あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< So-net SNSからそーしゃるぱーくへ(その5) | main | ついっぷる携帯版を使ってみた >>

教養としての官能小説案内

教養としての官能小説案内 (ちくま新書)
永田 守弘
筑摩書房
売り上げランキング: 1384

官能小説について、時代毎の移り変わり、各作者毎の特色などを簡潔にまとめるとともに、一部の作者のおいしい部分を紹介した本。
なかなかよくわかります。
内藤みか(@micanaitoh)さんも女子大生官能小説家としてちゃんと紹介されてます。

〜 もくじ 〜
はじめに
第吃堯ヾ映従説の歴史
第局堯ヾ映従説の妄想力 ― ジャンルと表現方法
おわりに

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
官能小説はエンターテイメントである。それだけに、世の中の風潮を敏感に反映するものである(P231)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   141冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 31788ページ (1日平均32ページ)
\(^O^)/平均ページが1ページ増えた!

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------