あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Pownceがサービス終了 | main | J1最終節\(^O^)/川崎勝利! >>

仏教ではこう考える



浄土真宗のお坊さんが仏教について書いた本ですが、仏教の「教え」について書いたものではなく、仏教の教えの基本となっている考え方について説明した本です。
前半は京都新聞にて連載されていた読者からの質問に答えたもので、後半はいくつかの話について掘り下げて解説されたものですが、内容は多岐に渡っており、また仏教以外の宗教との考え方の比較や、同じ仏教でも宗派によるちがいなどについても書いてあり、とてもわかりやすく、また堅苦しくなくて読みやすい本でした。

ところで、作者によれば、なまめかしさナンバーワンの仏像は、奈良の秋篠寺の伎芸天像だそうですので、これはぜひ拝見しにいかなくては。

〜 目次 〜
はじめに
第一部 紙上問答編
 質問一から質問五十三まで
第二部 日々の問答編
 その一 嫁に来たのにウチの宗旨にならなくてもいいんですか(怒)!
 その二 うちのおばあちゃん、どこへ行ったんでしょうか?
 その三 娘が霊感体質なので、すぐに霊がとり憑いて・・・・・
 その四 それ、やらなあかんのですか?
 その五 なんで正座しなきゃいけないんですか?
 その六 宗教はいらないけど、お墓は欲しいのよ!
 その七 お坊さん、殴られたら殴り返しますか?
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数 33冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 8474ページ (1日平均16ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------