あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Blogn(ぶろぐん) | main | ためいきの夜・・・ >>

蛍光灯を点けたり消したりするのは・・

でも、蛍光灯って、点等時に多くの電力を消費するから、
煩雑につけたり消したりするよりは、
つけっ放しの方が消費電力は少ない、
なんて話は嘘っぱちだったようです。

みなさん、使っていない部屋の電気は、
こまめに消灯しましょうね。
10分が目安とのことです。

省エネルギーセンター Q&A
点灯の瞬間には確かに電流は多く流れますが、点灯にかかる時間が1/100秒程度以下なのでほとんど無視できます。
使用電力の面では問題になりませんが、ランプの寿命がわずかですが短くなります。照明学会では1回の点滅で0.5〜1.5時間の寿命が短縮されるとしています。
平均して1時間とすると、蛍光灯の寿命8,000時間(6,000〜10,000時間の中間値)の8,000分の1に当たります。40Wの丸型蛍光灯の値段を1,100円(店頭実売価格)とすれば1回の点滅は0.14円に相当します。
一方、蛍光灯40Wの1時間の電気代は0.88円なので0.14円は10分間に相当します。
電気料金、ランプ代により異なりますが、おおよそこの程度の時間(10分間)より長く部屋を空ける場合には消灯した方が経済的といえます。これはグロー式、ラピッド式いずれも同じです。


[My関連エントリー]
節電娘 2005/10/15
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------