あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 街はもうクリスマス5 | main | クリスマスの贈り物に美容整形利用券? >>

ドラフトで楽天の順番、全球団の最後?

「最初」の間違いかと思ったら、ホントに「最後」。
やっぱり、既存球団幹部たちには、プロ野球をおもしろくしようという気はないらしい。

ドラフトで楽天の順番、全球団の最後 Asahi 2004/11/9
17日に行われるプロ野球の新人選択(ドラフト)会議で、新規参入する楽天の指名順番が、全球団で最後の12番目になることが9日、分かった。すでに、実行委員会で確認済み。全球団が「新規参入球団の順位は一番最後」で意見が一致したという。楽天は、自由獲得枠で元明大野球部の一場靖弘投手の獲得が内定したが、2巡目以降の指名では不利な状況となった。
 自由獲得枠と1巡目を除くドラフトの指名順番は、野球協約で、日本シリーズで敗れたリーグの最下位チームからと決まっている。今年はセ最下位の横浜から始まりセ、パ交互に指名していく。ただ、近鉄がオリックスとの合併により消滅するため、パ側の順番が繰り上がる。しかし、楽天の指名順番は日本一・西武の後になったため、一部で同一リーグ球団の指名が続く変則型になった。指名順番は(1)横浜(2)オリックス(3)広島(4)ロッテ(5)阪神(6)日本ハム(7)巨人(8)ダイエー(9)ヤクルト(10)中日(11)西武(12)楽天となる。
  comments (0) | trackbacks (1)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------
救世主も、もう外様 | SEABLOGスポーツ | 2004/11/11 12:12 PM
 プロ野球オーナーたちにとってライブドア堀江社長の新規参入さえ阻止すればもう彼らにとっては傀儡球団でしかない楽天には用がないようだ。 楽天の三木谷社長が分配ドラフトが不公平だと主張しようが、拡張ドラフトを提案しようが、全く耳を傾けるような気配はない。N