あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 放送とインターネットの融合? | main | ヒウィッヒヒーは流行語? >>

民主党―野望と野合のメカニズム


次の総選挙で与党となるかもしれない民主党ですが、民主党ってどんな党なのか、いまひとつわからない。ということで、元民主党事務局長さんが書いたこの本を読んでみました。
民主党のこれまでの歴史、どうくっついたり離れてたりしてきたのか、どんなグループがあって、どんな人がいるのか、選挙のときにどんな公約・マニフェストをあげてきたのか、というようなことが書いてありますが、結局、わかったのは歴史だけで、日本をどうしようとしているのかということについては、この本ではわかりませんでした。まぁ、それを書いた本ではないので当たり前か。
でも、この本を読んで、それを書ける党ではないのかもしれないという気もしてきました。つまり、政権を預けられるような党ではないのではないかという不安がよぎりました。
現在、自民党はちょっとダメだからここらでちょっと民主党にでもやらせてみるか、というノリで、民主党に風が吹いているような風潮がありますし、マスコミもそう扇動しているようなところがありますが、日本をめちゃめちゃにして、はいサヨナラということもありえるかもしれない。
もっとも、小泉政権もそうだったから、いっしょかなぁ。。。
1つだけ、「インターネット選挙運動の解禁」というのをあげているそうなので、それは決めてほしいかな。
各政治家がブログなどで、自分の主張をきっちりじっくり語ってくれればいいのにと思ってます。街頭演説とか忙しくて聞いてる暇ないんだよ。暇があったとしても、うるさくて聞く気しないし。

〜 目次 〜
まえがき
機〔酲召般邱腓裡隠闇−結成前夜から小沢時代まで
供,覆実緝修すぐクビになるのか−代表交代劇と人事抗争
掘 孱犠。映圍科」の通信簿−選挙
検 峇鵑蟾腓そ蠡咫廚魏鯔兇垢襦歇舁弯擁・グループ図鑑
后.丱奪阿砲い襪里話か−機構・地方組織・資金力
此,△蕕燭瓩突念と政策を検証する−公約・マニフェスト

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本  83冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 19258ページ (1日平均25ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------