あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  old>>   / 29

2010年6月の読書のまとめ

2010年6月はここのところの平均的な読書量でした。

6月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1966ページ

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)
読了日:06月30日 著者:吉田 武
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21 C 188)デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21 C 188)
読了日:06月24日 著者:藻谷 浩介
サッカーの見方は1日で変えられるサッカーの見方は1日で変えられる
読了日:06月20日 著者:木崎 伸也
大人の時間はなぜ短いのか  (集英社新書)大人の時間はなぜ短いのか (集英社新書)
読了日:06月18日 著者:一川 誠
検診で寿命は延びない (PHP新書 669)検診で寿命は延びない (PHP新書 669)
読了日:06月15日 著者:岡田 正彦
お金で騙される人、騙されない人 (幻冬舎新書)お金で騙される人、騙されない人 (幻冬舎新書)
読了日:06月09日 著者:副島 隆彦
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
読了日:06月06日 著者:佐々木 俊尚
だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学 (光文社新書)だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学 (光文社新書)
読了日:06月02日 著者:石川 幹人

読書メーター



月別の推移
  comments (0) | trackbacks (0)

はやぶさ

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)
吉田 武
幻冬舎
売り上げランキング: 3436

満身創痍、ボロボロになりながら地球へと戻ってきた小惑星探査機「はやぶさ」の帰還は感動的でしたね。
そんな「はやぶさ」が行ってきた長旅について詳しく書かれています。また、たとえばイオンエンジンについてなども詳しく解説されています。
でもこの本は「はやぶさ」の本というよりは、「はやぶさ」へと続く宇宙研についての本という感じで、前半は、宇宙研の中心人物だった糸川博士についての話がメインです。

ただ、、、
糸川さんは偉大だ、糸川さんはすばらしい、糸川さんはすごい、糸川さんでなければできなかった、と連呼されると、池○先生は偉大だと連呼しているどこぞの学会の新聞を読んでる時と同じようなちょっといや〜な感じになってしまうところがちょっと残念。

〜 もくじ 〜
はじめに
プロローグ・挑戦
第吃堯‖臙呂了
 第1章 逆転の糸川英夫
 第2章 遺産から財産へ
 第3章 栄光、落胆、そして試練
第局堯‥袈の詩
 第4章 虹の彼方へ、星の世界へ
 第5章 「はやぶさ」への道
 第6章 旅のはじまり
 第7章 遂に来た、イトカワ!
第敬堯/祐屬了
 第8章 旅路の果てに
エピローグ・復活
終わりに

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
それは「成功か失敗か」ではなく、「成功も失敗も」と考えることである。「論理か情緒か」の決断ではなく、「論理も情緒も」共に活用する包容力である。(P93)

〜 もひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
良いも悪いもない、科学の世界は一番だけが評価されるシビアな世界である。一番以外は、二番も百番も同じである。科学の世界に「銀メダル」は存在しない。それは歴史上、唯一度だけ開催される大会で「金」を取った者だけが称賛され、それ以外は”評価ゼロ”とされる極めて過酷な勝負なのである。 (P183)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   168冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 38512ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

デフレの正体

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 340

これまでの日本の経済の浮き沈みはすべて、生産年齢人口の絶対数の推移で説明できてしまう。マクロ経済理論による対策では今の不況から脱出できない、と数々のデータをもとに説いています。
ちょっと強引な点もあるけど、内容はわかりやすく、また納得がいく説明です。
まさに目から鱗!
ただ、話し言葉で書かれていて読みにくいところがちょっと残念。

〜 もくじ 〜
まえがき
第1講 思い込みの殻にヒビを入れよう
第2講 国際経済競争の勝者・日本
第3講 国際競争とは無関係に進む内需の不振
第4講 首都圏のジリ貧に気づかない「地域間格差」論の無意味
第5講 地方も大都市も等しく襲う「現役世代の減少」と「高齢者の激増」
第6講 「人口の波」が語る日本の過去半世紀、今後半世紀
第7講 「人口減少は生産性上昇で補える」という思い込みが対処を遅らせる
第8講 声高に叫ばれるピントのずれた処方箋たち
第9講 ではどうすればいいのか
     高齢富裕層から若者への所得移転を
第10講 ではどうすればいいのか
     女性の就労と経営参加を当たり前に
第11講 ではどうすればいいのか
     労働者ではなく外国人観光客・短期定住客の受入を
補 講 高齢者の激増に対処するための「船中八策」
おわりに
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
この事態を招いた最大の原因が、「日本人の加齢に伴う生産年齢人口減少」という事態の本質を無視し、起きていることを無理やりに「景気循環」だけで説明してしまうことです。(P264)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   167冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 38217ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

サッカーの見方は1日で変えられる

サッカーの見方は1日で変えられる
木崎 伸也
東洋経済新報社
売り上げランキング: 238

サッカーが好きな人にとっては、残念ながらコレといって目新しいことは書いてありません。
でも、サッカーの戦術について、これほどわかりやすく整理された本はないかもしれない。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 いいチーム、悪いチームの見分け方【基本編】
    −攻守の本質をつかむ4つのポイント
第2章 いいチーム、悪いチームの見分け方【中級編】
    −「攻守の切り替え」で見るべき4つのポイント
第3章 いいチーム、悪いチームの見分け方【上級編】
    −ゴールを決めるために大切な2つのポイント
第4章 いい選手、悪い選手の見分け方【FW・MF編】
第5章 いい選手、悪い選手の見分け方【DF・GK編】
第6章 いい監督、悪い監督の見分け方
第7章 プロスカウトはどこを見ているか
第8章 現時点の最も高度なサッカーとは
おわりに
特別付録1 オランダ版バイタルエリア
特別付録2 モウリーニョ監督がチェルシー時代に選手に配ったスカウンティングレポート
特別付録3 本書の「見方」であの選手・チームを採点!

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
どこを見ていいかわからないほど複雑で、いろんな解釈ができるからこそ、サッカー観戦は面白いのだ。サッカーは芝生の上の「格闘技」であり、芝生の上の「チェス」でもある。(P19)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   166冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 37947ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

大人の時間はなぜ短いのか

大人の時間はなぜ短いのか  (集英社新書)
一川 誠
集英社
売り上げランキング: 85227

歳をとると子供のころに比べて時間が短く感じられるのはなぜか?
いや、それだけではない、その日の体調によって、あるいはやっていることによって、時間は長くなったり短くなったりする。
人が感じている時間はすべて正確な時間とは異なっており、場合によっては、順番さえも間違って認識してしまう。
そんなメカニズムを科学的に解明しようとした本ですが、残念ながら答えは出ていません。

今目の前に起きていると思っている事象も、実際には数十ミリ秒から数百ミリ秒前に起きたことなのだ、というのは、考えてみれば当たり前なんだけど、目から鱗でした。

そして、科学技術の進歩とともに、高速の移動手段を手に入れ、高速に大量の情報を入手できるようになって、その結果、人間が本来持っている自分の時間とは異なる、時計の時間に合わせることを強制されるようになっており、その結果、いろいろなひずみが生まれているのではないか、という話は全くその通りだと思いました。
でも、だからどうすればいいのか、というと、結論はまだでていない。。。

〜 もくじ 〜
まえがき
第1章 時間って何だろう?
第2章 私たちは下界をどう知覚しているのか
第3章 時間に関わる知覚はどう処理されるか
第4章 人間が体験する時間の特性とは?
第5章 時間の長さはなぜ変わるのか?
第6章 現代人をとりまく時間の様々な問題
第7章 道具としての時間を使いこなす
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
人間の作り出した、この時計の時間に合わせて生活することで、人間がわに不都合が生じるとしたら、それは道具の使い方が悪いということだろう。(略)
道具に人間を合わせるのではなく、人間のがわの諸制約を理解し、それに合わせて道具の使い方を変えたり、道具を作り替えたりするべきだろう。(P178)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   165冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 37754ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

検診で寿命は延びない

検診で寿命は延びない (PHP新書 669)
岡田 正彦
PHP研究所
売り上げランキング: 30957

統計的な調査結果によると、毎年健康診断や人間ドックを受けても寿命が延びることはないというお話。
場合によっては逆に寿命を縮めることもあるということなので、健診を受ける際は、そういうこともあると認識して受ける必要があります。

個人的には、毎年の人間ドックの胃透しの検査で、バリウムを飲むこと自体はさほど苦ではないのですが、そのあとの下剤が効きすぎて、その日一日仕事にならず、健康な体をこんな不健康な状態にしないといけない検査って何なんだって思っていたので、まさに目から鱗です。
はやく、体を痛めつけない検査方法を確立してほしいものです。

ただ、この"統計的"というのは、ちょっと食わせ者で、数値の使い方次第でどのような結果にも、つまり自分がもっていきたい結果に持っていけることが多い。
統計の結果、健診を受けても受けなくても寿命は変わらないというのは、たとえば、健診を受けなかった場合、10人のうち9人は本来の寿命「10」を全うしたけど1人はガンで「3」で亡くなった場合、全員の平均寿命は「9.3」です。
そして健診を受けた場合、9人は検診によって逆に「9.3」に寿命が縮まってしまったけど、1人はガンの早期発見で他の人と同じ「9.3」まで生き延びることができた。
そんな感じだと思うのですが、自分がその1人でないとも言えないわけで・・・

いろいろな検査が何を何のために検査しているのか、その効果や逆に後遺症はどんなものがあるのか、ということがよくわかった点はとてもよかったです。
他方、行政がなぜ健診を推奨するのか、その裏の意味もよくわかった気がします。

〜 もくじ 〜
まえがき
第1章 なぜ健診を受けなければいけないのか
第2章 検査の意味を知っておこう
第3章 がん検診のナンセンス
第4章 目的がわからない人間ドック
第5章 怪しげなメタボ健診
第6章 脳ドックの隠された目的とは
第7章 検査データを忘れて気楽に生きよう
あとがき
参考文献

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
メタボ騒動から(乗り遅れならぬ)降り遅れて、いまだに騒いでいるのは、世界中で日本だけという感じになってきています。(P143)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   164冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 37548ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

お金で騙される人、騙されない人

お金で騙される人、騙されない人 (幻冬舎新書)
副島 隆彦
幻冬舎
売り上げランキング: 1419

各種金融商品のカラクリを説明してくれている点はとっても役に立つのですが、、、
いろいろな金融商品がいかにデタラメなものか、
だから銀行の定期貯金が一番、
でも銀行も信用ならない、
そうするとタンス貯金しろってことなのか、
いやお金も信用できない、
何か高価な物と交換しろ、
と言ってるように読めたが、これはなんだか違う気がする。

〜 もくじ 〜
まえがき
第一章 あなたのお金は銀行、証券、生保に狙われている
第二章 金融業界は鬼の巣窟
第三章 「騙されない」と思う人ほど騙される
第四章 グローバルに仕組まれた金融商品の罠
第五章 大事な資産を守り抜くために
消費者生活センター一覧
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
女どうしでは真実は言ってはいけないことになっています。女どうしに友情は成り立ちません。(P98)

〜 もひとつ 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
日本政府がやっていることは、アメリカ政府に引きずられて、悪い付き合いをさせられている結果です。無理失理、不良の付き合いをさせられている少年少女のようなものですから、かわいいものです。(P101)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   163冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 37307ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

電子書籍の衝撃

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
佐々木 俊尚
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 211

佐々木 俊尚さんが日本の出版業界の状況、抱える問題、そしてキンドルやiPadの登場によって、今後、書籍の流通がどのような形に変わっていくか、ということについて、とてもわかりやすく解説してくれています。
また電子ブックに関するアマゾン、アップル、グーグルそれぞれの考え方の違いなどもとてもわかりやすい。
マスメディアによる宣伝や書店に平積みされた本が売れる時代は終わり、各自が自分が所属している小さな範囲のソーシャルメディアの中で得た情報をもとに書籍を購入するようになるというのは、確かにその通りだと思います。
ただ、その結果、電子書籍に移るかというと、個人的にはその点はちょっと疑問を感じます。このあたりはそのうち別のエントリーで書きたいな。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 iPadとキンドルは、何を変えるのか?
第2章 電子ブック・プラットフォーム戦争
第3章 セルフパブリッシングの時代へ
第4章 日本の出版文化はなぜダメになったのか
終章  本の未来
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
最も大切なのは、
「読者と優秀な書き手にとっての最良の読書空間を作ること」
です。決して出版業界の給料を高止まりさせたり、雇用を維持することを目的にしてはならないのです。(P244)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   162冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 37108ページ (1日平均35ページ)
\(^O^)/ 1日の平均ページ数が1ページ増えた!

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

だまされ上手が生き残る

だまされ上手が生き残る 入門! 進化心理学 (光文社新書)
石川 幹人
光文社
売り上げランキング: 21217

誰にでもすぐだまされて、オレオレ詐欺に振り込んだり、あやしげな宗教法人からバカ高い壺を買っちゃったりする人が長生きする、という話ではありません。
そういう人はだまされ上手とは言いませんね。
はるか昔の狩猟時代において、仲間を裏切るような騙す側の人は仲間からはずされて淘汰され、騙される側の人だけが生き延びてきたという進化心理学のお話。
そして情報過多の現代において、どうやってだまされ上手な生き方をしたらいいかというお話。
わかるような、わからないような、なんだか騙されているような気がしちゃうのはなぜだろう・・・

〜 もくじ 〜
序 章 恐怖を手なずける
第1章 人間を生み出した進化の原理
第2章 遺伝子の生存競争
第3章 わかりあえないオスとメス
第4章 狩猟採集民の脳と心
第5章 人間は「協力するサル」である
第6章 文明社会への適応戦略―信頼の転換
第7章 現代社会の行きにくさにせまる
終 章 だまされ上手の極意
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
 「知能は遺伝が半分、教育が半分である」(P64)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   161冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 36805ページ (1日平均34ページ)

読書メーカー - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

2010年5月の読書のまとめ

5月は最初の1冊を読むのに2週間もかかってしまったので、今月は少なくなっちゃうなぁ、と思ったけど、後半盛り返して、読書メーターにまとめ機能がついた2008年11月以降ではもっとも多い冊数、ページ数となりました。
はじめての2500ページ以上!
基本的に読書タイムは朝晩の通勤電車の中なのですが、5月は休日も本を読むことがあったので多くなったようです。そうか、Jリーグがお休みだから?

5月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2728ページ

欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くと欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くと
読了日:05月30日 著者:小霜和也
子どもの将来は「寝室」で決まる (光文社新書)子どもの将来は「寝室」で決まる (光文社新書)
読了日:05月29日 著者:篠田有子
Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」
読了日:05月27日 著者:ダン・ショーベル
ツイッターノミクス TwitterNomicsツイッターノミクス TwitterNomics
読了日:05月24日 著者:タラ・ハント 津田 大介(解説)
博多ルール博多ルール
読了日:05月23日 著者:都市生活研究プロジェクト[博多チーム]
ロボットは涙を流すか (PHPサイエンス・ワールド新書)ロボットは涙を流すか (PHPサイエンス・ワールド新書)
読了日:05月22日 著者:石黒 浩,池谷 瑠絵
予定不調和 (DIS+COVERサイエンス)予定不調和 (DIS+COVERサイエンス)
読了日:05月21日 著者:長神 風二
「いい人」はなぜガンになりやすいのか (青春新書INTELLIGENCE)「いい人」はなぜガンになりやすいのか (青春新書INTELLIGENCE)
読了日:05月20日 著者:最上 悠
アップル、グーグル、マイクロソフト クラウド、携帯端末戦争のゆくえ (光文社新書)アップル、グーグル、マイクロソフト クラウド、携帯端末戦争のゆくえ (光文社新書)
読了日:05月17日 著者:岡嶋 裕史
かなり変だぞ「クラシック通」 (幻冬舎ルネッサンス新書)かなり変だぞ「クラシック通」 (幻冬舎ルネッサンス新書)
読了日:05月14日 著者:神沼 遼太郎
デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方 (ハヤカワ新書juice)デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方 (ハヤカワ新書juice)
読了日:05月12日 著者:ティム ブラウン

読書メーター



読書メーターにまとめ機能がついた2008年11月以降の月別グラフ。
  comments (0) | trackbacks (0)
<<new  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  old>>   / 29