あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  1 2 3 4 5 6 7  old>>   / 7

今日のフォト 2010/07/25

またまた同じような写真ばっかりですが、以下のアルバムに写真を追加しました。

各写真またはその下のアルバム名をクリックすると、それぞれのアルバムを表示します。
暇があったら覗いてみてね。



River Side 本日5枚アップ (Zorg利用)


鉄塔のある風景  本日1枚アップ (Zorg利用)




  本日8枚アップ (Zorg利用)



  本日3枚アップ (Zorg利用)



おとうさんの散歩道3  本日13枚アップ (Zorg利用)

なお、「あたしンちのおとうさんのフォト - Zorg」にすべての写真があります。
  comments (0) | trackbacks (0)

期間指定の読書グラフ

読んだ本を記録、共有するSNS「読書メーター」では、これまで最初に登録した時からの累計の読書冊数および読書ページ数しか(まとめのページでは、その前月の読書冊数および読書ページ数しか)表示されなかったのですが、開始年月日および終了年月日を指定して、読書冊数および読書ページ数のグラフを作成できるようになりました。

たとえば、2010/7/1〜2010/7/25だと・・・

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

たとえば、2010/1/1〜2010/7/25だと・・・

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

たとえば、2007/7/13〜2010/7/25だと・・・

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

なるほど、2008年の8月ごろから読書数が増えたのがわかります。

これはなかなか便利!

ところで、先日書いたように、Amazonのデータが間違っていたために、本当は221ページなのに777ページと集計されていた本があったので、Amazonに修正依頼を出していたのですが、本日、ようやくAmazonのデータが修正されました。
そこで「読書メーター」の該当本のページでも「データの更新」を行い、ページ数が221ページに修正されたことを確認しました。

ところが・・

「読書メーター」のマイページの読書ページ数も読書ページ数のグラフも、上の2つのグラフも、修正が反映されません。
ということで、不具合報告を出しておきました。

My関連エントリー
Amazonに本の登録情報の変更を依頼 at 2010.07.22
  comments (0) | trackbacks (0)

気にするな

気にするな (新潮新書)
弘兼 憲史
新潮社
売り上げランキング: 2654

「島耕作」の作者、弘兼 憲史さんの人生観。
すばらしいですね、老いも楽しんじゃおうというこのポジティブさ。
見習いたいです。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 ア・ハード・デイズ・ナイト
第2章 人生に無駄な寄り道はない
第3章 すぐに成功しなくていい
第4章 島耕作の誕生
第5章 閉塞感を嘆く前に

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
私は人生の経験は鯨みたいなものだと考えています。今はどうだか知りませんが、昔はよく教科書や子供向けの本などに、「クジラは捨てるところがない」と図解入りで載っていたものです。(P132)


〜 もひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
余談ですが、実はかなり一流とされる人でも、男性漫画家の場合は二種類しか女性の顔を描けない、という説があります。その二種類とは美人とブス。簡単にいえばその二種類しか描きわけられないというのです。(P97)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   178冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 41242ページ (1日平均36ページ) -556ページ
(ホントは221ページなのに777ページとカウントされていた本があり。すでに本のデータは修正されましたが、読んだページおよび下記のグラフには修正が反映されていません。)


読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

今週の仮面ライダー 7月25日号



息子の「今週の仮面ライダー 7月25日号」が発行されました。
例によって、一言感想文ですが、、、
と言うか、こんな感想しか書けんのかっていうような内容ですが。。。

さて、「仮面ライダーW」第44話ですが、
ついに3人になったプリキュアなのに、オープニングもエンヂングも2人のままってどういうこと?
そんな今週の仮面ライダーなのでした。
という冗談はおいといて、、、
大方の予想通り、みいら女さんはフィリップたちのおかあさんだった、
そして竜くんはオールド・ドーパントの攻撃が効かない特殊体質だったという驚きの(?)事実。
つまり、とうちゃんことテラー・ドーパントの攻撃も効かない?
ということで、クライマックスへ突き進む、
そんな今週の仮面ライダーなのでした。

ただ、財団Xが持ち帰った26個のガイアメモリは映画へと続くみたいで、最後はまた、続きは映画でみたいな、ちょっと残念な展開となるのかも?

My関連エントリー
Blog「今週の仮面ライダー」開設 at 2004.01.11

トラックバック
TrackbackPeople 仮面ライダーW
  comments (0) | trackbacks (1)

nanotyサービス終了

レンタルSNSサービスの「nanoty」が2010年9月30日(木) 9:00にサービス終了するそうです。
2010年8月上旬より、「投稿データダウンロードツール」を提供予定とのことです。またMT形式みたいです。画像の扱いなどは不明。

「nanoty」はnanoty内の複数のSNSについて、1個1個にログインしなくても横断的に情報を読んだり書いたりできるなど、独自色の強いユニークなサービスでしたが、そのため、使い勝手が他のSNSと違っていて、使いにくいと感じられるところもあった、そんなサービスでした。

先月サービス終了したSo-net SNSと同じ、2006年にサービス開始したサービスだったということで、SNSというもののひとつの流れを感じる今日この頃です。

なお、私がnanotyで作っていたSNSは、今回は引越しとかしなくても、別にそのまま消えてもいいかな。
一応19人の参加者はいるけれど、ここ数年書き込みもないし、、、

関連ニュース
サービス終了のお知らせ
by nanoty運営事務局からのお知らせ at 2010.07.16

My関連エントリー
nanoty at 2006.08.15
  comments (0) | trackbacks (0)

日本は世界5位の農業大国


日本は食料自給率が5割を切っており、農業は衰退の一途、このままではいかない、という農水省の報告、およびマスコミの報道に惑わされてはいけない。
日本は世界5位の農業生産量を誇る農業大国なのだ。
食料自給率問題は、農水省が自分たちの仕事と天下り先を肥えさせるためのものなのだ。
本当の問題は別にある、というお話。
なかなか面白い。

もともと「○○率」というのは、何を分子・分母に持ってくるかで、いかようにも数字を操作できるので、注意が必要だ。

ただ、この本もまた、多くの数値を駆使して説明してくれているが、そのような数値を基にした説明の場合、自説に都合のよい数値だけを取り上げている場合が多いので、これまた注意が必要です。

いずれにしても、民主党の「農業者戸別所得補償制度」が、さらに日本の農業を衰退させる、とんでもない悪法であることは確かなようです。

〜 もくじ 〜
はじめに―日本農業弱者論はまったくの事実無根
第一章 農業大国日本の真実
第二章 国民を不幸にする自給率向上政策
第三章 すべては農水省の利益のために
第四章 こんなに強い日本農業
第五章 こうすればもっと強くなる日本農業
第六章 本当の食糧安全保障とは何か

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
長年かけて育成されてきた独立自尊の農業経営者の成長を阻害する「農業者戸別所得補償制度」。民主党の票田確保のための独善、支持基盤の農水省職員の生き残り政策を断じて許してはならない。(P160)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   177冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 41052ページ (1日平均36ページ) -556ページ
(ホントは221ページなのに777ページとカウントされていた本があり)


読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

ウナギの季節

ウナギの蒲焼に、背開きと腹開きがあり、地域によって違うとのこと。

ウナギ - Wikipedia
腹開きのウナギを蒸すと串から身がはずれてしまうため、関東では背開きにしていったん蒸し上げたものを焼く。関西では腹開きにし、蒸さずに焼く。九州では背開きで蒸さずに深めに焼くものが主流。

なるほど。
関東では背開き、関西では腹開き、さらに西の九州では背開き。
なんとなく、エスカレーターの右をあけるか、左をあけるかの分布に似ていて面白いな。

なお、個人的には、福岡県柳川のセイロ蒸しが今まで食べたウナギの中で一番だったと思います。
  comments (0) | trackbacks (0)

あとで読むに登録して見た

今は呼んでる時間がないけど、あとで読みたいな、
そんなウェブページの内容をHTMLメールで届けてくれるサービス「あとで読む」に登録してみました。
メールアドレスを登録すると、個別リンクのページがメールで送られてくるので、そのリンクをブラウザのブックマークレットとして登録することで、ウェブページを表示した状態で、ボタンひとつで「あとで読む」にメールが送られるようになります。
メールで送られるという点が他のサービスと違う点ですね。

たとえば、「このページ」を「後で読む」に送ると、以下のようなメールが届きます。


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

また、モバイル版もあって、そのページのテキストのみ、あるいは選択したテキストのみが登録した携帯メールに届きます。モバイル版は別に登録が必要で、ブラウザ用のブックマークレットも別に成ります。

たとえば、以下のようなメールが携帯に届きます。


ついでに、以下のようなボタンをこのブログの個別ページに設置してみました。
あとで読む


関連ニュース
[ウェブサービスレビュー]メールを使った情報収集ツール「あとで読む」
by CNET at 2010.07.24
  comments (0) | trackbacks (0)

VOICE

Perfumeっていえば、脚だよね、とどこかに書いた覚えがあるが、
ココまでくると、なんだかすごいな。。。

VOICE(初回限定盤)(DVD付)
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2010-08-11)
売り上げランキング: 157
  comments (0) | trackbacks (0)

傷はぜったい消毒するな


医学界で常識とされている傷や火傷の治療法は、実は治療を遅らせているという話。人間が本来持っている治癒力をりようすれば、痛みもなくもっとはやく完治する。
中世に行われていたことを昔の人はなんでこんなバカなことを信じてやってたんだろうねぇ、と思うことがあるが、今の我々が常識と思っていることも、将来、当時の人はなぜこんなバカげたことをやっていたんだろうと思われるようなことかもしれない。

最近、体の不調を訴える人が多いのも、必要以上に清潔・潔癖になった生活が、人間が本来持っている治癒力を阻害してしまっているせいなのかもしれない。

また、皮膚のこと、皮膚の上で細菌さんたちが何をやっているのかってことがとてもよくわかり、結構面白かった。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 なぜ「消毒せず、乾かさない」と傷が治るのか
第2章 傷の正しい治し方
第3章 ケガをしたら何科に行く?
第4章 私が湿潤治療をするようになったわけ―偶然の産物
第5章 消毒薬とは何か
第6章 人はなぜ傷を消毒し、乾かすようになったのか
第7章 「化膿する」とはどういうことか
第8章 病院でのケガの治療―ちょっと怖い話
第9章 医学はパラダイムの集合体だ
第10章 皮膚と傷と最近の絶妙な関係
第11章 生物進化の過程から皮膚の力を見直すと・・・
    ―脳は皮膚からつくられた?
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セルフのページ)
要するに、喫煙文化と同様の「消毒文化」がすでに成立していて、いまさら喫煙(消毒)が悪いといわれても「自分たちの文化を否定するのか」という反発が先にたってしまうのだ。(P82)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   176冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 40860ページ (1日平均36ページ) -556ページ
(ホントは221ページなのに777ページとカウントされていた本があり)


読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)
<<new  1 2 3 4 5 6 7  old>>   / 7