あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 日本 vs パラグアイ orz... PK負け | main | はやぶさのビデオ−その1 >>

はやぶさ

はやぶさ―不死身の探査機と宇宙研の物語 (幻冬舎新書)
吉田 武
幻冬舎
売り上げランキング: 3436

満身創痍、ボロボロになりながら地球へと戻ってきた小惑星探査機「はやぶさ」の帰還は感動的でしたね。
そんな「はやぶさ」が行ってきた長旅について詳しく書かれています。また、たとえばイオンエンジンについてなども詳しく解説されています。
でもこの本は「はやぶさ」の本というよりは、「はやぶさ」へと続く宇宙研についての本という感じで、前半は、宇宙研の中心人物だった糸川博士についての話がメインです。

ただ、、、
糸川さんは偉大だ、糸川さんはすばらしい、糸川さんはすごい、糸川さんでなければできなかった、と連呼されると、池○先生は偉大だと連呼しているどこぞの学会の新聞を読んでる時と同じようなちょっといや〜な感じになってしまうところがちょっと残念。

〜 もくじ 〜
はじめに
プロローグ・挑戦
第吃堯‖臙呂了
 第1章 逆転の糸川英夫
 第2章 遺産から財産へ
 第3章 栄光、落胆、そして試練
第局堯‥袈の詩
 第4章 虹の彼方へ、星の世界へ
 第5章 「はやぶさ」への道
 第6章 旅のはじまり
 第7章 遂に来た、イトカワ!
第敬堯/祐屬了
 第8章 旅路の果てに
エピローグ・復活
終わりに

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
それは「成功か失敗か」ではなく、「成功も失敗も」と考えることである。「論理か情緒か」の決断ではなく、「論理も情緒も」共に活用する包容力である。(P93)

〜 もひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
良いも悪いもない、科学の世界は一番だけが評価されるシビアな世界である。一番以外は、二番も百番も同じである。科学の世界に「銀メダル」は存在しない。それは歴史上、唯一度だけ開催される大会で「金」を取った者だけが称賛され、それ以外は”評価ゼロ”とされる極めて過酷な勝負なのである。 (P183)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   168冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 38512ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------