あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 鶴岡八幡宮の樹齢1000年の大銀杏が倒れた | main | ANAの機内飲み物が有料に? >>

怒る企画術!

怒る企画術! (ベスト新書 265)
吉田 正樹
ベストセラーズ
売り上げランキング: 3883

元フジテレビのプロデューサーがいい企画はどうすれば生まれるかについて書いた本です。
いいことがたくさん書いてあるのですが・・・
なんとなく薄っぺらな感じがするのは、なぜだろう?
心に突き刺さってこないのは、なぜだろう?
あぁ、そうか。この本は結局作者の自慢話だからか。
作者の過去の栄光だからか。
ただ、一つこの人の偉いところは、テレビ局の中にいても、テレビが今やNo1メディアではないと気がついた点かな。

〜 もくじ 〜
はじめに - 怒りや嫉妬こそアイデアだ!
第一章 負けてるときこそ面白い
第二章 ぶれないコンセプトの組み立て方
第三章 感性一つで多くの「ムダ」が「アイデア」になる
第四章 ケンカのできるチームがいい
第五章 アイデアをビジネスモデルに変える思考術
おわりに - 技術は伝えていくもの

なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
すべての仕事は、心から出たアイデアがものに形を変え伝達されて、最後は心の中に入っていく。物質と物質ではない。心と心です。(P43)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   137冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 30906ページ (1日平均31ページ)

読書メーター - atasinti

〜 2010.03.12 追記 〜
@office_ysdm ((株)吉田正樹事務所)さんからTwitterにメッセージをいただきました。
ご購読ありがとうございます。「全ての仕事は〜心と心です。」を抜粋していただいたことが心にグッときました。(o) 「怒る企画術!」を見たよ→ http://am6.jp/bBP3cH /by @atasinti
ありがとうございます。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------