あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

ダメと言ってはダメ?

今週の週刊モーニングの「ドラゴン桜」の後ろの現役教師のコラムによると、
「ダメということばは、こどもにマイナスエネルギーを与えている」
ということです。
子どもに社会のルールを教える4つのパターンをあげています。
1.プラス思考の言い方
例「お箸を揃えて置くときれいだね」

2.直接指示、単純命令形
例「お箸を揃えて置きなさい」

3・マイナス思考の言い方(否定形)
例「お箸を揃えて置かないとだめでしょう」

4.人格を否定する言い方
例「お箸を揃えておけないの?まったくダメな子ね」

うーん、3番が多いかも、4番も言っちゃってるよなぁ。
1番は難しいよなぁ。
せめて2番でいくように心がけよう。

 

「ドラゴン桜」わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力
ドラゴン桜 東大合格をつかむ言葉161
  comments (0) | trackbacks (0)

とさかのあるティラノサウルス



とさかのあるティラノサウルスの化石が見つかったそうです。
土の中には、まだまだ私たちの知らない
地球の歴史がいっぱい眠っているんですね。
こんな夜は、「タイムマシンにおねがいタイムマシンにおねがい でも聞きながら、
太古の昔の夢でもみましょう。

とさか付きティラノサウルス、新種化石を中国で発見 asahi.com 2006/02/09
中国・新疆ウイグル自治区のジュラ紀後期(約1億5000万年前)の地層から、ティラノサウルス類の新種の化石が見つかった。冠のようなとさか状の突起があり、5色の地層がある場所で見つかったことから中国語で「五色の冠竜」を意味するコワンロン・ウーカイと名付けられた。中国と米国などの研究チームが、9日付の英科学誌ネイチャーに発表する。
  comments (0) | trackbacks (0)

金メダルと鰯のつみれ



「今度のトリノオリンピックのメダルって、
ドーナツみたいに穴が開いてるんだって」
というと、我が家のおかあさんは、
「予算削減なのかしらねぇ。
鰯のつみれも、前と同じ大きさかと思ったら、
真ん中がへこんでたものねぇ。
あれって、陰謀よねぇ。」

----
家族のおもしろエントリー書いたらあたしンちぴーぷるにトラックバック!
  comments (0) | trackbacks (0)

「ゆとり」から「言葉の力」へ。

やっと、意味を履き違えていたとしか思えないゆとり教育から転換するそうです。
続きはこちらで。
  comments (0) | trackbacks (0)

雪だるまとSnowMan



「雪だるまは英語で?」
「Snow Man!」
というのは間違いらしい。
SnowManは、脚部に相当する3段目があって、
それに鼻はにんじんと決まっているそうだ。
だから、脚のないだるまの「雪だるま」は
SnowManではないということです。

雪だるま3万個、ギネス挑戦断念 スノーマンしか認めず asahi.com 2006/02/09
毎年、札幌市の雪まつり期間中、雪だるまを大量に作ってギネスブック登録を目指したイベントが、中止に追い込まれた。02年から3万個以上を作ったが、あらゆる記録を登録するギネス社からも「スノーマンしか認めない」と回答があったからだ。今年は規模を縮小、雪まつり会場の一画で雪だるまを作り続けている。
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1