あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 虫の音と携帯電話 | main | 「わかんない」とは? >>

大分降格決定とそれを見守る京都サポ

J1リーグ第30節、京都サンガvs大分トリニータは1-1の引分けで、大分トリニータのJ2降格が決定してしまいました。
大分トリニータサポの涙のトリニータコールに対して、サンガコールをかぶせるようなまねは行わず、静かに見守る京都サポ、そして京都サポからもトリニータコールが!

J2降格・J1昇格を繰り返してきた京都サンガのサポータには、降格の悲しみ・くやしみがイヤといっていいほどわかっている、同じ悲しみをわかるもののやさしさ、
京都サポ、とっても素敵です。

おそらく、浦和サポやガンバサポにはまねのできないやさしさでしょう。

ところで、川崎フロンターレには、2000年にJ1昇格後1年でJ2降格という悲しくくやしい思い出があります。
でも、今の川崎サポには、2005年のJ1昇格後にファンになった、それを知らない人も多いと思います。
なので、京都サポと同じやさしさをみせることができないかもしれない。
あらためて、京都サポのような、相手の痛みを理解できる、素敵なサポータでありたいと思いました。

以下、大分降格決定とそれを見守る京都サポータのTwitterまとめ。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------