あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Twitterの戦闘力 | main | 水ビジネス >>

「この人、痴漢!」と言われたら


著者が取材したいろいろな冤罪事件について、なぜそのような冤罪事件が起きたのか、掘り下げています。
警察や検察だけではなく、裁判所にも問題があるケースもあるということ。
冤罪事件はいつ誰に襲い掛かるかわからない。
満員電車で通勤している男必読の書。
万が一、痴漢に間違えられるような事態に陥った時に、どのような態度、行動をとるべきかについて、とても参考になります。

〜 もくじ 〜
序文
第1章 今もこんなに起きている冤罪事件
第2章 冤罪を生み出す人たち
第3章 冤罪被害者にならないために
第4章 裁判員制度で冤罪は防げるか
あとがき

〜 うーむ、、な一言 〜(LINKはInBookのこの本のページ)
一九七○年代、一九八○年代のほうが、そういう問題について社会はもっと義憤を感じていました。今は、冤罪が明らかになっても、社会が怒らなくなっています (P215)


これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本   110冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 25257ページ (1日平均29ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------