あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< イングランド vs スロベニア | main | \(^O^)/ 日本、デンマークに勝利!!! >>

デフレの正体

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 340

これまでの日本の経済の浮き沈みはすべて、生産年齢人口の絶対数の推移で説明できてしまう。マクロ経済理論による対策では今の不況から脱出できない、と数々のデータをもとに説いています。
ちょっと強引な点もあるけど、内容はわかりやすく、また納得がいく説明です。
まさに目から鱗!
ただ、話し言葉で書かれていて読みにくいところがちょっと残念。

〜 もくじ 〜
まえがき
第1講 思い込みの殻にヒビを入れよう
第2講 国際経済競争の勝者・日本
第3講 国際競争とは無関係に進む内需の不振
第4講 首都圏のジリ貧に気づかない「地域間格差」論の無意味
第5講 地方も大都市も等しく襲う「現役世代の減少」と「高齢者の激増」
第6講 「人口の波」が語る日本の過去半世紀、今後半世紀
第7講 「人口減少は生産性上昇で補える」という思い込みが対処を遅らせる
第8講 声高に叫ばれるピントのずれた処方箋たち
第9講 ではどうすればいいのか
     高齢富裕層から若者への所得移転を
第10講 ではどうすればいいのか
     女性の就労と経営参加を当たり前に
第11講 ではどうすればいいのか
     労働者ではなく外国人観光客・短期定住客の受入を
補 講 高齢者の激増に対処するための「船中八策」
おわりに
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
この事態を招いた最大の原因が、「日本人の加齢に伴う生産年齢人口減少」という事態の本質を無視し、起きていることを無理やりに「景気循環」だけで説明してしまうことです。(P264)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   167冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 38217ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------