あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  old>>   / 29

2009年8月の読書のまとめ

2009年8月の読書のまとめです。

8月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1343ページ

なぜ宇宙人は地球に来ない? (PHP新書)なぜ宇宙人は地球に来ない? (PHP新書)
読了日:08月29日 著者:松尾 貴史
名言の正体―大人のやり直し偉人伝 (学研新書)名言の正体―大人のやり直し偉人伝 (学研新書)
読了日:08月13日 著者:山口 智司
妻の相談に乗ってはいけない (学研新書)妻の相談に乗ってはいけない (学研新書)
読了日:08月10日 著者:織田 隼人
断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
読了日:08月06日 著者:勝間 和代
ものごとに動じない人の習慣術 (KAWADE夢新書) (KAWADE夢新書 350)ものごとに動じない人の習慣術 (KAWADE夢新書) (KAWADE夢新書 350)
読了日:08月04日 著者:菅原 圭

読書メーター

  comments (0) | trackbacks (0)

2011年新聞・テレビ消滅

2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)
佐々木 俊尚
文藝春秋
売り上げランキング: 3648

元新聞記者の目から見た、新聞・テレビの今後について書いた本。
タイトルは衝撃的だが、書かれている内容は、結構現実的な内容で、近い将来その通りの状況になるのかもと思わせてくれる。
新聞・テレビが完全に消滅すると言っているのではなく、今の形の新聞・テレビは消滅するという話。
ビジネスモデルを3つの柱に分けた説明は中々わかりやすい。

〜 もくじ 〜
プロローグ
第1章 マスの時代は終わった
第2章 新聞の敗戦
第3章 さあ、次はテレビの番だ
第4章 プラットフォーム戦争が幕を開ける
あとがき

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本   89冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 20838ページ (1日平均26ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

なぜ宇宙人は地球に来ない?


宇宙人、超常現象、超能力、迷信、オカルト、、、
そういったもの全てについて、懐疑派の著者松尾 貴史さんが"あざ笑う"、そんな本。
そんな著者ですが、中学生時代は、そういったことを信じていて、なけなしのお小遣いをはたいてオカルトグッズを購入したりした経験を持っているあたりは中々面白い。

〜 もくじ 〜
まえがき
第一章 宇宙・UFO・古代文明
第二章 超能力・疑似科学・思い込み
第三章 伝説・迷信・デマ
第四章 占い・呪い・お祓い
第五章 神様・仏様・トリックスター
第六章 印鑑・水・ヒランヤ
第七章 火の玉・幽霊・動物霊
第八章 動物・植物・UMA

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本   88冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 20601ページ (1日平均26ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

名言の正体


誰もが知っている有名な名言が、実は発言されたときはちょっと違う意味で語らえていたり、発言の一部分のみを切り取られて他の意味で広まっていたり、意図的に捻じ曲げられて伝わっていたり、捏造だったり、「えぇっ、この名言もぉ?」というようなものが次々と登場し、中々面白い本でした。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 誤解された名言
第2章 カットされた名言
第3章 誇張・捏造された名言
第4章 「お前が言うな!」と言いたい名言、
    「そこまでやらなくても」と言いたい名言
おわりに

これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   87冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 20238ページ (1日平均26ページ)

読書メーター - atsinti
  comments (0) | trackbacks (0)

妻の相談に乗ってはいけない


今までにこの本ほど、日常生活に役にたつ本があっただろうか!
具体的な事例をもとにしており、とってもわかりやすい。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 妻との和平を保つための、14の逆説
第2章 妻の攻撃をかわすための、16の先制防御法

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本   86冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 19978ページ (1日平均26ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

断る力


twitterを始めて数時間後にはtwitterまわりのいろんなツールやサービスを使いこなしているのを見て、勝間和代さんはすごい人だなぁと思い、1冊くらい書いた本を読んでみるか、ということで読んでみた本。
いやぁ、この内容で300ページ弱の本を1冊書き上げてしまうとは、やっぱり勝間和代さんはすごい人だなぁ。(笑
でもちょっとくどい感じがする。
上手な断り方を書いた本ではなく、勝間和代さんが自分の生き方について紹介した本です。
とくに斬新な内容が書いてあるわけでもない。
もっとも「○○力」という本はどれもそんなものかな。


〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 総論 「断る力」の圧倒的な効力を理解する
第2章 ホップ 自分の揺るぎない軸を持つ
第3章 ステップ 相手への建設的な影響力を発揮する
第4章 ジャンプ 「断る力」で、自分と周囲の好循環を作る
おわりに

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本   85冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 19775ページ (1日平均26ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

「ノルウェイの森」が1千万部突破

村上春樹の「ノルウェイの森」発行部数が、5日の増刷分で1千万部を突破だそうです。
昔、読んだんですが、どんな話だったか、まーったく記憶にない・・・

関連ニュース
村上春樹「ノルウェイの森」が1千万部突破
by asahi.com at 2009.08.04 (cache by ウェブ魚拓)
  comments (0) | trackbacks (0)

ものごとに動じない人の習慣術


そんなことは百も承知だけどそれができないから困ってるんだよ、
という内容のオンパレード。
まぁ、予想できたことではあるが・・・
「いいかげん」は「よいかげん」というのは前にもどこかで読んだ気がするが、いい言葉。

〜 目次 〜
まえがき
1章−すぐに冷静になれる習慣術
2章−しなやかな心を保つ習慣術
3章−いつも心に余裕をもつ習慣術
4章−自分のペースを取りもどす習慣術
5章−ありのままの自分と向き合う習慣術
6章−すこし「いいかげん」に生きる習慣術

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本   84冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 19467ページ (1日平均25ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)

2009年7月の読書のまとめ

2009年7月の読書のまとめです。

7月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1277ページ

民主党―野望と野合のメカニズム (新潮新書 290)民主党―野望と野合のメカニズム (新潮新書 290)
読了日:07月28日 著者:伊藤 惇夫
子どもにスポーツをさせるな (中公新書ラクレ)子どもにスポーツをさせるな (中公新書ラクレ)
読了日:07月18日 著者:小林 信也
娘は男親のどこを見ているか (講談社プラスアルファ新書)娘は男親のどこを見ているか (講談社プラスアルファ新書)
読了日:07月13日 著者:岩月 謙司
99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
読了日:07月10日 著者:竹内 薫
「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)
読了日:07月06日 著者:岡田 斗司夫
日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)
読了日:07月02日 著者:島田 裕巳

読書メーター

  comments (0) | trackbacks (0)

民主党―野望と野合のメカニズム


次の総選挙で与党となるかもしれない民主党ですが、民主党ってどんな党なのか、いまひとつわからない。ということで、元民主党事務局長さんが書いたこの本を読んでみました。
民主党のこれまでの歴史、どうくっついたり離れてたりしてきたのか、どんなグループがあって、どんな人がいるのか、選挙のときにどんな公約・マニフェストをあげてきたのか、というようなことが書いてありますが、結局、わかったのは歴史だけで、日本をどうしようとしているのかということについては、この本ではわかりませんでした。まぁ、それを書いた本ではないので当たり前か。
でも、この本を読んで、それを書ける党ではないのかもしれないという気もしてきました。つまり、政権を預けられるような党ではないのではないかという不安がよぎりました。
現在、自民党はちょっとダメだからここらでちょっと民主党にでもやらせてみるか、というノリで、民主党に風が吹いているような風潮がありますし、マスコミもそう扇動しているようなところがありますが、日本をめちゃめちゃにして、はいサヨナラということもありえるかもしれない。
もっとも、小泉政権もそうだったから、いっしょかなぁ。。。
1つだけ、「インターネット選挙運動の解禁」というのをあげているそうなので、それは決めてほしいかな。
各政治家がブログなどで、自分の主張をきっちりじっくり語ってくれればいいのにと思ってます。街頭演説とか忙しくて聞いてる暇ないんだよ。暇があったとしても、うるさくて聞く気しないし。

〜 目次 〜
まえがき
機〔酲召般邱腓裡隠闇−結成前夜から小沢時代まで
供,覆実緝修すぐクビになるのか−代表交代劇と人事抗争
掘 孱犠。映圍科」の通信簿−選挙
検 峇鵑蟾腓そ蠡咫廚魏鯔兇垢襦歇舁弯擁・グループ図鑑
后.丱奪阿砲い襪里話か−機構・地方組織・資金力
此,△蕕燭瓩突念と政策を検証する−公約・マニフェスト

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本  83冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 19258ページ (1日平均25ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)
<<new  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  old>>   / 29