あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  old>>   / 29

怒らない技術

怒らない技術 (フォレスト2545新書)
嶋津良智
フォレスト出版
売り上げランキング: 583

最近、イライラすることが多いので、ついつい手にとってしまったが、、、
「そんなことはわかっとるわい、それができないからイライラするんじゃぁ!」
てなことがいくつも列挙してあって、
まことに予想した通りの本なのでした。
あっ、イライラしたら負けだっけ?

〜 もくじ 〜 
プロローグ 心と感情が人生を変える!
PART1 怒らない技術
 第1章 人生をうまくいかせるための「3つのルール」
 第2章 「あなたの感情」はあなた自身が決めている!
 第3章 感情コントロールは人生コントロール
PART2 怒り・イライラと無縁になる25の習慣
 第4章 「イライラ」を感じなくなる習慣
 第5章 自分を気持ちよくする習慣
 第6章 今すぐ怒り・イライラが消える11の特効薬
あとがき


〜 なるほどな一文 〜 
悔しさは胸にしまっておきます。そうしないと、次も失敗する可能性が高くなってしまうからです。コントロールできない過去よりも、変えていける未来にかけます。(P87)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 
自分を支配しているのは、出来事そのものではなく、その受け止め方です。もともとの出来事には何の意味もなく、出来事に意味をつけているのは自分自身です。(P105)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   214冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 48860ページ (1日平均40ページ)
\(^O^)/ 1日平均ページが1ページ増えた!

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

「つながり」を突き止めろ


ネットワークの話、といっても、インターネットの話でも、孫社長が好きな「光の道」の話でもありません。
人と人とのネットワークの話です。
中々面白いです。特に結果がどうにでもなってしまう性的接触ネットワークのシミュレーションの話など。
でも一方で、人と人とのつながりは見えないから、わからないから人生は面白いという側面も持ってますけどね。

〜 もくじ 〜
はじめに―ネットワークの怖さと魅力
第1章 対ゲリラ戦略と米軍マニュアル
第2章 電子メールから浮かび上がる業務遂行ネットワーク
第3章 SNSの人脈連鎖
第4章 広告作品「カレシの元カノの元カレを、知っていますか。」
第5章 知人の連鎖と新型インフルエンザつながり
第6章 弱い絆の強さと弱さ
終 章 "入る"を制する
参考文献
あとがき」−橋を燃やす
索引

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
人間の行為や嗜好、信条を決定するのは、性別や年齢、生まれついての傾向などではない。学歴や出身地でもない。それは、その人が誰と共に過ごしたか、誰に取り囲まれているか。誰に影響を受けるか、誰に影響を与えようとしているのか。すなわちその人を取り囲むネットワークなのだ。(P29)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
片づけられないのは怠惰だからと思ったら大間違いである。実は、こういう人は、怠け者どころか、けっこう活動家なのだ。活動家だからこそ、片付かないのだ。つまり、一つのことを完遂しないままに次々、新たな行動をしていくので、やりかけが蓄積し、家中が惨憺たるものになる(P220)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   213冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 48662ページ (1日平均39ページ)
ありゃ、、1日平均ページが1ページ減っちゃった。

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

父として考える

父として考える (生活人新書)
東 浩紀 宮台 真司
日本放送出版協会
売り上げランキング: 7114

父親になったことで、世の中のいろいろなことに対する考え方や感じ方が変わったという2人、東 浩紀さんと宮台 真司さんが対談しながらそれぞれの思いのたけを語っている本。
中々いいことも言っているし、考えさせられることもあるんですが・・・
ただねぇ、、、
一言で済むことを、いろいろと難しい単語を並びたてて論理をこねくり回しているような箇所が多くて、、、
おまけにそんな自分の話に酔ってる感じで、、、
とっても残念な本でした。

〜 もくじ 〜
まえがき 東 浩紀
第1章 親子コミュニケーションのゆくえ
    −家族を考える
第2章 子育てを支える環境
    −社会を考える
第3章 均質化する学校空間
    −教育を考える
第4章 コネ階級社会の登場
    −民主主義を考える
あとがき 宮台 真司

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
子どものことを本当に考えているひとたちは、「どういう学校に行かせるか」ではなく、「どうすれば子どもが幸せになれるか」を考えるんです。(P67)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
子どもは全形式を真似るから、なにを言うよりもどう言うかが大事なのだと、最近つくづく思います。(P163)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   212冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 48408ページ (1日平均40ページ)
\(^O^)/1日平均ページが1ページ増えたぁ!

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

2010年10月の読書のまとめ

2010年10月はここ数カ月だけ見ると少ないけど、
個人的にはまぁまぁな読書量でした。

10月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1902ページ

デジタル時代の著作権 (ちくま新書)デジタル時代の著作権 (ちくま新書)
読了日:10月28日 著者:野口 祐子
ハゲとビキニとサンバの国―ブラジル邪推紀行 (新潮新書)ハゲとビキニとサンバの国―ブラジル邪推紀行 (新潮新書)
読了日:10月25日 著者:井上 章一
サツマイモと日本人 (PHP新書)サツマイモと日本人 (PHP新書)
読了日:10月22日 著者:伊藤 章治
「暮らし力」がなくなる日―暮らしのプロが訴える日本の家庭の危機 (主婦の友新書)「暮らし力」がなくなる日―暮らしのプロが訴える日本の家庭の危機 (主婦の友新書)
読了日:10月19日 著者:近藤 典子
ワールドカップは誰のものか―FIFAの戦略と政略 (文春新書)ワールドカップは誰のものか―FIFAの戦略と政略 (文春新書)
読了日:10月16日 著者:後藤 健生
異形の日本人 (新潮新書)異形の日本人 (新潮新書)
読了日:10月14日 著者:上原 善広
ゼロ円ビジネスの罠 (光文社新書)ゼロ円ビジネスの罠 (光文社新書)
読了日:10月11日 著者:門倉 貴史
お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)
読了日:10月06日 著者:若桑 みどり
女子大生がヤバイ! (新潮新書)女子大生がヤバイ! (新潮新書)
読了日:10月01日 著者:小沢 章友

読書メーター



月別読書量の推移
  comments (0) | trackbacks (0)

デジタル時代の著作権

デジタル時代の著作権 (ちくま新書)
野口 祐子
筑摩書房
売り上げランキング: 2285

著作権がなぜ今のような形になったのか、その歴史や背景について、著作権がインターネットが普及して小学生でも著作権者になる現代において抱えている矛盾や問題について、100年前に作られた過去の遺物的著作権制度をなぜ変更できないのかについて、などなど、著作権のあれこれを非常にわかりやすく解説してくれています。
私が今までに読んだ著作権関係の本の中では、もっともわかりやすかったです。
最後に書かれていた、著作権保護は登録制にしたらいいという話は大賛成です。

ところで、私は毎日のようにTumblrでReBlogしまくったり、TwitterでReTweetしたりしている訳ですが、この行為は著作権的にOKなのかとても気になるところです。
アメリカの場合はフェアユースが認められているのでOK?
日本ではNG?
でもTwitterもTumblrもアメリカのサービスだから、日本からアクセスしていたとしてもOK?

TumblrのReBlogやTwitterのReTweetに著作権法がおいついてきてほしい今日この頃です。

なお、このブログのフッターに表示していたCopyright表示をCreative Commonsに変更しました。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

〜 もくじ 〜
序 章 なぜ、今、著作権なのか
第一章 著作権が保護するもの
第二章 ゆらぐ著作権―その歴史と現代の課題
第三章 技術と法律のいたちごっこ
第四章 ハリウッドが著作権の世界を動かす
第五章 科学の世界と著作権
第六章 柔軟な著作権制度へ―フェア・ユースとクリエティブ・コモンズ
終 章 これからの著作権制度で考えること
あとがき
参考文献

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
映画業界が当初敵視して訴訟まで起こしたビデオ録画機が、その後映画産業にビデオグラムの販売・貸与による巨額の売り上げをもたらしたように、新しい技術は、一見とても危険なもののように思えても、その後の発展とビジネス・モデルの進化によって、常に、新たな産業や生活スタイルを提供する可能性を秘めているのです。(P155) 
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
今、日本がしなければならないことは、いかに現状を変えないで済むかという議論ではなく、日本の科学技術力を高めるためにどう課題を克服すればいいか、という議論ではないでしょうか。(P184)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   211冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 48152ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

ハゲとビキニとサンバの国

ハゲとビキニとサンバの国―ブラジル邪推紀行 (新潮新書)
井上 章一
新潮社
売り上げランキング: 68820

2014年にはワールドカップ、2016年にはオリンピックが開催される国、ブラジル。
そんなブラジルについて、誤解していることが多いことがわかる本。
と言っても、長年ブラジルに住んでいる人が書いた本ではなく、2003年に数週間、2004年に数ヶ月ブラジルに滞在したことのある作者がその時に現地で見た聞いたことを書いた旅行記みたいなものですので、この本に記載の内容がブラジルの生活そのものを表しているとは言えないでしょう。
ただ、長年住んでいると見えなくなってしまっている点とかもあるような気がします。
怪しげな忍者学校の話や、なぜブラジルには痴漢がいないのかなど中々興味深い。話題の数を減らしてひとつひとつをもっとほりさげてくれるともっと面白かったのに。

〜 もくじ 〜 
まえがき
機.離后Εス・カレッカス
供‘本がブラジルから見えてくる
掘.ぅ僖優泙量爾呂匹海悗罎
検,Δ覆犬、尻か
后.泪鵐泙旅颪離献礇櫂諭璽
此.椒汽離凜,北イ擦蕕譴
察.屮薀献觸ゞ技情の一断面
次‘伯比較エキストラ
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
しかし、はたらく女が多いリオは、女のコケットリーも、同時に解放させてきた。そして、女の社会進出をいやがるイスラム社会は、そのセックス・アピールも禁圧する。女の媚態と挑発を奴隷的とみなす旧弊な女性学には、この点でも疑問を感じるしだいである。(P63)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
キリスト教は、ひたすら心を問いただす。さわったか否かより、さわりたいと思ったか否かを追求する。さわりたいと思っただけで、さわったことになる。それなら、もう、さわらなければ損じゃあないか。さわりまくれと、そそのかしているようなもんだ。やはり、江戸の儒者が考えたように、これは邪教だったのか。(P132)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   210冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 47866ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

サツマイモと日本人

サツマイモと日本人 (PHP新書)
伊藤 章治
PHP研究所
売り上げランキング: 5791

サツマイモってサツマイモっていうくらいだから薩摩(鹿児島)原産かと思ってましたが、中米原産で地球を半周して伝わってきたんですね。
サツマイモの本というよりは、サツマイモに関わった人の話の本。
サツマイモのことをもうちょっと詳しく知りたかったので、ちょっと残念。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 戦場のサツマイモ
第2章 銃後では
第3章 サツマイモの来た道
第4章 神になった日本人
第5章 カライモのセン
第6章 出・天草
第7章 「サツマイモ」VS「ジャガイモ」
第8章 労研饅頭
第9章 こんな出稼ぎもあった
第10章 町おこし、まちづくり
終章  サツマイモの行く道
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
確かな底力と潜在能力、とどまるところを知らない進化を続けるサツマイモは、難問山積の二一世紀においても、私たちの暮らしや文明を底支えし、新たな時代を切り開いてくれるに違いない。(P250)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   209冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 47676ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

「暮らし力」がなくなる日


なぜ、我が家が片付かないのか、よくわかった気がします。
片づけることを目的に片づけようとしてもダメで、どんな生活をしたいか、そのためにどんな部屋にしたいか、そのためにどこから片づけるか、そういうことを考えて片づけないといけないということですね。
でも、この本を読んだからと言って、我が家が片付くわけではなさそうですが、、、とほほ。。。

〜 もくじ 〜
はじめに
第一章 「暮らし力」は「かきくけこ」
第二章 「暮らし力」を高める家
第三章 伝えていくことの大切さ

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
『困った』の先に快適がある。『困った』は快適のシグナル(P180)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   208冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 47420ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

ワールドカップは誰のものか

ワールドカップは誰のものか―FIFAの戦略と政略 (文春新書)
後藤 健生
文藝春秋
売り上げランキング: 162005

サッカーのワールドカップをめぐるあれやこれやが、広く浅く簡単に整理されています。
ただ、ちょっと南アフリカに関する記述だけがやたら詳しすぎる気が。

〜 もくじ 〜
序章 なぜ南アフリカが選ばれたのか
第1部 ワールドカップと政治
 第1章 独裁者たちの介入
 第2章 FIFAの思惑と権力闘争
 第3章 韓国側の野心が生んだ日韓共催
第2部 南アフリカ開催の意義
 第4章 スポーツによる国民意識の形成
 第5章 南アフリカスポーツの苦難の歴史
 第6章 黒人サッカーの歴史とワールドカップ
 終章  ワールドカップ開催の意義
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
融通無碍。これこそFIFAという組織の最大の特徴であり、目的のためには原理原則はどうにでも変更することができるのだ。(P16)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
政治権力が介入しても、スポンサーがどんなに巨額を投入して自らの利益のために大会を利用しようとしても、この大会の大衆的な祝祭としての側面を消し去ることはけっしてできない(P20)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   207冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 47228ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

異形の日本人

異形の日本人 (新潮新書)
上原 善広
新潮社
売り上げランキング: 3533

一風変わった日本人数人を紹介した本、と書いてしまえばそれまでだが、いずれもマスコミでは扱われることがない人、あるいは扱われていたとしても扱われない側面を持った人。
なぜ、マスコミが扱わないのか、この人がもっともいいたいのはここの部分かな。

〜 もくじ 〜
はじめに
第一章 異形の系譜―禁忌のターザン姉妹
第二章 封印された漫画―平田弘史「血だるま剣法」事件
第三章 溝口のやり―最後の無頼派アスリート
第四章 クリオネの記―筋委縮症女性の性とわいせつ裁判
第五章 「花電車は走る」―ストリッパー・ヨーコの半生
第六章 皮田藤吉伝―初代桂春團治
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
しかし、陸運ってなんやねん。グランプリも知らんし何もしとらんくせに、金ばっかり持っていきよる。わしのCM出演料なんか、ほとんど陸運が持って行ったんやぞ。人の足ばっかり引っ張りよるし、あいつらただの金取り団体やないか(P66)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   206冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 47038ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)
<<new  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  old>>   / 29