あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< ACL1次リーグ第2戦 orz.. 川崎負けた | main | 県民性マンガ「うちのトコでは」 >>

ブッダはなぜ女嫌いになったのか

ブッダはなぜ女嫌いになったのか (幻冬舎新書)
丘山 万里子
幻冬舎
売り上げランキング: 7745

ブッダがブッダになる前のお話です。
王子として宮殿の奥で多くの女性に召しづかれ、ハーレム状態のシッダッタは、結婚して息子が生まれた夜に、邪魔ものが生まれたと言ったかと思えば、家出同然に家を出てしまったという。
なぜ、そんなことになったのか、この本はそれまでのことを、アレコレ詮索してくれてます。
そう、この本はワイドショーがブッダのスキャンダルについて放送しているような本です。
でも、ブッダという"人"のことがもっともよくわかる本かもしれません。

〜 もくじ 〜
プロローグ
経典の話
第一章 マーヤー・・・・「まぼろし」という名の母
第二章 マハーパジャーパティー・・・・許されざる愛
第三章 ヤショーダラー・・・・捨てられた妻
エピローグ
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
つまり、女に溺れても女嫌いで、天の母の慈愛に焦がれ、この世の叔母を愛慕する、そういう王子シッダッタである。(P83)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   136冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 30698ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------