あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< マルチツールMicro-Max 19-in-1 | main | Apple Storeのアフェリエイト終了 >>

著作権という魔物

著作権という魔物 (アスキー新書 65) (アスキー新書)
アスキー・メディアワークス
発売日:2008-05-12
おすすめ度:3.0


著作権の関係者に話を聞いてまわった本。
誰も今のままでいいとは思っていないが、誰もどうしたらいいのかわかっていないということがわかるだけで、結論は出ていない。

〜 目次 〜
プロローグ まだ見ぬ領域へ
1 テレビ局を震撼させた下町の小さな商店
2 ロケフリは何をもたらすのか
3 録画ネットはなぜ違法とされたのか
4 ココロジストと著作権(前編)
5 ココロジストと著作権(後編)
6 米国に見る日本の未来
7 日本ブランドは世界に流通するのか
8 停滞し続ける日本のビジネス
9 権利者にとっての著作権
10 著作権の番人「JASRAC」
11 テレビに未来派あるのだろうか(前編)
12 テレビに未来派あるのだろうか(中編)
13 テレビに未来派あるのだろうか(後編)
14 著作権法の問題点について考える
15 ネットの自由を守るため
16 自由競争の果てにあるもの
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  35冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 8913ページ (1日平均17ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------