あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Pixlrでお絵かきして見た | main | 今週の仮面ライダー 5月23日号は遅れます >>

ロボットは涙を流すか

ロボットは涙を流すか (PHPサイエンス・ワールド新書)
石黒 浩 池谷 瑠絵
PHP研究所
売り上げランキング: 63828

自分にそっくりのアンドロイドを作るなど、ロボット、アンドロイドの研究を行っている著者が、SF映画に出てくるロボットの世界と自身の研究を重ねながら、ロボットと人間の違いはなにか、人間であるということはどういうことなのかを問うています。
時代とともに移り変わってきたSFの中のロボット観の違いや日本とアメリカのロボット観の違いなども面白い。
実際にアンドロイドを作っている人、アンドロイドと接している人でないと持てない人間観がここにあるように思います。
そしてそれは未来の話でもSFでもなく、数十年後のわれわれの現実なのかもしれない。

〜 もくじ 〜
プロローグ
第一章 ロボットは予言する
第二章 アンドロイドになりたい
第三章 「不気味の谷」を越えて
第四章 ロボットの森へ−リアル化するSF
第五章 人とアンドロイドのあいだ
第六章 ロボットの生きる道
第七章 人とロボットが出会う街角
エピローグ

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
逆にアンドロイドだから、いくらでも表情を豊かにすることができる。そして、その豊かな表情とともに、たとえばコンピューターの力を借りながら、文学的で人間らしい言葉をしゃべらせることもできる。普通の人よりもはるかに豊かな表情と情緒的な言葉を持たせることができるのである。(P111)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   155冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 35171ページ (1日平均33ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------