あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  17 18 19 20 21 22 23 24 25 26  old>>   / 29

セブン‐イレブンの正体

セブン‐イレブンの正体
金曜日
発売日:2008-12
おすすめ度:4.0


トーハンが配本を拒否したといううわさの本。
そんなわけで普通なら書店で手に取ることもなかったであろうこの本をアマゾンでポチっとしてしまいました。
多少誇張されている部分もあるかもしれないし、逆に偏った内容の部分もあるかもしれないけれど、多くは真実なんでしょうね。
さて、こんな体制はいつまで続くのだろうか・・・

〜 目次 〜
1 "本部一人勝ち"の金儲けのカラクリ
2 加盟店からの不当ピンハネ疑惑
3 人気商品「おでん」の裏側
4 「オーナーを監視せよ」黒い社内体質
column−セブン-イレブンを見限る加盟店オーナー
5 使い捨てられる取引業者たち
6 四六時中見張られる商品配送ドライバー
7 "鈴木敏文王国"に屈する大メディア
8 意見封じられる「24時間営業」問題
あちがきに代えて 潜入ルポ セブン-イレブン弁当工場の内側

これで、2007年07月13日以降、、、
読んだ本の数  41冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 9842ページ (1日平均18ページ)+215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*) 1冊ページ数がカウントされていない本があり。

My関連エントリー
トーハンが配本拒否した本? at 2008.12.20
本が届いた at 2008.12.26
  comments (0) | trackbacks (0)

こまった人

こまった人 (中公新書)
中央公論新社
発売日:2005-10
おすすめ度:4.0


養老孟司さんのエッセイです。
タイトルの「こまった人」についての記載はほとんどありません。
「こまった」は人だけではないということですね。
ここに書かれているのは、作者の意見ではなく、作者の感想。
そんなわけで気楽に読める本です。
内容的には当然のことながら、共感できるものもあれば、「それはちょっと違うんじゃない?」というものもあります。
感じ方は人それぞれ。

〜 目次 〜
I 2003.06〜2004.02
供2004.03〜.09
掘2004.10〜2005.03
検2005.04〜.10
あとがき


これで、2007年07月13日以降、、、
読んだ本の数  40冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 9719ページ (1日平均18ページ)
あれっ?
冊数はカウントされたけど、ページ数がカウントされていないぞ!
215ページあったのに。

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

世界と日本経済30のデタラメ



ウソ、デマがまかり通っているのは環境問題だけじゃない!
経済関係についてもデマだらけ!
特に最近では、いろんなメディアの中でもっとも信用できないのがテレビだったりします。
そんなデマにも2通りあって、ひとつは意図的に行われる情報操作的なデマ、もうひとつは本人は信じ込んでいるデマ。
どっちにしても、誰が言っていようと鵜呑みにせず、複数の情報元から情報を入手して、自分なりに判断することが必要ですね。
そんな訳で、この本に書いてあることについても100%真実だとは限らない。

〜 目次 〜
序 なぜこんなにデタラメが溢れかえるのか
デタラメ1 いまの不況は構造改革を後退させたから
デタラメ2 世界同時不況には戦争以外の解決策がない
デタラメ3 欧米金融機関が破綻のいま日本の金融機関のチャンスだ
デタラメ4 アメリカの金融資本主義は崩壊する
デタラメ5 不況対策に公共投資のバラマキはまったく効かない
デタラメ6 ムダな支出を減らせば増税は必要ない
デタラメ7 「埋蔵金」を使えば不況は脱出できる
デタラメ8 非正規雇用を規制すると日本経済は活力を失う
デタラメ9 時価会計が緩和されてこれからは会計不正が増える
デタラメ10 日本企業の停滞は株主重視の姿勢が足りないから
デタラメ11 日本は民営化が遅れたので経済が活性化しない
デタラメ12 日本は「大きな政府」だから経済が停滞している
デタラメ13 公務員が多いせいで日本経済はだめになった
デタラメ14 医療も民営化すれば診療のレベルが上がる
デタラメ15 公的年金はいずれ破綻するから保険料は払い損
デタラメ16 日本は医療費が多すぎるから保険制度が破綻する
デタラメ17 日本の所得格差は高齢化で生じたにすぎない
デタラメ18 日本は先進国でトップクラスの格差社会になった
デタラメ19 人口が減少するので外国人労働者の受入れは不可避だ
デタラメ20 株式が暴落すると大勢の投資家が自殺する
デタラメ21 ドルはまもなく基軸通貨から転落する
デタラメ22 世界経済はユダヤ人が支配している
デタラメ23 燃料電池が実用化されればエネルギー問題は解決する
デタラメ24 バイオエタノールを製造すると食糧がなくなる
デタラメ25 日本に資源は少ないが、水だけは豊富にある
デタラメ26 排出量取引をすれば二酸化炭素の排出量は減少する
デタラメ27 もっとIT化すれば日本の労働生産性も上がる
デタラメ28 インターネットで「集合知」を活用すれば未来は明るい
デタラメ29 ネットワークの構築で効率のよい経済が実現する
デタラメ30 企業の合併と買収で日本の経済は活性化する
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  39冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 9719ページ (1日平均18ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

トーハンが配本拒否した本?

セブン‐イレブンの実情を記載した「セブン‐イレブンの正体」という本が出版物取次最大手のトーハンによって書店への配本を拒否されており、書店に並びにくくなっているというのをmixiで知りました。
トーハンの現副会長で、セブン・イレブン・ジャパンの会長でもある鈴木敏文が不利益をこうむる内容だからというのがトーハンの配本拒否の理由だそうです。
トーハンがそこまでやるなら、「これは読んでみる価値があるかも!」 と思って、12/14の深夜、アマゾンで購入依頼しました。
その時には他の本と同様に、有料の「お急ぎ便」なら翌日には、通常便でも2008/12/20 - 2008/12/25に配達予定となっていたのですが、12/18にアマゾンさんから以下のようなメールが。
先日ご注文いただきました下記の商品につきまして、予定しておりました発送予定日に変更がございます。

古川 琢也 (著), 金曜日取材班 (著)
"セブン‐イレブンの正体"

上記商品につきましては、ご注文時にご案内しておりました発送予定日までに商品を発送するよう努めてまいりましたが、現時点では、上記商品の確保が出来ておりません。
現時点での最新の発送予定日は下記になります。
お待たせして申し訳ありませんが、継続して商品の調達に努めてまいりますので、商品の発送まで今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

古川 琢也 (著), 金曜日取材班 (著)
"セブン‐イレブンの正体" [単行本]
発送予定日: 2009-01-16 - 2009-01-30

なお、当サイトでは取次店から調達が出来ない旨の連絡が入るまでは、商品の入荷に努めてまいりますが、商品の調達が出来ないことが確定した場合には、Amazon.co.jp利用規約にもとづきやむを得ずキャンセルさせていただく場合がございますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

ありゃま。
トーハンさんが配本拒否したことで、普通なら書店で手に取ることもなかったであろう私も購入しようと思っちゃったわけですが、この配本拒否が逆に宣伝になっちゃったってことがよくわかりますね。
まぁ、あわてて読まないといけない本でもないので、1月16日以降まで気長に待つことにします。

関連ブログ
トーハンが『セブン―イレブンの正体』の委託配本を拒否
by ルポライターFの取材(じゃないことも書く)日記 at 2008.12.11
♪セブンイレブンやな気分♪
by ネットゲリラ at 2008.12.12
【ミニ情報】大手取次トーハンが告発本『セブン−イレブンの正体』を前代未聞の配本拒否
by 東京アウトローズWEB速報版 at 2008.12.12
トーハン、セブンイレブン告発本の取次を拒否
by social web rambling at 2008.12.13
  comments (0) | trackbacks (0)

科学者たちの奇妙な日常



女性科学者の作者が自身の経験も交えて、科学者への道について、および科学者になってからについて述べている本です。
でも、タイトルにあるような「奇妙な」日常はほとんどありません。
科学者といえども、他人と話もせずに、研究室に籠もって自分の研究を一人でコツコツやっている訳ではないということです。

〜 目次 〜
第0章 「どうして科学者なんかに?」
第一章 科学者の生態分析
第二章 研究で稼ぐには?
第三章 研究をオモテに出す
第四章 博士はどこにいる?
第五章 これができなきゃ科学者じゃない!
第六章 あなたはどの科学者タイプ?
第七章 拝啓総理大臣様 科学立国にするおつもりあって?
おわりに

これで、2007年07月13日以降、、、
読んだ本の数  38冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 9518ページ (1日平均18ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

世界のオモシロお仕事集



タイトルそのままの本です。
ただ奇妙な仕事の紹介だけでなく、そのような仕事が必要になった背景やその国の文化なども含めて紹介してくれています。
もっとも、「えーっ?そんな仕事があるのぉ?」とびっくり仰天しちゃうような内容はあまりなかったような・・・

〜 目次 〜
まえがき
第1章 世界は不思議なお仕事でいっぱい!
第2章 あのお仕事のギャラはおいくら?
第3章 本当にあるんすか、そんなお仕事!?
第4章 日本はオモシロお仕事大国
第5章 あなたの天与の才を活かせるビジネス
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  37冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 9304ページ (1日平均17ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

九代将軍は女だった!



教科書で習った歴史は事実とは異なる、というこの手の歴史書って面白くて好きです。もっとも、この本に書いてある事だって100%真実とは限りません。だから歴史は面白い。
NHK大河ドラマ「篤姫」の影響でとくに江戸時代に興味があるおとうさんでした。
もっとも今回の本については、女将軍の話以外はいまひとつ面白さにかけていたように思います。

〜 目次 〜
はじめに −まったく新しい江戸時代の実像
第一章 誰も書かなかった女将軍・家重
第二章 虚像と密約だらめの徳川家康
第三章 世を揺るがした大事件の真相
第四章 大名たちの七転八倒
第五章 混乱と動乱 −幕末の真相

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  36冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 9117ページ (1日平均17ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

著作権という魔物

著作権という魔物 (アスキー新書 65) (アスキー新書)
アスキー・メディアワークス
発売日:2008-05-12
おすすめ度:3.0


著作権の関係者に話を聞いてまわった本。
誰も今のままでいいとは思っていないが、誰もどうしたらいいのかわかっていないということがわかるだけで、結論は出ていない。

〜 目次 〜
プロローグ まだ見ぬ領域へ
1 テレビ局を震撼させた下町の小さな商店
2 ロケフリは何をもたらすのか
3 録画ネットはなぜ違法とされたのか
4 ココロジストと著作権(前編)
5 ココロジストと著作権(後編)
6 米国に見る日本の未来
7 日本ブランドは世界に流通するのか
8 停滞し続ける日本のビジネス
9 権利者にとっての著作権
10 著作権の番人「JASRAC」
11 テレビに未来派あるのだろうか(前編)
12 テレビに未来派あるのだろうか(中編)
13 テレビに未来派あるのだろうか(後編)
14 著作権法の問題点について考える
15 ネットの自由を守るため
16 自由競争の果てにあるもの
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  35冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 8913ページ (1日平均17ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

世界でいちばんやる気がないのは日本人



アメリカのコンサルティング会社の調査結果によると、世界でもっともやる気がないのは日本だというショキングな結果が得られた。
その原因は、本来の目的を理解しないで形だけ導入した成果主義と目標管理制度および管理者の能力不足にあり、今後の日本は欧米型ではなく、北欧型の方式を取り込むのがよいと進言する本。
中々説得力のある内容です。
やる気のある社会にするには、会社、管理者が変わるだけではなく、各個人も甘えの体質を見直し、自らのキャリアプランをたて、それに向かって努力しなければならない。

〜 目次 〜
はじめに
序章 世界でいちばんやる気がないのは日本人?
第1章 やる気を失った日本人と成果主義
第2章 日本人上司とスウェーデン人上司の違い
第3章 「やる気」のメカニズムを解剖する
第4章 日本人管理職は、なぜ部下のやる気を失わせるのか
第5章 甘えたいから、ワガママを言わない日本人
第6章 私の「マネジメント・バイアウト」
第7章 ヴァイキングの教え

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  34冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 8664ページ (1日平均16ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

仏教ではこう考える



浄土真宗のお坊さんが仏教について書いた本ですが、仏教の「教え」について書いたものではなく、仏教の教えの基本となっている考え方について説明した本です。
前半は京都新聞にて連載されていた読者からの質問に答えたもので、後半はいくつかの話について掘り下げて解説されたものですが、内容は多岐に渡っており、また仏教以外の宗教との考え方の比較や、同じ仏教でも宗派によるちがいなどについても書いてあり、とてもわかりやすく、また堅苦しくなくて読みやすい本でした。

ところで、作者によれば、なまめかしさナンバーワンの仏像は、奈良の秋篠寺の伎芸天像だそうですので、これはぜひ拝見しにいかなくては。

〜 目次 〜
はじめに
第一部 紙上問答編
 質問一から質問五十三まで
第二部 日々の問答編
 その一 嫁に来たのにウチの宗旨にならなくてもいいんですか(怒)!
 その二 うちのおばあちゃん、どこへ行ったんでしょうか?
 その三 娘が霊感体質なので、すぐに霊がとり憑いて・・・・・
 その四 それ、やらなあかんのですか?
 その五 なんで正座しなきゃいけないんですか?
 その六 宗教はいらないけど、お墓は欲しいのよ!
 その七 お坊さん、殴られたら殴り返しますか?
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数 33冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 8474ページ (1日平均16ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)
<<new  17 18 19 20 21 22 23 24 25 26  old>>   / 29