あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< ごはんはおかず | main | 上手と言われた数だけいい子に育つかも? >>

街場のメディア論

街場のメディア論 (光文社新書)
内田 樹
光文社 (2010-08-17)
売り上げランキング: 47

前にも「街場のなんとか」って本、読んだよなぁ、と思って検索したら「コレ」でした。
その時の感想と似ていますが、この本も、私がこれまでに読んだどのメディア論よりも、「現在の日本のマスメディア、新聞やテレビがダメダメなのはなぜか」ということについて、核心をついていると思います。

〜 もくじ 〜
まえがき
第一講 キャリアは他人のためのもの
第二講 マスメディアの嘘と演技
第三講 メディアと「クレイマー」
第四講 「正義」の暴走
第五講 メディアと「変えないほうがよいもの」
第六講 読者はどこにいるか
第七講 贈与経済と読書
第八講 わけのわからない未来へ
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
最高のパートナーを求めて終わりなき「愛の狩人」になる人と、転職を求めて「自分探しの旅人」になる人と、装着感ゼロの理想の入れ歯を求めて歯科医をさまよう人は、実は同類なんです。(P21)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
彼にとっては、一流大学を出ているにもかかわらず無知であることは少しも「恥ずかしいこと」ではなく、無知であるにもかかわらず一流大学を出たことこそが「誇るべきこと」だったのでした。(P121)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   189冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 43163ページ (1日平均38ページ)
\(^O^)/ 1日平均ページが1ページ増えたぁ!

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------