あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< ディズニー・マジックポイント・クラブ サービス終了 | main | サイボウズLiveに登録していた >>

ハゲとビキニとサンバの国

ハゲとビキニとサンバの国―ブラジル邪推紀行 (新潮新書)
井上 章一
新潮社
売り上げランキング: 68820

2014年にはワールドカップ、2016年にはオリンピックが開催される国、ブラジル。
そんなブラジルについて、誤解していることが多いことがわかる本。
と言っても、長年ブラジルに住んでいる人が書いた本ではなく、2003年に数週間、2004年に数ヶ月ブラジルに滞在したことのある作者がその時に現地で見た聞いたことを書いた旅行記みたいなものですので、この本に記載の内容がブラジルの生活そのものを表しているとは言えないでしょう。
ただ、長年住んでいると見えなくなってしまっている点とかもあるような気がします。
怪しげな忍者学校の話や、なぜブラジルには痴漢がいないのかなど中々興味深い。話題の数を減らしてひとつひとつをもっとほりさげてくれるともっと面白かったのに。

〜 もくじ 〜 
まえがき
機.離后Εス・カレッカス
供‘本がブラジルから見えてくる
掘.ぅ僖優泙量爾呂匹海悗罎
検,Δ覆犬、尻か
后.泪鵐泙旅颪離献礇櫂諭璽
此.椒汽離凜,北イ擦蕕譴
察.屮薀献觸ゞ技情の一断面
次‘伯比較エキストラ
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
しかし、はたらく女が多いリオは、女のコケットリーも、同時に解放させてきた。そして、女の社会進出をいやがるイスラム社会は、そのセックス・アピールも禁圧する。女の媚態と挑発を奴隷的とみなす旧弊な女性学には、この点でも疑問を感じるしだいである。(P63)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
キリスト教は、ひたすら心を問いただす。さわったか否かより、さわりたいと思ったか否かを追求する。さわりたいと思っただけで、さわったことになる。それなら、もう、さわらなければ損じゃあないか。さわりまくれと、そそのかしているようなもんだ。やはり、江戸の儒者が考えたように、これは邪教だったのか。(P132)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   210冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 47866ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------