あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

劇場版「仮面ライダー響鬼」

劇場版「仮面ライダー響鬼」の舞台は戦国時代だそうな。
バイクではなく、馬にまたがってるそうな。
まぁ、馬に乗ってても一応、ライダーといえなくはないか。
ご当地ライダーってことで、全国のライダー(鬼)が登場するそうな。
北海道の凍鬼(トウキ)はクマ、名古屋の煌鬼(キラメキ)は金のしゃちほこ、東京は歌舞鬼(カブキ)はまだしも、大阪の西鬼(ニシキ)はトラ、福岡の羽撃鬼(ハバタキ)はタカって、プロ野球のチームをモチーフにして、どこがご当地なんだか。。。そもそも戦国時代に大阪がトラとか、福岡がタカとかって発想はないはずだし、、、

仮面ライダー響鬼・劇場版にご当地ライダー登場 スポニチ 2005/06/13
人気ヒーロー「仮面ライダー響鬼(ヒビキ)」の劇場版に、日本5大都市の“ご当地ライダー”が登場する。タイトルは「戦国大決戦(仮題)」で、舞台が戦国時代というライダー史上、初の時代劇。響鬼らテレビシリーズのライダーの先祖としてお目見えする。
 ご当地ライダーは、「47都道府県に1人ずつの鬼(ライダー)がいる」というテレビシリーズの基本設定を踏まえて誕生。東京は歌舞鬼(カブキ)でずばり歌舞伎、大阪の西鬼(ニシキ)はトラがモチーフ、名古屋の煌鬼(キラメキ)は金のしゃちほこをあしらい、福岡の羽撃鬼(ハバタキ)はタカをデザイン、そして札幌の凍鬼(トウキ)はクマと、それぞれに地元色やプロ野球の球団を生かしたスタイルだ。


[Trackback]
TrackbackPeople「仮面ライダー響鬼」

なんか、最近、この手のネタしか書いてない気が・・
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1