示された「コンピュータに損害を与える可能性があります」関連についてTwitterやTumblrに数多くの投稿がありましたが、そんな中でもっとも笑えたのは以下の検索結果でした。
  comments (1) | trackbacks (0)
<<new  1 2 3 4 5 6 7 8   / 8