あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Twitterで元気度診断? | main | 2009年8月の読書のまとめ >>

2011年新聞・テレビ消滅

2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)
佐々木 俊尚
文藝春秋
売り上げランキング: 3648

元新聞記者の目から見た、新聞・テレビの今後について書いた本。
タイトルは衝撃的だが、書かれている内容は、結構現実的な内容で、近い将来その通りの状況になるのかもと思わせてくれる。
新聞・テレビが完全に消滅すると言っているのではなく、今の形の新聞・テレビは消滅するという話。
ビジネスモデルを3つの柱に分けた説明は中々わかりやすい。

〜 もくじ 〜
プロローグ
第1章 マスの時代は終わった
第2章 新聞の敗戦
第3章 さあ、次はテレビの番だ
第4章 プラットフォーム戦争が幕を開ける
あとがき

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本   89冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 20838ページ (1日平均26ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------