あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  old>>   / 29

空気は読まない

空気は読まない
空気は読まない
posted with amazlet at 10.04.03
鎌田 實
集英社
売り上げランキング: 10622

10年前に「がんばらない」という本を書いた著者が、空気に流されずに頑張っている人を紹介しています。
なかなかいい話が盛りだくさん。
医療の本質とは何かということも考えさせられます。

〜 もくじ 〜
イントロ
1章 空気ってなんだろう
2章 空気に流されない
3章 空気に負けない
4章 空気をかきまわせ
5章 空気に染まってみる
6章 空気を変える
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
今の日本には、病気のウイルスと、「自分さえよければ」ウイルスばかりがはびこっているようだ。だから、ぼくは、「あったかさ」を家庭や地域や職場にばらまきたいと思っている。(P234)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   142冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 32074ページ (1日平均32ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

教養としての官能小説案内

教養としての官能小説案内 (ちくま新書)
永田 守弘
筑摩書房
売り上げランキング: 1384

官能小説について、時代毎の移り変わり、各作者毎の特色などを簡潔にまとめるとともに、一部の作者のおいしい部分を紹介した本。
なかなかよくわかります。
内藤みか(@micanaitoh)さんも女子大生官能小説家としてちゃんと紹介されてます。

〜 もくじ 〜
はじめに
第吃堯ヾ映従説の歴史
第局堯ヾ映従説の妄想力 ― ジャンルと表現方法
おわりに

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
官能小説はエンターテイメントである。それだけに、世の中の風潮を敏感に反映するものである(P231)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   141冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 31788ページ (1日平均32ページ)
\(^O^)/平均ページが1ページ増えた!

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

ネットの炎上力

ネットの炎上力 (文春新書)
蜷川 真夫
文藝春秋
売り上げランキング: 23144

なーんだ、結局、J−CASTの自慢話か。
ただ、新聞記者や雑誌記者時代の話は面白かった。

〜 もくじ 〜
まえがき
1.J−CASTニュースの誕生
2.毎日新聞「変態記事事件」の衝撃
3.ヤフー vs. グーグル 日本決戦
4.1000万クリックでビジネス成立
5.「炎上メディア」の汚名と名誉
6.市民記者「オーマイニュース」の失敗
7.政権交代とネットニュース
8.ネット vs. 新聞 最終戦争
本書に出てくる主なWebサイト

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
記事を読んだ読者がコメントしたくなる。ここは見方が違う、こういう情報が足りない、私が知っている情報は・・・。そういうコメントが多数寄せられて来るのが、ネット記事である。(P223)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   140冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 31551ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

キャラクターとは何か

キャラクターとは何か (ちくま新書)
小田切 博
筑摩書房
売り上げランキング: 88032

キャラクターについての文化、歴史、ビジネス、そしてそれぞれの問題点などについて、「事実」を整理して羅列した本で、深く掘り下げてはいないところはちょっと残念だけど、キャラクターをとりまくさまざまな問題や、日米間の考え方の違いなどがよくわかります。
付録の「戦後キャラクタークロニクル」がとてもよくまとまっている。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 キャラクタービジネスの近代史
第2章 キャラクタービジネスという問題
第3章 キャラクターの起源と構造
第4章 日本型キャラクタービジネス
あとがき
付録1 戦後キャラクタークロニクル
付録2 関連資料ウェブサイト紹介

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
つまり「キャラクター」は絵柄としての外見、物語を通じて形成される性格、象徴としての記号的な意味性の三点のどこを起点に発想し、つくられてもいいし、三要素すべてが揃っていなくてもキャラクターそのものは成立し得る。しかも、名前と構成要素の一部で同一性が担保されていれば拡張や変形がいくらでも可能だという特性を持っている。(P125)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   139冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 31311ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

怒らないこと

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
アルボムッレ スマナサーラ
サンガ
売り上げランキング: 275

前回読んだ本が「怒る企画術!」だったのですが、本屋さんでその本の隣に「怒らないこと」というこの本が置いてあったら、これはペアで買うしかあるまい、というわけで買いました。
仏教界の長老が「怒らないこと」というタイトルで書いているということは、その内容も予想できるわけですが、予想した通りの内容でした。
ちょっとくどい気もしますが、読んでいていい気分になれる、そんな本です。

〜 もくじ 〜
第1章 「怒り」とは何?
第2章 怒りが幸福を壊す
第3章 怒らない人
第4章 怒りの治め方

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
太古の昔から現代まで、世の中を支配しているのは、けっして知識人でも天才でもなく、あまり心が良くない人々なのです。そういう人々だからこそ、いつ頭が狂ってしまったり怒り出したりするかわからないので、たいへん危険なのです。(P83)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   138冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 31109ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

怒る企画術!

怒る企画術! (ベスト新書 265)
吉田 正樹
ベストセラーズ
売り上げランキング: 3883

元フジテレビのプロデューサーがいい企画はどうすれば生まれるかについて書いた本です。
いいことがたくさん書いてあるのですが・・・
なんとなく薄っぺらな感じがするのは、なぜだろう?
心に突き刺さってこないのは、なぜだろう?
あぁ、そうか。この本は結局作者の自慢話だからか。
作者の過去の栄光だからか。
ただ、一つこの人の偉いところは、テレビ局の中にいても、テレビが今やNo1メディアではないと気がついた点かな。

〜 もくじ 〜
はじめに - 怒りや嫉妬こそアイデアだ!
第一章 負けてるときこそ面白い
第二章 ぶれないコンセプトの組み立て方
第三章 感性一つで多くの「ムダ」が「アイデア」になる
第四章 ケンカのできるチームがいい
第五章 アイデアをビジネスモデルに変える思考術
おわりに - 技術は伝えていくもの

なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
すべての仕事は、心から出たアイデアがものに形を変え伝達されて、最後は心の中に入っていく。物質と物質ではない。心と心です。(P43)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   137冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 30906ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti

〜 2010.03.12 追記 〜
@office_ysdm ((株)吉田正樹事務所)さんからTwitterにメッセージをいただきました。
ご購読ありがとうございます。「全ての仕事は〜心と心です。」を抜粋していただいたことが心にグッときました。(o) 「怒る企画術!」を見たよ→ http://am6.jp/bBP3cH /by @atasinti
ありがとうございます。
  comments (0) | trackbacks (0)

ブッダはなぜ女嫌いになったのか

ブッダはなぜ女嫌いになったのか (幻冬舎新書)
丘山 万里子
幻冬舎
売り上げランキング: 7745

ブッダがブッダになる前のお話です。
王子として宮殿の奥で多くの女性に召しづかれ、ハーレム状態のシッダッタは、結婚して息子が生まれた夜に、邪魔ものが生まれたと言ったかと思えば、家出同然に家を出てしまったという。
なぜ、そんなことになったのか、この本はそれまでのことを、アレコレ詮索してくれてます。
そう、この本はワイドショーがブッダのスキャンダルについて放送しているような本です。
でも、ブッダという"人"のことがもっともよくわかる本かもしれません。

〜 もくじ 〜
プロローグ
経典の話
第一章 マーヤー・・・・「まぼろし」という名の母
第二章 マハーパジャーパティー・・・・許されざる愛
第三章 ヤショーダラー・・・・捨てられた妻
エピローグ
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
つまり、女に溺れても女嫌いで、天の母の慈愛に焦がれ、この世の叔母を愛慕する、そういう王子シッダッタである。(P83)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   136冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 30698ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

ん―日本語最後の謎に挑む (新潮新書)
山口 謠司
新潮社
売り上げランキング: 441

「ん」という言葉にこれほどいろいろな歴史や文化があったというのはちょっとびっくりです。
とっても深い!
ちょっとくどいところもありましたが、なかなか面白い内容でした。

〜 もくじ 〜
はじめに
第一章 「ん」の不思議
第二章 「ん」の起源
第三章 「ん」と空海
第四章 天台宗と「ん」
第五章 サンスクリット語から庶民の言語へ
第六章 声に出して来た「ん」
第七章 「ん」の謎に挑む
第八章 「ん」の文字はどこから現れたか
第九章 明治以降の「ん」研究
第十章 「ん」が支える日本の文化
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
もしも日本語に「ん」がなくなったとしたら、われわれはおそらく日本語のリズムを失い、日本が持つ「情緒」と「システム」を繋ぐ糸を断ち切り、日本のしっとりとして深い文化を、根底から崩壊させることになるのではあるまいか。(P186)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   135冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 30525ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

情報病

情報病――なぜ若者は欲望を喪失したのか? (角川oneテーマ21)
三浦 展 原田 曜平
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 4161

新人類世代の三浦展さんとロストジェネレーション世代の原田曜平さんが2人の大学生男女と会話しながら、今の若者の心理を深く追求するということであったが、全編、ただの会話でしかない、そんな感じの本でした。
初めに結論が決まっていて、その結論にもっていくために長々と会話をしているようでもあり、どっかのテレビ番組と同じだなぁという印象。

〜 もくじ 〜
まえがき
第一章 性欲が薄れて見えるのは情報化のせい
第二章 空気を読むから物欲が縮小してしまう
第三章 論じたり語ったりするのはオカルト
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
現代の若者は、物を消費しているのではなく、人間関係の消費に時間とお金を費やしている(P236)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   134冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 30335ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

2010年2月の読書のまとめ

2010年2月の読書のまとめです。
2月は日数が少ない割には逆にいつもよりちょっとだけ読書量が多かったのですが、何でかなぁ?
パソコン壊れて暇だったからかも?

2月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1647ページ

葬式は、要らない (幻冬舎新書)葬式は、要らない (幻冬舎新書)
読了日:02月25日 著者:島田 裕巳
龍馬を継いだ男 岩崎弥太郎 (アスキー新書)龍馬を継いだ男 岩崎弥太郎 (アスキー新書)
読了日:02月22日 著者:安藤 優一郎
2025年 あなたの欲望が地球を滅ぼす~「激安・便利・快適」の大きすぎる代償~ (ワニブックスPLUS新書)2025年 あなたの欲望が地球を滅ぼす~「激安・便利・快適」の大きすぎる代償~ (ワニブックスPLUS新書)
読了日:02月21日 著者:足立 直樹
一冊でわかる! 「仏教」って何? (講談社+α新書)一冊でわかる! 「仏教」って何? (講談社+α新書)
読了日:02月16日 著者:三田 誠広
「甘え」と日本人 (角川oneテーマ21)「甘え」と日本人 (角川oneテーマ21)
読了日:02月10日 著者:土居 健郎,齋藤 孝
不思議な経済大国 中国(日経プレミアシリーズ)不思議な経済大国 中国(日経プレミアシリーズ)
読了日:02月05日 著者:室井 秀太郎
戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94)戦略PR 空気をつくる。世論で売る。 (アスキー新書 94)
読了日:02月03日 著者:本田 哲也
自衛隊はどこまで強いのか (講談社+α新書)自衛隊はどこまで強いのか (講談社+α新書)
読了日:02月01日 著者:潮 匡人,田母神 俊雄

読書メーター

book201002.jpg
  comments (0) | trackbacks (0)
<<new  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  old>>   / 29