あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  1 2 3  old>>   / 3

WBCアメリカ戦



とうふです。
ワールドベースボールクラッシック(WBC)2次リーグ
韓国はメキシコに勝利したとばってん、
日本はアメリカに4:3で負けてしもうたとです。
いや、負けた相手はアメリカじゃなかとです。
審判だたとです。

こうなったら、
あと全部勝って、
準決勝でアメリカば今度こそやぶって、
そして優勝するとです!

判定覆り日本の勝ち越し点消える、王監督抗議 WBC by Asahi.com at 2006/03/13
8回だった。1死満塁。日本は勝ち越しのチャンスを迎えた。岩村の当たりは浅い左飛。三塁走者の西岡がスタートを切る。ボールが返ってくるよりかなり早く、本塁へ滑り込んだ。
 タッチアップが早いという米国のアピールも、近くで判定した二塁塁審によって却下された。日本が待望の勝ち越し点をあげたと、米国ファンも思った。
 ところが、米国のマルティネス監督から抗議を受けたデビッドソン球審が判定を覆してしまう。
  comments (0) | trackbacks (0)

ためいきの夜・・・



はぁ・・・
結局、負けちゃったのね。。。
はぁ・・・
2年連続、シーズンぶっちぎり1位で、
日本シリーズに行けないチームって・・・
はぁ・・・

ロッテ、31年ぶりリーグ制覇 パ・プレーオフ第5戦 Asahi 2005/10/17
プロ野球パ・リーグのプレーオフ第2ステージ(5試合制)は17日、福岡市のヤフードームで最終第5戦があり、千葉ロッテマリーンズが福岡ソフトバンクホークスを3―2で破り、対戦成績3勝2敗で、ロッテ・オリオンズ時代の74年以来、31年ぶり5度目(前身の毎日、大毎時代を含む)のリーグ優勝を決めた。ロッテは22日から千葉マリンスタジアムで開幕する日本シリーズで、阪神タイガースと日本一を争う。
  comments (0) | trackbacks (0)

ホークス逆転サヨナラ!



とうふです。

4−0の時には、もう決まってしもうたと
思ったとです。
ばってん、やったとです。

2年続けて、シーズン1位なのに
日本シリーズに行けんかったら
悲しすぎるとです。

絶対、あと2連勝して、
日本シリーズで、
阪神にも勝つとです。

がんばれ、ホークス!

ソフトバンクが5−4でサヨナラ勝ち プレーオフ第3戦 Asahi 2005/10/15
プロ野球パ・リーグのプレーオフ第2ステージ(5試合制)は15日、ヤフードームで第3戦があり、9回に同点に追いついたソフトバンクが延長10回、5―4でサヨナラ勝ちし、対戦成績を1勝2敗とした。
  comments (0) | trackbacks (0)

巨人戦打ち切り、全然OK

うちの場合は、その後の番組金曜ロードショー「ナッティ・プロフェッサー2」を家族みんなで楽しみにしていたので、時間通りに始まってくれて、ホントにうれしかったです。巨人戦には興味ないし。

エディ・マーフィ、最高!

巨人戦、9時前に中継打ち切り 接戦でも後の番組優先 Asahi 2005/08/19
19日の巨人―広島戦(東京ドーム)は2―1の接戦だったが、8回表が終わった午後9時前でテレビ中継が打ち切られた。新聞のテレビ欄には「試合展開により9時24分まで延長」とあった。


         
ナッティ・プロフェッサー ナッティ・プロフェッサー 2 ~クランプ家の面々~
  comments (2) | trackbacks (0)

池永選手が始球式

「西鉄の池永です。池田パンをどうぞ。」の池永選手。
永久追放を解除された池永選手が、11日の福岡ヤフードームでのセパ交流戦の広島戦の始球式で投げるそうです。
あの独特なフォームは今も健在か・・・
見たいなぁ。。

永久追放解除の池永さんが始球式 11日のヤフードーム asahi 2005/05/03
ソフトバンクは3日、プロ野球界からの永久追放処分が解除された元西鉄投手の池永正明さん(58)が、11日の広島戦(ヤフーD)で始球式を務めると発表した。球団からの要請を池永さんは快諾したという。球団広報部は「同じ九州で活躍し、多くのファンを魅了した池永さんの雄姿を見ていただき、皆さんと一緒に復権を祝いたい」とコメントしている。


My関連エントリー
池永復権へ? 2005/03/17
  comments (6) | trackbacks (0)

アメリカにオール日本人選手のプロ野球チーム?

クロマティ、なつかしー。
こんなことやってたのね。
でも、本拠地を持たない、オールビジターって・・・

裾野を開け!侍ベアーズ Livedoor News 2005/04/28
アメリカ野球の下部組織が、またしても裾野を広げた。
 今春、アメリカ西海岸に誕生する「ゴールデンベースボールリーグ」(以下GBL)は、斬新な経営方針とユニークなチーム構成で、新たなビジネスモデルの確立を目指す。
 リーグは「セントラルオーナーシップ」という単一所有制の運営形態を選んだ。12の投資家団が出資した資本総額は50億円。立ち上げのための財政基盤を固めた。8チームから成り立つGBLは、各球団ごとの営業に注力はせずに、リーグが1つとなって8チーム全体の財政を管理する。
 プレーヤー全員が日本人の「サムライベアーズ」はあらゆる意味で注目の的だ。監督は元巨人のウォーレン・クロマティ氏。投手コーチには日本、台湾で13年のコーチ暦を誇る堀井恒雄氏(47)が就任。
 本拠地を持たないベアーズは、5月26日から始まるシーズン90試合を「オールビジター」(全試合遠征)で挑む。相手チームの本拠地となる7球場はいずれもカリフォルニア州とアリゾナ州の2州に集約されているとはいえ、バス移動の最長距離は8時間越。ホテルを転々としながらの連戦。3ヶ月で90試合を強いられる過酷な日程。不慣れな言葉、文化、食事などはベアーズの面々が対峙するもう一つの試練だ。
  comments (0) | trackbacks (1)

投手の2段モーション、来季から禁止?

なんか、フォーム改造でつぶれちゃう投手が何人もでてきちゃいそう。。。
なんで、だめなんだろう??

ますます、プロ野球がつまらなくなる・・・

<プロ野球実行委>投手の2段モーション、来季から禁止 Excite news 2005/04/26
プロ野球の実行委員会が26日、東京都内の日本プロ野球組織(NPB)コミッショナー事務局で開かれ、野球規則を厳格に適用し、投手の2段モーションを来季から禁止すると決めた。プロ・アマ合同規則委員会で、アマ側から是正を求められていた。
  comments (0) | trackbacks (0)

サトエリ、始球式で・・

さすがキューティ・ハニー
魅せてくれます。
続きを読む>>
  comments (5) | trackbacks (0)

6月8日の巨人戦の中継権が売れない?

今年から始まったプロ野球セ・パ交流試合とは言え、
巨人vsロッテ戦の中継と
同時刻の
サッカーW杯最終予選「日本VS北朝鮮」戦の
どっちを見ますか?
って聞かれたら、やっぱり、
サッカー「日本VS北朝鮮」でしょう。
私の場合は、別にW杯予選でなくとも、
J1リーグの試合でもそっちを見ますけどね。。
もっとも、実際には、仕事でどっちも見れないでしょうけれど。。。

各局が口をつぐむプロ野球“重大事態” livedoorNews 2005/04/13
6月8日に行われるロッテVS巨人の中継権がいまだに売れていないのだ。放送する局が決まっていないから、もちろん、CMスポット枠も埋まっていない。
 今年から始まった交流試合で各局とも様子見なことと、当日はサッカーW杯最終予選「日本VS北朝鮮」戦をテレビ朝日が平壌から生中継することが主な理由だ。一説には「ナイターを無理やりデーゲームに移動させて、どこかに中継してもらおう」という案も浮上している。
  comments (0) | trackbacks (0)

池永復権へ?


「西鉄の池永です。池田パンをどうぞ!」(ちょっと違ったかなぁ。。)
そんなCMがすきでした。

福岡に住んでました。
西鉄ライオンズがすきでした。
当時はどこの帽子売り場にもGとYのマークの野球帽しか置いてない状況で、NとLのマークの野球帽を探してまわりました。
グローブを手に平和台球場の外野席によく行きました。
そして、池永の独特な投球フォームを真似してみんなで遊んでました。

そんな小学生だった自分たちにとって「黒い霧事件」はとーってもショッキングでした。

池永投手の永久追放が解かれるかもしれません。いまさら、解かれてもなにができるって感じもしないではありませんが、当時ファンだったひとりとしては、やはりうれしいです。

池永氏復権へ 方針転換「異論なし」 議論不足の指摘も Asahi 2005/03/17
野球界から追放された選手らに、処分解除の道が開かれた。16日のプロ野球オーナー会議は満場一致で、野球協約の改正を承認。出席者は「異論は出なかった」と口をそろえ、復権が確実になった池永正明氏は安堵(あんど)の表情を見せた。一方で、議論不足を指摘する専門家の声も聞かれる。
根来泰周コミッショナーは記者会見で、処分解除の道を開いた理由を「一般的に解除規定がまったくないのはおかしいから」などと説明した。
 野球界は長年、この問題に慎重な姿勢だった。01年末のオーナー会議後に当時の渡辺恒雄・巨人オーナーが「池永選手の名誉回復の措置を、と提案しようとしたが、閉会になってしまった」と発言したころから空気が変わる。昨年末のオーナー会議で滝鼻卓雄・巨人オーナーが提案し、約3カ月で一気に決着した。
 69〜70年の「黒い霧事件」当時、故意に負けようとプレーしたこと(敗退行為)を否定する池永氏を、それでも永久追放した。ファンを裏切る賭博行為を疑われたことの重みからだ。歴代コミッショナーはそれを引き継ぎ、「プロ野球界の倫理に反する」と処分を解かなかった。
  comments (3) | trackbacks (0)
<<new  1 2 3  old>>   / 3