あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

1   / 1

A Rainy Day in Yokohama

雨の日はいつもと違った景色が現れます。
ということで、またまた同じような写真ばっかりですが、雨の横浜を歩いた時の写真を以下のアルバムに追加しました。

各写真またはその下のアルバム名をクリックすると、それぞれのアルバムを表示します。
暇があったら覗いてみてね。





Yokohama  本日55枚アップ  (Zorg利用)




おとうさんの散歩道3  本日2枚アップ (Zorg利用)

なお、「あたしンちのおとうさんのフォト - Zorg」にすべての写真があります。
  comments (0) | trackbacks (0)

大人の時間はなぜ短いのか

大人の時間はなぜ短いのか  (集英社新書)
一川 誠
集英社
売り上げランキング: 85227

歳をとると子供のころに比べて時間が短く感じられるのはなぜか?
いや、それだけではない、その日の体調によって、あるいはやっていることによって、時間は長くなったり短くなったりする。
人が感じている時間はすべて正確な時間とは異なっており、場合によっては、順番さえも間違って認識してしまう。
そんなメカニズムを科学的に解明しようとした本ですが、残念ながら答えは出ていません。

今目の前に起きていると思っている事象も、実際には数十ミリ秒から数百ミリ秒前に起きたことなのだ、というのは、考えてみれば当たり前なんだけど、目から鱗でした。

そして、科学技術の進歩とともに、高速の移動手段を手に入れ、高速に大量の情報を入手できるようになって、その結果、人間が本来持っている自分の時間とは異なる、時計の時間に合わせることを強制されるようになっており、その結果、いろいろなひずみが生まれているのではないか、という話は全くその通りだと思いました。
でも、だからどうすればいいのか、というと、結論はまだでていない。。。

〜 もくじ 〜
まえがき
第1章 時間って何だろう?
第2章 私たちは下界をどう知覚しているのか
第3章 時間に関わる知覚はどう処理されるか
第4章 人間が体験する時間の特性とは?
第5章 時間の長さはなぜ変わるのか?
第6章 現代人をとりまく時間の様々な問題
第7章 道具としての時間を使いこなす
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
人間の作り出した、この時計の時間に合わせて生活することで、人間がわに不都合が生じるとしたら、それは道具の使い方が悪いということだろう。(略)
道具に人間を合わせるのではなく、人間のがわの諸制約を理解し、それに合わせて道具の使い方を変えたり、道具を作り替えたりするべきだろう。(P178)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   165冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 37754ページ (1日平均35ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)
1   / 1