あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

VOICE

Perfumeっていえば、脚だよね、とどこかに書いた覚えがあるが、
ココまでくると、なんだかすごいな。。。

VOICE(初回限定盤)(DVD付)
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2010-08-11)
売り上げランキング: 157
  comments (0) | trackbacks (0)

傷はぜったい消毒するな


医学界で常識とされている傷や火傷の治療法は、実は治療を遅らせているという話。人間が本来持っている治癒力をりようすれば、痛みもなくもっとはやく完治する。
中世に行われていたことを昔の人はなんでこんなバカなことを信じてやってたんだろうねぇ、と思うことがあるが、今の我々が常識と思っていることも、将来、当時の人はなぜこんなバカげたことをやっていたんだろうと思われるようなことかもしれない。

最近、体の不調を訴える人が多いのも、必要以上に清潔・潔癖になった生活が、人間が本来持っている治癒力を阻害してしまっているせいなのかもしれない。

また、皮膚のこと、皮膚の上で細菌さんたちが何をやっているのかってことがとてもよくわかり、結構面白かった。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 なぜ「消毒せず、乾かさない」と傷が治るのか
第2章 傷の正しい治し方
第3章 ケガをしたら何科に行く?
第4章 私が湿潤治療をするようになったわけ―偶然の産物
第5章 消毒薬とは何か
第6章 人はなぜ傷を消毒し、乾かすようになったのか
第7章 「化膿する」とはどういうことか
第8章 病院でのケガの治療―ちょっと怖い話
第9章 医学はパラダイムの集合体だ
第10章 皮膚と傷と最近の絶妙な関係
第11章 生物進化の過程から皮膚の力を見直すと・・・
    ―脳は皮膚からつくられた?
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セルフのページ)
要するに、喫煙文化と同様の「消毒文化」がすでに成立していて、いまさら喫煙(消毒)が悪いといわれても「自分たちの文化を否定するのか」という反発が先にたってしまうのだ。(P82)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   176冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 40860ページ (1日平均36ページ) -556ページ
(ホントは221ページなのに777ページとカウントされていた本があり)


読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1