あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< J1第20節 orz... 川崎負けた | main | 続・図書館HPにサイバー攻撃の容疑者逮捕? >>

テレビの大罪

テレビの大罪 (新潮新書)
和田 秀樹
新潮社
売り上げランキング: 337

私が常々思っていたことをズバっと書いてくれた、そんな本です。
ちょっと極論にすぎるところもありますが、おわりにを読むと、意図的にそのような書き方をしたとのことです。

〜 もくじ 〜
はじめに
1 「ウエスト58cm幻想」の大罪
2 「正義」とは被害者と一緒に騒ぐことではない
3 「命を大切に」報道が医療を潰す
4 元ヤンキーに教育を語らせる愚
5 画面の中に「地方」は存在しない
6 自殺報道が自殺を作る
7 高齢者は日本に存在しないという姿勢
8 テレビを精神分析する
おわりに

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
つまり、いまのテレビは悪徳宗教と同じです。やせないと地獄に落ちるぞ、とさんざん脅して、ダイエット器具やダイエット食品という名の壺や水晶玉を売りつけているわけです。(P32)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
日本人の命を奪い、冤罪を生み、医療崩壊を招き、教育を損ない、地方を殺し、格差を広げ、高齢者を貶めてきたのは、新聞を含むいわゆる「大マスコミ」も同罪であるということもできます。ただし、その傾向はテレビにおいてより顕著です。(P189)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   190冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 43370ページ (1日平均38ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------