あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 今週の仮面ライダー 6月6日号 | main | オーケストラな午後 >>

電子書籍の衝撃

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
佐々木 俊尚
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 211

佐々木 俊尚さんが日本の出版業界の状況、抱える問題、そしてキンドルやiPadの登場によって、今後、書籍の流通がどのような形に変わっていくか、ということについて、とてもわかりやすく解説してくれています。
また電子ブックに関するアマゾン、アップル、グーグルそれぞれの考え方の違いなどもとてもわかりやすい。
マスメディアによる宣伝や書店に平積みされた本が売れる時代は終わり、各自が自分が所属している小さな範囲のソーシャルメディアの中で得た情報をもとに書籍を購入するようになるというのは、確かにその通りだと思います。
ただ、その結果、電子書籍に移るかというと、個人的にはその点はちょっと疑問を感じます。このあたりはそのうち別のエントリーで書きたいな。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 iPadとキンドルは、何を変えるのか?
第2章 電子ブック・プラットフォーム戦争
第3章 セルフパブリッシングの時代へ
第4章 日本の出版文化はなぜダメになったのか
終章  本の未来
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
最も大切なのは、
「読者と優秀な書き手にとっての最良の読書空間を作ること」
です。決して出版業界の給料を高止まりさせたり、雇用を維持することを目的にしてはならないのです。(P244)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   162冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 37108ページ (1日平均35ページ)
\(^O^)/ 1日の平均ページ数が1ページ増えた!

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------