あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< ついったライフに登録して見たが・・・ | main | 容量Blu-rayの200倍でコストも激安なディスク? >>

ツイッターノミクス

ツイッターノミクス TwitterNomics
タラ・ハント 津田 大介(解説)
文藝春秋
売り上げランキング: 471

ツイッター本ではありません。
原題は「THE WHUFFIE FACTOR」
それがなぜ「ツイッターノミクス」になるのか?
今、ツイッターが旬だから?
そこが日本の出版社のいやらしいところというか、ウッフィーが足りないところでしょう。

この本を買ったのは、ツイッター本だからではなく、ぱらっとめくった時の第1章が「ウッフィーって何?」だったからです。
この前、「The Whuffie Bank」で自分のTwitterのウッフィー値を計測してみたりしたんですが、そもそも、「ウッフィーって何だろう?」と思っていたので、まさにこれだというわけだったのです。

[My関連エントリー]
The Whuffie Bankを試してみた at 2010.05.15

この本の内容は、お金に物を言わせて大々的な広告を打つのはもう古い、これからはブログやツイッターやSNSなどのツールを利用し、ウッフィー、つまり信頼・尊敬・評価を受けることが結果として成功へとつながるのだ、そしてそれは理想論ではないのだ、ということをアメリカのいくつかの成功例や失敗例をもとに解説してくれた本です。
とってもわかりやすい。
日本でもここに書いてある成功例のような企業が増えてくれると、いろいろとやりやくすなりそうなんだけどなぁ。。。
失敗例と同じことやってた日本の会社はいくつもあるのになぁ。。。

〜 もくじ 〜
第1章 ウッフィーって何?
第2章 Twitterはテレビ広告よりも時には効く
第3章 デルは、商品に対する不満も公開した
第4章 ウェブ上で顧客を増やす八つの秘訣
第5章 ただ一人の顧客を想定する
第6章 ウェブ2.0、各種メディアをいかにつかいこなすか
第7章 ウォルマートの失敗に学ぶ
第8章 アップルはなぜ人をわくわくさせるか
第9章 無秩序をあえて歓迎する
第10章 社会貢献そのものを事業目的にする
第11章 ツイッターノミクスのルール
謝辞
ソースノート
訳者あとがき
解説 日本のツイッターノミクス

(注)第11章のタイトルも原本は「Whufie in Real Life」

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
こういう目先の利益しか考えない連中を経済学では「合理的人間」と呼ぶらしいが、目先のことしか考えない輩は合理的なのではなく、単に考えなしのおバカである。(P145)

〜 もひとつ 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
どこかで差をつけないと、勝つことはできない。そうなると、ウッフィーでは食べていけないどころか、ウッフィーがなければ食べていけないことになる。(P251)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   157冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 35618ページ (1日平均34ページ)
\(^O^)/ 1日平均ページが1ページ増えた!

読書メーター - atasinti

参考サイト
ノミクス
by 経済学101 at 2009.10.19
もちろんnomicsはeconomicsから取ったものだが、元々はギリシャ語のoikos+nomosだ。oikosは家庭という意味で nomosは習慣とか法律という意味だ(ギリシャ哲学におけるノモスとピュシスの話は大学にいけばどこかで聞くだろう)。語源的にはnomicsだけを他の単語につなげるというのはあまり筋が通っていない。nomic(s)ないしnomyが語尾になっている単語は他にもergonomics、 mnemonic、taxonomyなど色々ある。onomicsとなっている場合-o-は繋ぎで入っている(psych-o-logyなどと同じ)。

エコノミクスとの関連で作られた造語としては、Reganomics、Obamanomicsのような人名やFreakonomics、 Parentonomics(Joshua Gansの本だ)のような経済書がある。ちなみによく似た接尾辞-omicsがあり、こちらもカタカナでオーミクスと言えば通じる(?)ほどよく使われている(本当はReganのようなnで終わる単語にnomicsをつける場合は-o-をはさむべきなのだろう)。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------