あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  old>>   / 29

欲しい ほしい ホシイ

欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くと
小霜和也
インプレスジャパン
売り上げランキング: 21178

とっても面白い広告だけど、製品の購買につながらない、そんな広告が増えているが、それは人間の本能に訴える広告でないから、
ということで、狩猟時代の人間まで遡って、その本能の本質を見極め、しっかりココロに記憶され、そして店頭で思い出され、そして購買に結び付く広告を打つにはどうすればいいのか、という広告の本なのですが、なかなか読みやすく、そして面白い内容でした。
なぜ、あの広告に押されて買ってしまったのか、などなど、とてもよくわかります。
ピンクレディの歌とキャンディーズの歌の違いも、なるほどってな感じです。
分厚い本でしたが、一気に読んじゃいました。字も大きかったけど(^^;

〜 もくじ 〜
はじめに 花と蛇
第1章 ざっくり言えば、
    「認知」のこと
第2章 えーっと
    「記憶」のこと
第3章 買う=食べる
    「購買」のこと
第4章 さあごいっしょに、
    「言葉」のこと
第5章 ぐるぐると、
    「マーケティング」のこと
第6章 「コミュニケーション」のこと
Thanks!

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
ところがDVDやゲームソフトなどは勝手にコピーできないようにプロテクトがかけられていたりする。
ものすごくおかしな話です。
僕にはあたかも、セックスする時にしぶしぶコンドームをつけているような、本能と理性のせめぎ合いがここでも行われているように見えます。(P309)

〜 もひとつ〜  (リンクはInBookの該当セリフのページ)
人が商品を「買う」動機の9割は、その人の「意思」によるものではない。(P181)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   160冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 36546ページ (1日平均34ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

子どもの将来は「寝室」で決まる

子どもの将来は「寝室」で決まる (光文社新書)
篠田有子
光文社
売り上げランキング: 181621

父、母、子供がどのような形で寝ているか、その寝かたがその後の子供に大きな影響を与えていることを、統計的な調査結果をもとに示しています。
なかなか面白い。
日米、というよりも西洋と東洋の違いについても、その文化的な背景などをもとに語られており、なかなか面白い。
さて、自分たちに当てはめてみると・・・

〜 もくじ 〜
はじめに
【基本編】知能・感性を伸ばす「寝かた」の法則
 第1章 誰が誰とどのような位置関係で?
 第2章 あなたはどれ?4つの就寝パターン
 第3章 しつけの課題も、寝かた次第
【分析編】成長に合わせた"理想の寝室"
 第4章 親離れ、子離れのタイミング
 第5章 きょうだいの愛情・ひとりっ子の苦悩
 第6章 夫婦の寝かた、伴侶型から破局型まで
【提言編】世界の寝かた・日本の寝かた
 第7章 世界の寝かたに学ぼう
 第8章 畳にふすまの日本家屋を見直そう
終わりに−添い寝は日本の無形文化遺産
寝かた調査一覧
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
グローバリゼーションの荒波に日本経済はおぼれそうになっていますが、家族の寝かただけは、欧米先進国のいわゆる世界標準に合わせないでいるのです。(P220)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   159冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 36194ページ (1日平均34ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

Me2.0

Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」
ダン・ショーベル
日経BP社
売り上げランキング: 445

自分・自分・自分・自分・自分・自分・自分・自分・自分・自分
この本は最初から最後まで自分で埋め尽くされている。
自分はこんなに有能な人間だ、
自分はこんなに努力した、
自分はこんなことができる、
自分はこんなことをした、
いかにもアメリカ的な自分ブランドの本。
自分はこんなにすばらしい成功者だ、だから自分のまねをすればあなたも成功者になれると誇らしげに告げる本。

書いてあることは、間違ったことではないんだけどね。。。

早く読み終わって次の本を読みたい、そんな気分で本を読んだのは久しぶりだなぁ。。。

読んだことないし、それにそんな本があるのかも知らないが、マスコミに時代の寵児とか言ってもてはやされて有頂天になっていた絶頂時のホリエモンが書いた本もこんな感じなのかなぁ、なんて、ふと思った。

〜 もくじ 〜
「Me2.0」への謝辞
はじめに
まえがき
第1部 Me2.0の時代
 第1章 「あなた」というブランド
 第2章 職場を牽引するY世代
 第3章 自分のキャリアの指揮官になれ!
 第4章 ネットはパーソナルブランディングの最大の武器
第2部 思い通りのキャリアをつくる四ステップ
 第5章 ステップ ー分ブランドを見つける
 第6章 ステップ◆ー分ブランドをつくる
 第7章 ステップ 自分ブランドを伝える
 第8章 ステップぁー分ブランドを管理する
第3部 Me2.0は始まっている
 第9章 企業家度診断テスト
 第10章 Me2.0の成功者たち
用語集
監修者あとがき
訳者あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
大勢の人を悩ませている問題を見つけよう。「痛点」が見つかったら、その痛みをやわらげる方法を自由に話し合う。そうすれば解決策が見つかるはずだ。(P296)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   158冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 35954ページ (1日平均34ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

ツイッターノミクス

ツイッターノミクス TwitterNomics
タラ・ハント 津田 大介(解説)
文藝春秋
売り上げランキング: 471

ツイッター本ではありません。
原題は「THE WHUFFIE FACTOR」
それがなぜ「ツイッターノミクス」になるのか?
今、ツイッターが旬だから?
そこが日本の出版社のいやらしいところというか、ウッフィーが足りないところでしょう。

この本を買ったのは、ツイッター本だからではなく、ぱらっとめくった時の第1章が「ウッフィーって何?」だったからです。
この前、「The Whuffie Bank」で自分のTwitterのウッフィー値を計測してみたりしたんですが、そもそも、「ウッフィーって何だろう?」と思っていたので、まさにこれだというわけだったのです。

[My関連エントリー]
The Whuffie Bankを試してみた at 2010.05.15

この本の内容は、お金に物を言わせて大々的な広告を打つのはもう古い、これからはブログやツイッターやSNSなどのツールを利用し、ウッフィー、つまり信頼・尊敬・評価を受けることが結果として成功へとつながるのだ、そしてそれは理想論ではないのだ、ということをアメリカのいくつかの成功例や失敗例をもとに解説してくれた本です。
とってもわかりやすい。
日本でもここに書いてある成功例のような企業が増えてくれると、いろいろとやりやくすなりそうなんだけどなぁ。。。
失敗例と同じことやってた日本の会社はいくつもあるのになぁ。。。

〜 もくじ 〜
第1章 ウッフィーって何?
第2章 Twitterはテレビ広告よりも時には効く
第3章 デルは、商品に対する不満も公開した
第4章 ウェブ上で顧客を増やす八つの秘訣
第5章 ただ一人の顧客を想定する
第6章 ウェブ2.0、各種メディアをいかにつかいこなすか
第7章 ウォルマートの失敗に学ぶ
第8章 アップルはなぜ人をわくわくさせるか
第9章 無秩序をあえて歓迎する
第10章 社会貢献そのものを事業目的にする
第11章 ツイッターノミクスのルール
謝辞
ソースノート
訳者あとがき
解説 日本のツイッターノミクス

(注)第11章のタイトルも原本は「Whufie in Real Life」

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
こういう目先の利益しか考えない連中を経済学では「合理的人間」と呼ぶらしいが、目先のことしか考えない輩は合理的なのではなく、単に考えなしのおバカである。(P145)

〜 もひとつ 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
どこかで差をつけないと、勝つことはできない。そうなると、ウッフィーでは食べていけないどころか、ウッフィーがなければ食べていけないことになる。(P251)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   157冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 35618ページ (1日平均34ページ)
\(^O^)/ 1日平均ページが1ページ増えた!

読書メーター - atasinti

参考サイト
ノミクス
by 経済学101 at 2009.10.19
もちろんnomicsはeconomicsから取ったものだが、元々はギリシャ語のoikos+nomosだ。oikosは家庭という意味で nomosは習慣とか法律という意味だ(ギリシャ哲学におけるノモスとピュシスの話は大学にいけばどこかで聞くだろう)。語源的にはnomicsだけを他の単語につなげるというのはあまり筋が通っていない。nomic(s)ないしnomyが語尾になっている単語は他にもergonomics、 mnemonic、taxonomyなど色々ある。onomicsとなっている場合-o-は繋ぎで入っている(psych-o-logyなどと同じ)。

エコノミクスとの関連で作られた造語としては、Reganomics、Obamanomicsのような人名やFreakonomics、 Parentonomics(Joshua Gansの本だ)のような経済書がある。ちなみによく似た接尾辞-omicsがあり、こちらもカタカナでオーミクスと言えば通じる(?)ほどよく使われている(本当はReganのようなnで終わる単語にnomicsをつける場合は-o-をはさむべきなのだろう)。
  comments (0) | trackbacks (0)

博多ルール

博多ルール
博多ルール
posted with amazlet at 10.05.23
都市生活研究プロジェクト[博多チーム]
中経出版
売り上げランキング: 39108

博多がいかによかとこかがよくわかるばい。
ばってん、ホークスの選手の名前ば5人あげられんかったら、博多んもんじゃなかとか言われたら、私はもう博多んもんじゃのうなったったいねぇと、ちょっとさみしか気分ばい。

この本は同窓会のSNSの中で友人がレビューしとったっちゃばってん、それば読んで、これは買わんといかんと昨日アマゾンでポチっとしたら今日もう届いたとばい。便利な世の中になったばい。
そして一気に読んでしもうたとです。

ただ、博多時間について書いてなかとがちょっと残念。
博多んもんを理解するとにとても重要なことなのに。

〜 もくじ 〜
はじめに
本書を読み進めるために−博多とは?本書で扱う「博多の定義」
交通編
買い物編
食べ物編
街なか編
言葉・人間関係編
生活あれこれ編

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
東京に出てきた博多人のなかには、「なぜ東京の人は酒に弱いのか」と真剣に驚いた者も多数。休肝日というものを実践している人が存在していることに驚いたという意見も聞く(P76)
ほんなこつばい!

〜 もひとつ 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
慎重さを重んじ、「出る杭を打つ」的傾向にある日本社会において、「やってみんしゃい」「おもしろければよかよか」的な文化が数多くの芸能人を生み出す風土を作り上げたのだ。(P125)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   156冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 35330ページ (1日平均33ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

ロボットは涙を流すか

ロボットは涙を流すか (PHPサイエンス・ワールド新書)
石黒 浩 池谷 瑠絵
PHP研究所
売り上げランキング: 63828

自分にそっくりのアンドロイドを作るなど、ロボット、アンドロイドの研究を行っている著者が、SF映画に出てくるロボットの世界と自身の研究を重ねながら、ロボットと人間の違いはなにか、人間であるということはどういうことなのかを問うています。
時代とともに移り変わってきたSFの中のロボット観の違いや日本とアメリカのロボット観の違いなども面白い。
実際にアンドロイドを作っている人、アンドロイドと接している人でないと持てない人間観がここにあるように思います。
そしてそれは未来の話でもSFでもなく、数十年後のわれわれの現実なのかもしれない。

〜 もくじ 〜
プロローグ
第一章 ロボットは予言する
第二章 アンドロイドになりたい
第三章 「不気味の谷」を越えて
第四章 ロボットの森へ−リアル化するSF
第五章 人とアンドロイドのあいだ
第六章 ロボットの生きる道
第七章 人とロボットが出会う街角
エピローグ

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
逆にアンドロイドだから、いくらでも表情を豊かにすることができる。そして、その豊かな表情とともに、たとえばコンピューターの力を借りながら、文学的で人間らしい言葉をしゃべらせることもできる。普通の人よりもはるかに豊かな表情と情緒的な言葉を持たせることができるのである。(P111)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   155冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 35171ページ (1日平均33ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

予定不調和

予定不調和 (DIS+COVERサイエンス)
長神 風二
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 8102

20年前、30年前に描いていた20年後、30年後の世界と今の世界の違いはどこから生じたのか。
90年代半ばの新世紀エヴァンゲリオンでも固定電話で電話するシーンがよく出てくる。当時、学生も含めてだれもが携帯電話を持つ世の中になるとは想像できていなかった。
という話を読んで、そういえば、子供のころに見た「サンダーバード」にはすごいメカが次々と登場するけれど、コンピューターは大きな箱型でドラムがくるくる回っていた。当時誰もがパソコンという形のコンピューターを手にする世の中になるとは想像もできていなかった。さらに今や携帯電話やスマートフォンに。
さて、そう考えた時に、今現在描いている20年後、30年後の世界ははたしてどうだろうか。
ということについて、物語形式で書かれていてなかなか面白い。

〜 もくじ 〜
序章 予定不調和?
第1部 競争の時代に
 第1章 スマートドラッグがもたらすこと
 第2章 科学的なテストの時代
 第3章 遺伝子ドーピング
第2部 新しい環境と健康
 第4章 体細胞由来クローン
 第5章 遺伝子組換え食品
 第6章 デザイナーベビー
第3部 意思のあるところ
 第7章 ニューロマーケティング
 第8章 ブレインマシンインターフェイス
第4部 問い直される[わたし]
 第9章 脳画像技術による嘘発見器
 第10章 パワードスーツがもたらすこと
 第11章 サブミニナル効果に代わって
終章 情報と技術の氾濫を泳ぎ切るために
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
財布の中に入っている、たくさんのカードを思い起こしてみよう。
これを、携帯電話などに一本化してくれたら便利なのに、と思う人は多かった。そして今、実際に統合されつつある。
あらゆる購買の電子的な履歴が一本化される、という流れ、別の見方をすれば、携帯電話一つであなたの生活の隅々までがわかってしまうということなのだ。(P243)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   154冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 34982ページ (1日平均33ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

「いい人」はなぜガンになりやすいのか

「いい人」はなぜガンになりやすいのか (青春新書INTELLIGENCE)
最上 悠
青春出版社
売り上げランキング: 104619

性格と病気の関係について話を聞いたり読んだりすることはよくありますが、性格が病気を引き起こしているのか、性格による行動が病気を引き起こしているのか、病気によってそのような性格になってしまったのか、コレらがこれまでは混同されていたことがよくわかりました。
しかし、がん患者を2つのグループに分けて、片方には・・・を行い、片方には・・・を行わないというような調査は、経過が良くなかった方の患者さんはその時点で考えっら得る最善の治療をうけられなかったわけで、いくら研究のためとはいえ、許されないことのような気がします。それを堂々と公表するというのも何かおかしいんじゃないかと思ってしまいます。
ということで、この本の本質とはちがうところで憤慨してしまったおとうさんなのでした。
ちなみに私は「いい人」なのでがんになりやすいかも(笑

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 「いい人」はなぜガンになりやすいのか
第2章 性格の違いとなりやすい病気がわかった
第3章 あなたが気をつけるべき病気は?
第4章 「性格を変える」よりずっとかんたんにできること
第5章 ストレスフリーな毎日で病気にならない!
おわりに

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
ちなみにそんなアドバイスをすると、「自分のまわりに、そんな相談相手がいたら初めから苦労しない」と怒る人もいます。でも、「相談相手を探す努力を具体的にしていますか?」と聞くと、ハッとする人も多いようです。(P196)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   153冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 34710ページ (1日平均33ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

アップル、グーグル、マイクロソフト


それほど目新しい内容はないだろうな、と想像していたが、やはりその通りでした。
でも、タイトルの3社の違い、とくにクラウドに対する取り組み方の違い、そしてどこへ向かおうとしているかという点についての違いが、よく整理されていて、とてもわかりやすい。
また出遅れた日本企業が進むべき道についてもうまくまとめられている。
クラウドコンピュータとはどんなものか、どこへ向かおうとしているのかを知りたい人にとっては、クラウドなんたらとかいう本を読むよりもわかりやすいかもしれない。

〜 もくじ 〜
まえがき
1章 クラウドとは
2章 クラウドの古さと新しさと主要企業
3章 マイクロソフトの戦略−ウィンドウズアズール
4章 グーグルの戦略−グーグルアップエンジン
5章 アップルの戦略−iTunes
6章 クラウドでも出遅れた日本
参考文献

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
クラウドとオンプレミスの関係は、銀行預金とタンス預金になぞらえられる。クラウドが銀行預金で、オンプレミスがタンス預金である。(P69)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   152冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 34506ページ (1日平均33ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

かなり変だぞ「クラシック通」

かなり変だぞ「クラシック通」 (幻冬舎ルネッサンス新書)
神沼 遼太郎
幻冬舎ルネッサンス
売り上げランキング: 32685

クラシック音楽の世界の変なところを、
こいつはアホだ、あいつはアホだ、と列挙した本。
アホだアホだといいつつも、作者がクラシックを愛していることがよくわかります。

〜 もくじ 〜
まえがき
第一章 そもそも・・・・・・
第二章 ホール・劇場にて・・・・・・
第三章 聴衆のみなさん・・・・・・
第四章 チケットについて・・・・・・
第五章 演奏家のみなさん・・・・・・
第六章 CD・DVDに関して・・・・・・
第七章 中にはこんなアホも・・・・・・
第八章 まだまだこんなアホも・・・・・・
第九章 ウィーン・フィルのドアホ
コーダまたは蛇足 そう言うあんたもアホやんか!
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
一日仕事を終えてからコンサートを聴くとなると、やはりどこかで集中力が切れるのは致し方ない。そうなった時に大事なことは、一音たりとも聞き逃さないことよりも、自分の一番聴きたいところを逃さないことだと思うが、どうだろう?(P57)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   151冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 34325ページ (1日平均33ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)
<<new  3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  old>>   / 29