あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 今日のフォト 2010/11/03 | main | 引っ掛かっちゃったのね >>

父として考える

父として考える (生活人新書)
東 浩紀 宮台 真司
日本放送出版協会
売り上げランキング: 7114

父親になったことで、世の中のいろいろなことに対する考え方や感じ方が変わったという2人、東 浩紀さんと宮台 真司さんが対談しながらそれぞれの思いのたけを語っている本。
中々いいことも言っているし、考えさせられることもあるんですが・・・
ただねぇ、、、
一言で済むことを、いろいろと難しい単語を並びたてて論理をこねくり回しているような箇所が多くて、、、
おまけにそんな自分の話に酔ってる感じで、、、
とっても残念な本でした。

〜 もくじ 〜
まえがき 東 浩紀
第1章 親子コミュニケーションのゆくえ
    −家族を考える
第2章 子育てを支える環境
    −社会を考える
第3章 均質化する学校空間
    −教育を考える
第4章 コネ階級社会の登場
    −民主主義を考える
あとがき 宮台 真司

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
子どものことを本当に考えているひとたちは、「どういう学校に行かせるか」ではなく、「どうすれば子どもが幸せになれるか」を考えるんです。(P67)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
子どもは全形式を真似るから、なにを言うよりもどう言うかが大事なのだと、最近つくづく思います。(P163)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   212冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 48408ページ (1日平均40ページ)
\(^O^)/1日平均ページが1ページ増えたぁ!

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------